墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

免ヶ平古墳 大分県宇佐市大字川部

免ヶ平(めんがひら)古墳は、国史跡の川部・高森古墳群の南端に位置し、古墳群で最初に築かれた赤塚古墳(3世紀後半)に続いて4世紀前半に築かれた全長51mの前方後円墳

この前に見てきた角房古墳(全長46m)、車坂古墳(58m)、福勝寺古墳(82m)の前方後円墳は、いずれも5世紀に築かれ、その次に6世紀中頃の鶴見古墳が続く。

 

免ヶ平古墳の墳丘は後円部のみが残る。

f:id:massneko:20200630221132p:plain 

現地の解説板。 

f:id:massneko:20200630221042p:plain

免ヶ平古墳
免ヶ平古墳は、当初円墳と思われていましたが、昭和54年の調査で、前方部を南に向けた前方後円墳とわかりました。
後円部頂から、割竹形木棺を安置した竪穴式石室と、板石を組み合わせた箱式石棺の2基の埋葬施設が確認されました。
出土品
<竪穴式石室>
仿製(日本製)三角縁三神三獣鏡
舶載(中国製)二神二獣鏡
勾玉や管玉、石釧(腕輪)などの装身具
太刀や剣などの鉄製武器
斧や鎌などの鉄製農耕具
<箱式石棺>
舶載(中国製)二神二獣鏡
石釧・勾玉・刀子(小刀)などの装身具
規模
墳丘全長:51m(推定)
後円部直径:27m(復元)
前方部長:24m(推定)
周溝幅:5~15m(東側だけ)
葺石:あり
竪穴式石室:長さ5.1m、幅0.9m
箱式石棺:長さ1.9m、幅0.5m
昭和55年3月24日 国指定史跡に指定(川部・高森古墳群)
平成26年8月21日 国重要文化財に指定(免ヶ平古墳出土品) 

 

さらに詳しい解説板は、前方後円形。 

f:id:massneko:20200630221109p:plain

免ヶ平古墳

免ヶ平古墳は、宇佐地域では赤塚古墳に次ぐ2番目に古い前方後円墳。4世紀の後半代に築造された、九州では数少ない前期古墳の典型である。周囲には前方部先端を除いて幅約5~13mの楯形の空濠がある。墳丘は葺石されるが、埴輪はない。後円部では前方部側に石室構築時の作業道が確認された。
古墳の規模
全長約50m、後円部直径28m・高さ約4.5m、前方部長22m、前方部幅15m

 

右半分、主体部に関わる部分を。 

f:id:massneko:20200712114904p:plain

遺物の出土状況
竪穴式石室
木棺内の位置では勾玉などの装身具類のほか、碧玉製釧3個が出土。うち2個は両手首の位置にあった。鏡2面・武器・農工具類はすべて粘土床と壁体との間に置かれていた。木棺安置後、壁体の構築初期段階で行った葬送儀式が窺える。頭位は東側。
石棺
頭を東に向けた女性人骨とともに、胸飾のほか両手首位置に碧玉製釧がそれぞれ1個、左胸上から鏡1面が出土した。

主体部
竪穴式石室
後円部中心に位置し、東西に長軸をとる。規模は長さ5m、幅・高さとも約1mという長大なもの。床面はU字形にくぼんた粘土床で、割竹形木棺を安置した。安山岩の偏平割石を小口積みして築かれ、内側はベンガラが塗られる。
石棺
安山岩板石を用い、内側の大きさは長さ1.96m、幅約0.5m、深さが0.65m。床面は割石敷きし、粘土枕がある。ベンガラ塗り

出土遺物
竪穴式石室内
木棺内部:碧玉製釧3、勾玉8、管玉大・小、ガラス玉、ガラス小玉
南壁側:斜縁二神二獣鏡1、剣3、槍1、鏃1、刀子17
北壁側:三角縁神獣鏡1、刀1、剣5、鏃2、ヤリガンナ2、斧2、鋤先1、刀子5、不明鉄器1
石棺内:斜縁二神二獣鏡1、碧玉製釧2、勾玉2、管玉小、刀子1

 

階段を上がって墳頂へ行くと、シャッターで保護された埋葬部があった。

手前が割竹式木簡、奥が箱式石棺の場所だろう。

f:id:massneko:20200630221208p:plain

 

別の角度から。見学できる機会はあるのだろうか。

f:id:massneko:20200630221246p:plain

 

風土記の丘に隣接する博物館では、埋葬部が復元されている。

f:id:massneko:20200630202951p:plain

 

出土した副葬品も見られる。

f:id:massneko:20200712170013p:plain

f:id:massneko:20200630203224p:plain

f:id:massneko:20200712170048p:plain


墳頂から東側の眺め。奥の芝生は古代ふれあい広場。

f:id:massneko:20200630221314p:plain

 

西側には眺望は無いが、60mほど先の崖下に駅館川(やっかんがわ)が流れている。

f:id:massneko:20200630221338p:plain

 

南西側についた階段を降りる。

f:id:massneko:20200630221409p:plain

 

降りて振り返って。もともとは階段に右側斜面から前方部が続いていた。 

f:id:massneko:20200630221434p:plain

 

先ほど見えた古代ふれあい広場へ行くと、奥に墳丘が。

f:id:massneko:20200630221505p:plain

 

