墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

川角古墳群・延慶板碑 埼玉県入間郡毛呂山町川角

前回のつづき。

毛呂山町歴史民俗資料館のすぐ西側にピンが立る、川角(かわかど)古墳群を目指します。

 

資料館にあった古墳分布図には38基。しかも大部分は現存。

f:id:massneko:20211015225155p:plain

 

資料館の北門から出た先に、古墳の森がありました。

f:id:massneko:20211016111318p:plain

 

左へ川角駅(東武生越線)とありますが、徒歩30分の距離。

f:id:massneko:20211016111403p:plain

 

標識の後ろの森の中。墳丘が見えているのかどうかはよくわからなかったです。

f:id:massneko:20211016111429p:plain

 

標識を右(北)へ進むと気になるブルーシートが。鎌倉街道の遺構を調査していたようです。

f:id:massneko:20211016111502p:plain

 

そこから南側を振り返って。

f:id:massneko:20211016111518p:plain

 

近くにあった「鎌倉街道遺跡」の標柱。

f:id:massneko:20211016111648p:plain

ここの前を南北に通るのが鎌倉街道上道の旧道である。うしろの塚は昔大薬寺があった所。この標識に向かって左手にすすめば、苦林と川角との大字境に沿い、越辺川をわたり、鳩山町に入り、笛吹峠に出る。この辺の台地を削り込んだ跡が旧道の西側に残っているが、東側は崩されてしまって残っていない。この街道が作られた当時は越辺川の水は今より北の今宿のすぐ下を流れていたらしく、向こう岸は急な崖になっている。ゴミ焼却場は中州。

 

上記の「うしろの塚」。おそらく33号墳または35号墳ではないでしょうか。

f:id:massneko:20211016112524p:plain

 

鎌倉街道と直交する道の西方向に「延慶の板碑・川角古墳群」のサインがあったのでそちらへ向かいます。

f:id:massneko:20211016111540p:plain

 

右手の学校の校庭に古墳!?と思いきや、土管が埋まっていました。

f:id:massneko:20211016153058p:plain

 

左手の森の中に円墳がいくつか見られます。先のマップの20番台と思われます。

f:id:massneko:20211016111727p:plain

 

斜面に葺石(?)を持つものも。

f:id:massneko:20211016111741p:plain

 

栗も沢山。

f:id:massneko:20211016111754p:plain

 

道路が近づいてきたところに、2mほどの高さを残す墳丘も。

f:id:massneko:20211016111811p:plain

 

墳頂にあがらせていただいて、道路方向を。

f:id:massneko:20211016111834p:plain

 

道路を背にした東側。すぐ右にも墳丘が。

f:id:massneko:20211016111905p:plain

 

道路に向かって標柱がありました。

f:id:massneko:20211016111928p:plain


道路の反対側から。この道路は片側1車線で駐車はできません。

f:id:massneko:20211016112008p:plain


道路の西側に道を少し入った先に、述慶板碑が立っていました。

f:id:massneko:20211016112103p:plain

 

高さ3m近いのでは。存在感に圧倒されました。

f:id:massneko:20211016112117p:plain

 

その説明板。延慶三年は1310年と誰かが書き込んでいました。

f:id:massneko:20211016112128p:plain

700年も立ち続けているのでしょうか。

板碑の後ろにも墳丘。おそらくこれが1号墳。

f:id:massneko:20211016112147p:plain

 

墳丘の南側に素敵な道がありました。

f:id:massneko:20211016112219p:plain

 

資料館まで戻って東へ進むと、一面のソバ畑が。

f:id:massneko:20211016112250p:plain

毛呂山町歴史民俗資料館 埼玉県入間郡毛呂山町大類

前回のつづき。

西戸2号墳が移築されている毛呂山町歴史民俗資料館。

 

とても立派な建物でした。

f:id:massneko:20211015224245p:plain

 

入場は無料。エントランスホールには流鏑馬の銅像があります。

その右の、地元の小学生による”古墳新聞”の内容が素晴らしかったです。

f:id:massneko:20211015225938p:plain

 

展示室で目を惹く流鏑馬関連展示。

f:id:massneko:20211015224404p:plain

 

毛呂山町が流鏑馬で有名だとは知りませんでした。

f:id:massneko:20211015224510p:plain

 

全国の流鏑馬分布図。なかなか偏っています。

f:id:massneko:20211015224446p:plain

 

馬具は古墳時代とあまり変わらないような。

f:id:massneko:20211015224422p:plain

 

資料館の周辺の「苦林野(にがばやしの)」には鎌倉街道がありました。

f:id:massneko:20211015224549p:plain

 

そしてそこには3つの古墳群が!

f:id:massneko:20211015224719p:plain

3つの古墳群
大類(おおるい)古墳群は前方後円墳を含み、埴輪をもつ古墳もみられます。隣接する坂戸市の塚原古墳群を併せて、苦林(にがばやし)古墳群と呼ばれることもあります。川角(かわかど)古墳群、西戸(さいど)古墳群は円墳からなり大類古墳群と比べ小型の古墳が多く分布しています。6世紀後半から7世紀代を中心に大類から西戸へ向かって古墳群が形成されたようです。

 

西戸古墳群の解説。埋葬施設の形態は多様とのこと。

f:id:massneko:20211015224642p:plain

西戸古墳群
西戸古墳群ではこれまでにいろいろな形態の古墳や埋葬施設が確認されています。これは古墳時代の農業生産力の発展によって、農民の中から有力者が現われ、農民間にも階層差が生じたことを物語っています。2号墳は他の場所から持ち込まれた石材で石室を築いており、多くの労働力を集めることができた有力者の墓であったと思われます。
埋葬施設のいろいろ
西戸古墳群の埋葬施設をみると大きな切石で石室を築いたもの(1)、越辺川の河原石で石室を作り古墳のまわりに溝を巡らすもの(2)、河原石を用いて石室をまねたもの(3)、箱形に石を組んだものなどさまざまです。

 

西戸古墳群箱式石棺墓
西戸古墳群の箱式石棺墓は板状の石を箱形に組み合わせ、蓋をのせ、その上を河原石が覆っていました。時期を決定づける出土品はありませんが古墳時代のものと推定されます。石棺の中から1体の人骨が出土しました。この人骨は、18歳以上の成人女性の可能性があることが判りました。

 

箱式石棺墓のレプリカも。

f:id:massneko:20211015224616p:plain

 

「群集する古墳」の解説。毛呂山町北部の3つの古墳群には、100基ほどの古墳が分布しているそうです。

f:id:massneko:20211015224742p:plain

f:id:massneko:20211015224759p:plain

 

古墳時代のムラの跡も(矢島遺跡)

f:id:massneko:20211015224831p:plain

 

西戸2号墳の出土品など。

f:id:massneko:20211015224949p:plain

f:id:massneko:20211015225014p:plain

f:id:massneko:20211015225055p:plain


資料館のすぐそばの川角古墳群分布図。こんなに沢山の墳丘が残っているとは。

f:id:massneko:20211015225155p:plain

 

縄文土器のコーナーもありました。

f:id:massneko:20211015225330p:plain