墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

地頭山古墳 神奈川県厚木市船子

今回は、先月下旬に訪ねた地頭山古墳を。

小田急線の本厚木駅から徒歩30分弱の距離でした。

 

「関東古墳散歩」にも紹介されていて、いつか訪ねたいと思っていた古墳でしたが、気づけば本を買ってから9年経っていました…

 

本厚木駅から小田急線に沿って南西に進み国道246号バイパスに入ると、ようやく木立が。

 

国道の対岸から。バイパスを通す際に、あらためて調査された結果、県下でも有数の古墳であることがわかり、地域で保存運動が高まって、トンネルを通して保存された墳丘でした(前出のガイドブックより)

 

駅からここまでの徒歩ルートも、かなり複雑(国道の片側に歩道が無いなど)でしたが、ここも200m先の横断歩道を渡る必要がありました。ひとつ手前(北東)で246号の下をくぐるのが近道です。

 

やっと墳丘へ。

 

トンネルの上に前方部先端が載っています。


鞍部への小径が。

 

鞍部に上がって後円部を。

 

振り返った前方部。全長70mの大きさを実感できます。

 

後円部墳頂の様子。

 

後円部右寄りから前方部を。くびれ部が良い感じ。

 

後円部から西の低地側には小田急線。低地側に後円部を向けています。

 

前方部先端側。この場所は向かい(北西)からの丘陵先端部になりますが、その間には古道が通っていたのでしょうか。


前方部左裾側、北東方向。

 

右裾側、西方向。

 

前方部右裾側から。右奥へ後円部。

 

彼岸花の時期でした。

 

後円部先端側。ぎりぎり残ってます。

 

説明板がありました。

地頭山古墳
この古墳は、江戸時代から地頭山と言われ、この地方では最大の前方後円墳で、5世紀前半に築造されたものと推定されています。
前方後円墳は、相模川左岸には海老名市の、ひょうたん山古墳や寒川町の大神塚古墳などがありますが、市内ではただ一つのものです。
規模は、全長約70m、前方部の幅は約24m、高さ約4m、後円部の直径は約30m、高さ約6mで、県内にあるものの中では3、4位の大きさを誇っています。
平成2年3月 厚木市教育委員会

 

前方部左裾側から。

 

振り返った北東側、本厚木駅方向。

 

前方部左裾側から低地側に降りる階段がありました。左に標柱が見えています。

元の地形がどうだったのか、知りたくなりました。

 

ぶじんさんやぺんさんも、前に訪ねられています。

kofunmeguri.hatenablog.com

「トライノアシオト~海の波は石となり、丘に眠る」展 by 津田直・原摩利彦 @太田市美術館・図書館

8月の終り頃、太田市美術館・図書館で見た展示がとてもよかったので。

 

写真家と音楽家が群馬県の古墳を訪ねて得たものを、忘れがたい作品に表現されています。

 

群馬の古墳時代といえば、形象埴輪にも数多く作られた馬、馬匹生産で移住してきた渡来系の人々と深い関わりがあります。

自分も前方後円墳を訪ねるたびに、その鞍部(そもそもこの表現が馬系ですよね)に上がって後円部方向を見やると、大きな、馬のような生き物の上に乗っているような感覚を覚えるのですが、ここで展示されている写真はまさに墳丘と馬の身体とがシンクロしていました。

 

この展示のために作曲された音楽も、とても素晴らしく、この部屋のソファに座っている時間は至福でした。

 

2階は石室と海とがシンクロするイメージ(撮影不可)の展示、3階では作家のお二人と群馬県立歴史博物館の深澤敦仁氏によるトークビデオを鑑賞できます。ビデオは40分ほどだったと思いますが、気が付いたら最後まで聞いていました。

 

公式サイト

津田 直+原 摩利彦 トライノアシオト―海の波は石となり、丘に眠る | 太田市美術館・図書館 | 美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

 

10月30日までの開催。一般500円。

場所は東武伊勢崎線太田駅の駅前。おすすめです。

 

美術館と図書館と一体になった建物も心地よいです。カフェもあり。屋上も良し。

 

massneko.hatenablog.com