墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

蓬莱山古墳 大分県大分市大字賀来

千代丸古墳(の入口)を見た後は、東に2.4㎞にある蓬莱山古墳を訪ねた。 蓬莱山龍音寺の境内に、60m級の前方後円墳が良好な形で保全されていた。 蓬莱山古墳大字賀来字庄ノ原昭和56年3月31日 県指定庄ノ原(しょうのはる)丘陵の中央寄りにある前方後円墳で…

千代丸古墳 大分県大分市大字宮苑

県立埋蔵文化財センター見学後は、大分平野西端の日豊本線と久大本線に挟まれた、つまり別府湾と賀来川の間の古墳集中エリアへ向かった。 最初に向かったのは、そのエリアの一番西にある千代丸古墳。わかりやすい看板があったので、台地の下側に車を停めて道…

大分県立埋蔵文化財センター 大分県大分県牧緑町

築山古墳を見た後は、大分平野を横断して西端の台地上の古墳を目指したが、途中に県立埋蔵文化財センターがあったので立ち寄った。 広い駐車場に車を停めて建物正面へ回ると、非常に立派な建物が。 Wikipediaによれば、建物は旧大分県立芸術会館で、2017年4…

築山古墳 大分県大分市佐賀関

亀塚古墳探訪後は、東に5.7㎞の築山古墳へ向かった。 ここも別府湾に面しており、佐賀関半島の北側付け根に立地。 グーグルマップで、神崎八幡神社に導かれた。 神社入口に詳しい解説板がある。 築山古墳は、昭和7年に未盗掘の石棺が発見された国指定史跡。 …

亀塚古墳公園 海部古墳資料館 大分県大分市大字里

亀塚古墳には格納庫のような、かまぼこ屋根の資料館があった。 入場は無料。亀塚古墳についての資料展示かと思いきや、大分県~九州~西日本~日本全土~東アジアと、大きなスケールでの解説のある中身の濃い展示だった。 公式サイト http://www.city.oita.o…

亀塚古墳(後編)・小亀塚古墳 大分県大分市里

前回のつづき、亀塚古墳墳頂から。 北東方向。 北方向。防波堤の上、別府湾に船が浮いているように見えた。 後円部先端方向(北)へ降りる階段。 降りて振り返って。 西側から後円部を。 同、くびれ部を。 同、前方部を。 パノラマで。全長は116m。 前方部左…

亀塚古墳(前編) 大分県大分市里

前回の臼塚古墳見学後は、佐賀関半島の根っこを横断して、大分平野の東に位置する国史跡・亀塚古墳を訪ねた。 県道205号で20分ほど。 最後の坂を上ると、雄大な前方後円墳が出現。感動! 「亀塚古墳公園」として整備されていた。 亀塚古墳公園案内図県下最大…

臼塚古墳 大分県臼杵市大字稲田

前々回の丸山古墳のすぐ近くに、全長87mの前方後円墳・臼塚(うすづか)古墳があった。 後円部先端側の裾から。 墳長には、なかなか大きな社殿がある。 後円部裾に沿って道路がカーブ。 パノラマで。右が後円部、左が前方部。 くびれ部に参道が。鳥居の扁額…

毎日投稿 丸6年

大分墳行シリーズの途中ですが… 本エントリで連続投稿が「2192日」となりました。 365(日)× 6(年)+ 2(日・うるう年分) = 2192(日)で、ちょうど6年間です。 「予約投稿」をしているので毎日書いているわけではありませんが、大体0時にアップしている…

丸山古墳 大分県臼杵市大字稲田

臼杵摩崖仏の参拝後は、北へ車で20分弱にある臼塚古墳を訪ねた。まずはそのそばにある丸山古墳へ。 県道205号から左の枝道に入るが、最初に導かれたルートが軽でも難しそうな細い急坂だったので、別の道へ入り、おそるおそる進むと上は開けていて、公民館前…

