墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

成増高低差ツアー(その2:はんの木緑地~百段階段)  東京都練馬区旭町・埼玉県和光市白子

前回のつづきのスリバチ地形堪能ツアーです。

一行は光が丘公園の北西側に飛び出た角のような緑地へ。

 

緑地は北西方向への緩く下ります。

f:id:massneko:20210618142519p:plain

 

途中で左手に大階段。

f:id:massneko:20210618142535p:plain

 

階段を登らずに左へ進むと「練馬区旭町 はんの木緑地」

都立の光が丘公園と緑は連続しています。

f:id:massneko:20210618142815p:plain

 

ここの池は自然湧水で、皆川会長が前に来たときは水があったそうですが、このときは底の土がむき出しになっていました。

f:id:massneko:20210618142605p:plain

 

隣り合う南西側の斜面では大規模造成工事。グーグルアースではまだ「科学技術振興機構情報資料館」の建物があります。

f:id:massneko:20210618142729p:plain

上記の囲いの左が池跡でした。

そこから南西、川跡の上流あたりで祠跡を探すも無くなってしまったようです。

f:id:massneko:20210618142848p:plain

 

光が丘パークヴィラの周囲を一回りする形で、さきほどの大階段を降りて再び光が丘公園の「しっぽ」の先へ。マップは左が北。

f:id:massneko:20210618142912p:plain

ここからはバス通り(向山通り)の細い歩道を北へ。

その先にあった妙安寺。本堂の背後は木々が繁る斜面。

湧水がありそうな雰囲気でしたが見当たりませんでした。

f:id:massneko:20210618142936p:plain

 

さらに通りを北へ。途中にあった、ねじの専門店。

f:id:massneko:20210618143003p:plain

 

通りから東への気になる枝道。

f:id:massneko:20210618143018p:plain

バス通りの西100mほどに並行する、白子川が削った谷であることが実感できます。

 

そのすぐ北の出世稲荷。社殿は斜面上。

f:id:massneko:20210618151211p:plain

 

この狛犬はかつて兎月園にあったもの。

出世稲荷のある場所は兎月園跡のすぐ北西でした。

f:id:massneko:20210618151231p:plain

 

その先の十字路を西に折れて、白子川に架かる子安橋を渡ります。

北側の下流方向。

f:id:massneko:20210722142910p:plain

上流へ2㎞ほど遡ると、中里の富士塚(大泉富士)がある。

中里富士・八坂神社 東京都練馬区大泉町 - 墳丘からの眺め

 

渡って振り返って。川のこちら側は埼玉県和光市。

f:id:massneko:20210618151316p:plain

 

振り返った先にも高低差。

f:id:massneko:20210618151342p:plain

 

この狭い入口から百段階段へ。

f:id:massneko:20210618151401p:plain

 

登って振り返って。標高差20mほど。

f:id:massneko:20210618151424p:plain


そこから尾根上道を徐々に下って川越街道を渡り、80mほど北の「大阪通り」に出ます。ここが旧川越街道で風情のある建物が今も残ります。

f:id:massneko:20210618151510p:plain

 

大坂の名のとおり、いい具合にカーブする坂。

f:id:massneko:20210618151459p:plain

 

坂の途中の左(南)には、湧水ポイントもある小公園「大坂ふれあいの森」

f:id:massneko:20210618151531p:plain

 

敷地内にあった白子宿の解説。

f:id:massneko:20210722215424p:plain

いこいの森の脇から坂下を振り返って。

f:id:massneko:20210722215203p:plain


一行はそのまま坂を登って笹目通りを右折。その先で旧川越街道(大阪通りよりは新しいほうの旧だと思います)の深い切通しに架かる橋を渡ります。

f:id:massneko:20210618151546p:plain

 

上記の左の森が熊野神社の境内林でした。

大きなマンションの先から斜面を下って拝殿前の広場へ。

f:id:massneko:20210618151626p:plain

成増高低差ツアー(その1:兎月園跡付近) 東京都板橋区成増~練馬区旭町

2か月ほど前、5月22日土曜日に板橋区・練馬区・和光市の境あたりの凹凸地形を愛でるツアーに参加しました。

”ホスト”は『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』等の著者でもある東京スリバチ学会の皆川会長。

