墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

建築物、公園、街道、坂道

旧豊後森機関庫 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足

古墳ではないですが、今回の旅行で訪ねたかった目的地のひとつ。 空から見れば、バウムクーヘンを3分の1くらいに切ったような形の、大規模な機関庫。 SLに近づくと緑の地面は実は水たまりで、靴が中までずぶ濡れに。 雨に洗われて、真新しく見えた。 動きそ…

玖珠郡教育会館(旧玖珠税務署) 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足

亀都起(きつき)古墳の次は、旧豊後森機関庫を目指したが途中で道に迷い、大廻りしていたところで素敵な建物に出会った。 木造2階のようだが背が高い。道路が少し切通し気味だったので、余計に高く感じた。 玄関脇の大きな表札には「玖珠郡教育会館」と。 1…

番所の坂・酢屋の坂・志保屋の坂 大分県杵築市大字杵築

前回の宇佐神宮参拝後は、国東半島の首元を日豊本線と並行しながら横断する国道10号を通り抜けて、宿をとっていた杵築へ向かった。車で45分ほどの距離。 まだ明るかったので、ホテルいな里に荷物と車を置いて散策開始。 城下町杵築は溝井川・八坂川の河口の…

真珠道(まだまみち) 沖縄県那覇市首里金城町~繁多川(はんたがわ)

前回の玉陵から識名園へは一旦丘を降りて再び上るルートになる。徒歩30分超。 はじめに金城町の石畳道に入る。 壁の角度も、くねり方も良いが、急な傾斜で下るのもきつい。 振り返って。手前の電柱は傾いている。 金城村屋を過ぎて振り返って。 車道を渡って…

名護市庁舎(名護市役所建物) 沖縄県名護市港

今帰仁城跡へ行った際、那覇からのルート沿いにある名建築、名護市庁舎の外観を見学した。 広い駐車場に停めて南側から。 昭和56年(1971)の竣工なので、来年で築50年! 上記の左側にもつづきがある。 角度を変えて。 緩やかな斜度のスロープは、竣工当時は…

KITTE丸の内・旧東京中央郵便局 東京都千代田区丸の内

吉田鉄郎展へ行ってから、旧東京中央郵便局の建物をしっかり見たくなって現地へ。 2019年のクリスマス仕様。 4層を貫く柱は平面が八角形。 広めの間隔に渡された梁には”ハンチ(梁と柱が接する斜めの部分)”がつく。 今は5階分を収めた大きな吹き抜けだが、…

「吉田鉄郎の近代 モダニズムと伝統の架け橋」展 @国立近現代建築資料館・湯島

昭和の前半に「逓信省の建築家」として東京中央郵便局(1931)や大阪中央郵便局(1939)などの日本近代建築の名作を残した吉田鉄郎(よしだてつろう:1894~1956)の仕事を、図面などの建築資料で辿る展覧会を見に、12月に湯島の国立近現代建築資料館を訪ね…

大学セミナーハウス(後編) 東京都八王子市下柚木

前回のつづきの大学セミナーハウス。 設計は吉坂隆正+U研究室。 本館から連絡橋を渡った対岸には、第二期(1967年)竣工の講堂と旧図書館 がある。 こちらは講堂。 現在もコンサート等でも使われている。 天井の反響板。 出入り口側。 左の旧図書館棟(現セ…

大学セミナーハウス(前編)  東京都八王子市下柚木

昨年12月には、吉阪隆正(よしざかたかまさ)が手掛けた東京郊外の名建築も見学した。 朝日カルチャーセンター主催の「屋外教室」に参加して。 総勢20名ほどのツアーで、講師は建築家の矢原奈欧氏。「東京レトロ建築探訪入門」というタイトルで見学会は毎月…

カトリック成城教会 東京都世田谷区成城

前回に続く成城学園建築ツアーの後編は、駅南口から150m程という駅近にあるカトリック成城教会。 建築史家の倉方俊輔先生(大阪市立大)率いるツアーに参加していたので、教会建築も信者の方のお邪魔にならずにしっかり見学させていただくことができた。 玄…