臼杵摩崖仏・後編 大分県臼杵市深田

順路に沿って進んだ最後が、臼杵摩崖仏の中心的存在といわれる古園(ふるぞの)石仏。 覆い屋の手前に、最近国宝指定となった金剛力士像。 平成7年に59体が、磨崖仏としては全国初で国宝指定となっていたが、平成29年にこの2体の金剛力士立像が国宝に追加指…

臼杵摩崖仏・中編 大分県臼杵市深田

山王山石仏は、ホキ石仏群が並ぶ谷戸の、対岸中腹にあった。その尾根を東に回り込むと有名な、国宝の大日如来(それは次回後編で) 谷戸の奥を回ると、山王山石仏が見えてきた。 急な石段を上る。 上に行くと、三尊像であることがわかる。 園路入口の解説よ…

臼杵摩崖仏・前編 大分県臼杵市深田

前回の豊後森から、水たまりのある高速道路を東へ進み、1時間強で国宝の摩崖仏で有名な臼杵に着いた。 駐車場に停め、拝観料550円を納めて見学路へ。 国宝・特別史跡 臼杵摩崖仏と満月寺・日吉社臼杵摩崖仏(深田・中尾石仏群)とは、ホキ石仏第一群、ホキ石…

旧豊後森機関庫 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足

古墳ではないですが、今回の旅行で訪ねたかった目的地のひとつ。 空から見れば、バウムクーヘンを3分の1くらいに切ったような形の、大規模な機関庫。 SLに近づくと緑の地面は実は水たまりで、靴が中までずぶ濡れに。 雨に洗われて、真新しく見えた。 動きそ…

玖珠郡教育会館(旧玖珠税務署) 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足

亀都起(きつき)古墳の次は、旧豊後森機関庫を目指したが途中で道に迷い、大廻りしていたところで素敵な建物に出会った。 木造2階のようだが背が高い。道路が少し切通し気味だったので、余計に高く感じた。 玄関脇の大きな表札には「玖珠郡教育会館」と。 1…

亀都起古墳 大分県玖珠郡玖珠町大字大隈

玖珠鬼塚古墳を見学後は、玖珠川(筑後川支流)を4㎞ほど上流に遡った同じ左岸にある亀都起(きつき)古墳を訪ねた。 現地で最初は「かめとっき」と読み間違えていたが、朝は杵築にいて「木付」の伝承を知ってから来たので、強い関連を感じた。 土砂降りの中…

玖珠鬼塚古墳 大分県玖珠郡玖珠町大字小田

玖珠(くす)ICを下りて、最初に目指したのは玖珠鬼塚(くすおにづか)古墳。 グーグルマップに導かれて、墳丘に到着。 朝の8時前だったが、雷鳴轟く雨模様だった。 周囲を削られた後円部。 かつてはこの右側に前方部が続いていたようだ。 反対側に回り込む…

由布岳遠望 @由布岳PA

日出ICからはバイパスに乗り、速水ICから高速に乗って玖珠町を目指した。 日出JCTを抜けるあたりで濃霧になって緊張しながら運転。高原状の気持ちのよい景色が見えたところで休憩所に入った。 すぐ背後には豊後富士・由布岳。標高は1583m。 このPAの標高も、…

安養寺経塚古墳 大分県速見郡日出町大字藤原

回天神社近くのエリア案内図に記されていた安養寺経塚古墳を訪ねた。 南から上がっていって国道10号に出る手前で戻るように左折(右奥の道)、とグーグルマップに案内されたが道幅が狭そうだったのでこの道路脇に車を停めた。 スマホマップは左側の木々の中…

回天格納壕、深江住吉神社・回天神社 大分県速見郡日出町大字大神

前回記事の説明板にあった基地全容図。番号のついたオレンジの施設の遺構が、一部残存している。 記念公園の駐車場に車を停めて一回りした。公園から道路を渡った先、回天神社が鎮座する独立丘の崖下に格納壕入口。 全長15m弱の回天8基を一列に格納していた…