【板橋区成増】スリバチ会長とめぐる驚愕の凹凸地形・成増 | TABICA この体験が、旅になる。

”TABICA”が仲立ちする皆川会長のツアーに参加するのは3回目です。

 

集合場所は成増駅。

初めて降りる駅でしたが、東武東上線成増駅と地下鉄成増駅とが微妙に離れて2つあることを知りました。

f:id:massneko:20210618141206p:plain

 

一行は成増駅南口を出て右手の商店街の坂道を下りました。その先の川越街道から振り返った商店街・なりますスキップ村。

f:id:massneko:20210618141256p:plain

 

川越街道の様子。南東方向。

f:id:massneko:20210618141331p:plain

 

街道を南に渡った先の正面の道を緩く上っていきます。

途中で右手に見た枝道。先は下り坂。

f:id:massneko:20210722094343p:plain

 

兎月園(とげつえん)の名は、電柱の看板「兎月園通り商店会」に残っています。

f:id:massneko:20210618141354p:plain

 

Wikipediaにょれば、兎月園は大正末期に貿易商の花岡知爾(ともちか)が、東武鉄道の根津嘉一郎の協力を得て開設し、戦時中まで続いた”総合娯楽施設”。

もとは農園だったところに人が集まり、数寄屋造りの茶店や料亭、ボート池、テニスコート、小動物園、運動場、映画館、露天風呂などが整備され、料亭は政財界の大物にも利用されたとのこと。

第二次世界大戦の激化のため利用者が減少し、1943年に経営が成り立たず閉園に追い込まれて農地や住宅地に変わり、一部は豊渓中学校の校地になっているそうです。

 

早速その跡地へ。”兎月園通り”から西側のゆるいスリバチ地形に入ります。

f:id:massneko:20210618141410p:plain

住宅が建て込んでいますが、斜面に沿う細道が。

f:id:massneko:20210618141503p:plain

 

南側、段々に高くなった向こうは豊渓中学校。

f:id:massneko:20210618141532p:plain

 

水になった気分で地形の低いほうへ進んだ突き当たり。

f:id:massneko:20210618141601p:plain

f:id:massneko:20210618141645p:plain

 

かつてはここに池があり、水辺に面して数寄屋造りの日本家屋が建っていました。

 

練馬区のサイトにはその兎月園本館や庭、”動物舎”の写真(絵葉書)とともに、開設者のご親族の花岡信男氏へのインタビューが掲載されています。

10 兎月園(とげつえん) | 練馬わがまち資料館

 

こちらの”みどりのまちづくりセンター”のpdfには、わかりやすいマップが。

https://nerimachi.jp/komorebi62_2.pdf

 

こちらの、板橋ハ晴天ナリさんのブログでは、兎月園の園内案内絵図や運動場の写真絵葉書も。

そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。: 板橋ハ晴天ナリ

 

南側の段上から。兎月園はスリバチ地形にあったことがわかります。

f:id:massneko:20210618141706p:plain

 

一行は、兎月園通りの東側に並行する直線細道を南へ。

f:id:massneko:20210618141737p:plain

 

途中で右手に昭和の建物。

f:id:massneko:20210618141754p:plain


途中で振り返った細道。

ここはかつての水路跡で、上流は光が丘公園、下流側が兎月園へつながっていました。

板橋区と練馬区との区境でもあります。

f:id:massneko:20210618141824p:plain

 

終点は光が丘公園の北端。

その前身は戦時中に造成された陸軍成増飛行場、戦後の米軍住宅地グランドハイツなので、地形はかなり改変されています。

f:id:massneko:20210618141836p:plain

 

上記の道(光が丘西大通り)を西に少し進んで振り返ったところ。

信号の左に、それまで辿って来た細道がありますが、道路の凹みがかつて川があった痕跡を残しているようでした。

f:id:massneko:20210618141850p:plain

このあと、光が丘公園の北西側に伸びる「はんの木緑地」へ入りました。
つづく。

 

兎月園で検索すると、その位置関係や歴史を非常に詳しく辿っているtokyoriverさんのサイトに行き当りました。