方形周溝墓(方墳?)がいくつか。

f:id:massneko:20200630221530p:plain

 

墳頂に穴があるものも。 

f:id:massneko:20200630221648p:plain

 

 こちらは四角形の辺の部分が少し盛り上がっているタイプ。

f:id:massneko:20200630221718p:plain

 

そのそばに解説があったので、上記が1号墳か。

f:id:massneko:20200630221606p:plain

埴輪を巡らした1号墳
前方後円墳には埴輪がなく、周辺の小規模古墳に用いられていることは、宇佐古墳文化の特徴の一つでs。
1号墳は「石棺」のまわりを一辺10mの溝で区画した低方墳です。溝の中から5世紀後半頃の埴輪などが出土しました。円筒埴輪が多く、口が開いた朝顔形円筒埴輪は四隅付近からみつかりました。西側の隅は溝が切れているので墓道と考えられます。また東側に家形埴輪や高杯などが出土しており、墓の正面と考えられます。このような出土状況を検討した結果、イラストや再現した古墳のようになります。(古墳の高さや形などは推定です)

 

発掘調査時の航空写真(東上空から)もあった。免ヶ平古墳やその先の駅館川との位置関係がよくわかる。 

f:id:massneko:20200712121839p:plain

 

現在の様子。奥の緑に免ヶ平古墳がある。

f:id:massneko:20200630221755p:plain

福勝寺古墳 大分県宇佐市大字川部 

前回に引き続き、川部・高森古墳群(宇佐風土記の丘)のシリーズ。

案内図中央の北側から角房古墳、その下の車坂古墳と見てきて、今回はその下にある当古墳群最大の福勝寺(ふくしょうじ)古墳。

f:id:massneko:20200711145116p:plain


 森の広場から小さな谷を回り込むように進むと、こちらに前方部を向けた姿が。

f:id:massneko:20200630220336p:plain

 

現地解説板。

f:id:massneko:20200630220949p:plain

福勝寺古墳
風土記の丘古墳群の中で最も大きな規模をもつ古墳である。春日山古墳とも呼ばれる。駅館川をはさんで西方に広がる宇佐平野を見下ろすような位置にある。宇佐風土記の丘の前方後円墳のうちでは、赤塚・免ヶ平両古墳についで5世紀前半ごろに築造されたものと考えられる。
墳丘は前方部を東に向け、三段に築いている。後円部の北西には幅10m、奥行8m程の低い造り出しを設けているが周溝はない。
内部主体については、未調査のため不明である。
規模
墳丘全長:80m(推定)
後円部直径:54m(推定)
前方部長:28m(推定)
前方部幅:22m(推定)
周溝:なし
造り出し:10×8m
葺石:あり
昭和55年3月24日 国指定史跡に指定(川部・高森古墳群)

 

前方部左裾側から。左奥へ後円部。

f:id:massneko:20200630220431p:plain

 

前方部に上がらせていただいて、後円部方向を。 

f:id:massneko:20200630220506p:plain

 

墳丘の左側は、少し崩壊していた。

f:id:massneko:20200630220532p:plain

 

くびれ部から後円部を。

f:id:massneko:20200630220553p:plain

 

後円部墳頂には石の祠があった。

f:id:massneko:20200630220646p:plain

 

祠の正面側に回ると国土地理院による三角点が。地図には標高39.1mとあった。

f:id:massneko:20200630220823p:plain

 

後円部から前方部を。

f:id:massneko:20200630220720p:plain

 

後円部先端側。階段の下には鳥居。

f:id:massneko:20200630220746p:plain

 

鳥居は段築の一段目の上にあった。 

f:id:massneko:20200630220850p:plain

この左側(後円部裾北西側)に「造り出し」があったようだが撮りそびれてしまった。

 

後円部裾から、右奥へ前方部。

f:id:massneko:20200630220914p:plain

 

福勝寺古墳も、周辺に墳墓群を持つ。

f:id:massneko:20200630221855p:plain

福勝寺墳墓群
宇佐風土記の丘で最大の前方後円墳福勝寺古墳(長さ約80m)の東から南にかけての一帯には、箱式石棺墓、土壙墓、小さな円墳など、古墳時代につくられたいろいろな種類の墓が集まっています。
3号墓・12号墓は箱式石棺墓ですが、3号墓は、まわりを溝で囲んで方形に区画した墓ー方形周溝墓と考えられます。3号墓の石棺の中からは、銅の鈴をつかった珍しい腕輪が発見されました。
また、2号墓・4~11号墓・13~15号墓は土壙墓、1号墓は石で蓋をした土壙墓で、1号墳・2号墳は横穴式石室の小円墳です。
赤塚古墳や角房古墳のまわりにはたくさんの方形周溝墓が群集してつくられているのに対し、方形周溝墓が少なく、小さな土壙墓の多いところが福勝寺古墳周辺の特色です。
福勝寺古墳のような前方後円墳は宇佐地方の首長たちの墓ですが、方形周溝墓や小さな円墳は、首長に続く階層の人たちの墓だと推定されます。

 

上記の地図の、色の濃い範囲のあたりを。右に露出した石棺があるが、アジサイに囲まれた内側にもあったかのも。

f:id:massneko:20200630221926p:plain