回天大神訓練基地記念公園  大分県速見郡日出町大字大神

杵築から次の目的地へ行く前に、地図に出ていた回天訓練基地に興味を引かれて立ち寄った。杵築から車で20分ほどの日出町(ひじまち)の大神(おおが)にある。 公園として整備されていて、回天の実物大レプリカが展示されていた。 かなり大きな規模の訓練基…

橋詰公園 大分県杵築市大字猪尾

前回から一夜明け、早朝の杵築城。八坂川にかかる国道213号の橋のたもとから。 橋詰公園との名前があった。川にはカブトガニが棲息しているようだ。 橋詰公園橋のたもとの事を橋詰といいます。その昔、橋詰には舟付き場があって、いろんな人や、品物が遠くへ…

富坂・藩校の門・勘定場の坂 大分県杵築市大字杵築

天神坂を下りて、通りを横切って、今度は富坂を上る。 坂の途中に、風情のある洋館があった。 角のカーブが柔らかい。 1階の開口部が大きいので店舗であったことはわかる。 2階は非対称のデザイン。 坂上側から。 坂を上がって右折すると、稜線上を東に延び…

飴屋の坂・カトリック杵築教会(外観)・天神坂 大分県杵築市大字杵築

前回につづき、杵築の町歩き。 一松邸前からの景色を見た後は、南側の高台稜線上を西に向かうことにした。 一旦、志保屋の坂へ戻る。右は武家屋敷のひとつ、中根邸。 対岸の斜面には酢屋の坂。 そこから左へ曲がり、少し上って振り返ったところ。 中央奥に杵…

番所の坂・酢屋の坂・志保屋の坂 大分県杵築市大字杵築

前回の宇佐神宮参拝後は、国東半島の首元を日豊本線と並行しながら横断する国道10号を通り抜けて、宿をとっていた杵築へ向かった。車で45分ほどの距離。 まだ明るかったので、ホテルいな里に荷物と車を置いて散策開始。 城下町杵築は溝井川・八坂川の河口の…

宇佐神宮 大分県宇佐市大字南宇佐

宇佐神宮に着いたのは17時近く。国道沿いの広い駐車場に停めて、仲見世の前の参道を進んだ先の鳥居。 この先の左側に、前回の蒸気機関車が置かれていた。 鳥居の脇にあった御由緒。「全国に4万社あまりある八幡社の総本宮」とある。 宇佐神宮御由緒当神宮は…

宇佐参宮線26号蒸気機関車 @宇佐神宮参道脇

宇佐神宮は、まだ日があるうちに参拝できた。 参道脇に、とてもきれいな状態の可愛らしい機関車があった。 昭和40年まで現役だったとのこと! 宇佐参宮線26号蒸気機関車大分県指定有形文化財この機関車は、明治24年(1891)にドイツ・ミュンヘン市のクラウス…

凶首塚古墳 大分県宇佐市大字北宇佐

前回の葛原古墳から宇佐神宮へ向かったがその手前にある、ちょっと怖い名前の古墳へ立ち寄った。 グーグルマップに導かれて凶首塚(きょうしゅづか)古墳へ向かうと、水田を隔てた対岸に導かれた。 畦は細くて辿ると崩してしまいそうだったので、遠目からズ…

葛原古墳 大分県宇佐市大字葛原

宇佐風土記の丘の見学後は、駅館川を渡った先の左岸にある葛原古墳を訪ねた。 田んぼに中に目立つ墳丘があった。 墳頂に小屋がのる。 振り返った方向(南側)には水が張られた水田。 古代人が好みそうな山の形。 墳丘に近づくと、石に刻まれた解説があった。…

鶴見古墳 大分県宇佐市大字川部

川部・高森古墳群で最後に訪ねたのは、古墳群中で最後に築造された鶴見古墳。 川沿いの段丘上に連なる数基とは少し離れた南東側にある。 博物館でいただいた解説シートによれば、川部・高森古墳群(宇佐風土記の丘の古墳群)の6基の前方後円墳には120を超え…