旧猪俣邸(成城5丁目猪俣庭園) 東京都世田谷区成城

12月初めの土曜日、世田谷区成城に名建築を訪ねました。 文化勲章も受賞した建築家・吉田五十八(いそや:1894~1974)が昭和42年、72歳の時に設計した個人宅。 施主の猪俣猛氏は財団法人労務行政研究所の理事長を務めた方。現在は世田谷区が管理し、世田谷…

杉野記念館 東京都品川区上大崎

「オープンしなけん」の日の、最後に訪ねたのは目黒駅の近くにある杉野記念館。 杉野学園の創立者である杉野繁一・芳子夫妻が終生を過ごした旧居で、夫妻の没後に学園に遺贈され、現在は杉野記念館として公開されているが、通常は予約しないと見学できない。…

東京デザインセンター(オープンしなけん一般公開) 東京都品川区東五反田

この日の二か所目は、五反田駅東口にある「東京デザインセンター」 ガラス壁面をはさんで屋上に2本の赤い旗が立つ、横長の大きな建物。 地上9階・地下2階の総合インテリア・ショールームビルは1992年の竣工で、設計はマリオ・ベリーニ+大林組。 マリオ・ベ…

品川バプテスト教会(オープンしなけん一般公開)・平和坂 東京都品川区西品川

2019年11月30日、品川区が主催する区内の歴史的・魅力的建築物の公開イベント「オープンしなけん」に参加した。 品川区では2018年秋から区内にある歴史的・魅力的建築物の調査を開始し、「東京建築アクセスポイント」と連携し所有者の協力を得て、1日限定の…

舞子海上プロムナード 兵庫県神戸市垂水区東舞子町

五色塚古墳見学後、墳丘の遠望を見たくなって明石海峡大橋の方へ向かってみた。 前方部脇に道に入るとすぐ先に下り階段。 底には小川に架かる橋が。川の下流側は山陽電鉄の擁壁で、このあたりは四方から窪む一級スリバチ地形になっていた。 振り返っての東側…

うつり坂~大坂 東京都北区赤羽台

前回のつづき、赤羽駅北側の高架の東側を駅方向へ。 途中のガード下に、在来線の建築限界の数値がパネルに示されていた。 その先で再びガードを西へくぐって、未探訪だった坂道へ。 うつり坂という名。由来は不明のようだ。 うつり坂赤羽台東小学校の北にあ…

稲荷の坂 東京都北区赤羽北 

前回のつづきの赤羽台の北縁を伝う道。 崖下までは5階建て程の高低差がある。 遠くから電車の音が。 金網の隙間からズームすると、京浜東北線・高崎線・宇都宮線の鉄橋が。 道は緩く下り始めた。 鍵のかかるゲートの向こうに自転車が。 階段の下は草に覆われ…

宮の坂(再訪) 東京都北区赤羽北

前回の南与野駅からは埼京線で帰ったが途中に北赤羽駅があったので、以前に訪ねそびれた宮の坂(の別候補)に立ち寄った。 駅のホームは新河岸川に架かる橋のよう。 赤羽口と浮間口があり、間違えると外の橋を渡って戻ることになる。 赤羽口側のホームの端か…

西大井界隈 東京都品川区西大井

山王4丁目で台地を下りてから環七へ出て、近くにあった停留所からちょうど来たバスに乗って北へ。バスは馬込銀座の交差点を東に曲がって蘇峰公園のそばまで来たので下車し、今度は公園から北の西大井界隈を歩いてみた。 ジャーマン通りのバス停(山王二丁目…

山王厳島神社(山王花清水公園)界隈 東京都大田区山王

前回のつづきの大田区山王4丁目。 スリバチ地形の底に弁天池があった。 小島に渡って山王厳島神社に参拝。 場所はこちら。 池の北側に階段道が3本並行している。こちらのルートは見るだけに。 池の横の弁天池児童遊園にあった、馬込文士村の解説マップ、左が…

尾崎士郎記念館 東京都大田区山王

前回の蘇峰公園の南東側の通路を出ると、すぐ先に尾崎士郎記念館があった。 門から入って振り返って。正面左奥が蘇峰公園。 尾崎士郎についての解説。「人生劇場」の著者。 尾崎士郎(1898~1964)小説家 愛知県生まれ。大正9年21歳の時応募した「獄中より」…

蘇峰公園(山王草堂記念館・古塚) 東京都大田区山王

今回からのシリーズもキープネタで。 桜咲く前の3月中旬に、大田区山王から品川区西大井にかけて坂道小道を歩いた様子です。 スタートは都営浅草線の馬込駅。駅の南を通る環状7号線に沿って南東へ向かうと、新幹線と横須賀線の二重高架に差し掛かる。 線路沿…

大田区立勝海舟記念館(旧 鳳凰閣・清明文庫) 東京都大田区南千束

大田区の洗足池のそばに、勝海舟記念館がオープンしたので訪ねてみた。 最寄りは池上線の洗足池駅だが、家からの路線ルートでは最短だった大井町線の北洗足池駅で下車。駅を出ると高さ2.6mのガードがあった。 ガードへのアプローチには簡易な注意喚起が。 通…

一条恵観山荘 神奈川県鎌倉市浄明寺

今年の5月に朝夷奈切通を歩いた際に知った、バス通り沿いに門のある一条恵観(いちじょう えかん)山荘。 そのときは開門前だった。 月に数回、建物見学コースが設定されているので、旧華頂宮邸の公開日に合わせて10月5日に予約していた。 門の前にある説明…

無為庵(旧華頂宮邸敷地内) 神奈川県鎌倉市浄明寺

前回のつづき。 フランス式庭園の南側には薬医門。この先は普段非公開のエリア。 茶室「無為庵」の解説。昭和後半の所有者が上大崎から移築した昭和初期以前の建物。 無為庵は、昭和45年から昭和62年まで旧華頂宮邸を所有していた松崎貞治郎氏が、昭和46年に…

旧華頂宮邸(内部公開) 神奈川県鎌倉市浄明寺

旧華頂宮邸は竹林で人気の報国寺がある谷戸の奥に立地する。 鶴岡八幡宮から東に向かう道を20分ほど歩く。狭い歩道を通ったが、歩道のない箇所もあったので徒歩の場合は脇道を推奨。 歩道は滑川の上に設置されていたが、川には鯉が群れていた。 報国寺入口の…

旧和辻哲郎邸(旧川喜多邸別邸・鎌倉市川喜多映画記念館内)神奈川県鎌倉市雪ノ下

前回の石島邸のすぐ先、谷戸を背にした緑の中に目指す建物があった。 道路沿いの建物が、鎌倉市川喜多映画記念館。入館料は一般300円。 記念館は、東和映画を興した川喜多夫妻の自宅母屋が建て替えられていて、映画館も備える。 鎌倉市川喜多映画記念館鎌倉…

永井坂~雁木坂 東京都港区芝公園・麻布台

我善坊谷を訪ねた時、芝公園側から東京タワーの横を通ってアプローチした。 タワーの立つ台地から西の降りる道に「永井坂」の標柱があった。 ながいざか江戸時代から明治初期にかけて、この付近の地を芝永井町といったことからこの名がついた。 西へ降りる道…

我善坊谷再開発・工事区域閉鎖前(2019年3月末時点) 東京都港区麻布台

前回の我善坊谷(森ビル 虎ノ門・麻布台プロジェクト)の半年前・2019年3月末時点の様子を(写真多めです:50枚弱) 現在は閉鎖されている行合坂の南端から。港区議会選挙が行われようとしていた時期。 坂の途中にあったベラルーシ家庭料理の「ミンスク」 現…

我善坊谷再開発(森ビル 虎ノ門・麻布台プロジェクト)2019年10月頭時点 東京都港区麻布台

麻布台の三年坂を訪ねようとしたら、手前で道が閉鎖されていた。 手を伸ばして囲いの内側を狙ったが写らなかった。 3年前に訪ねた時の三年坂【2016年10月撮影】 坂上は我善坊谷(がぜんぼうだに)全体を見渡せるポイントだった【2016年10月】 このときは、こ…