墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

建築物、公園、街道、坂道

檜坂 檜町公園 東京都港区赤坂

前回のつづき。 赤坂氷川神社から本氷川坂を降りて南西に回りこんでいくと、赤坂レジデンシャルホテル。現在はホテルではなく部屋の大半はマンションや事務所となっているようだ。 上記の曲がり角の背面にあった階段&スロープ。 階段の先は行き止まりだった…

南部坂 東京都港区赤坂/六本木

赤坂氷川神社の正面参道が突き当たる道を北側に降りていくとアメリカ大使館職員宿舎の入口になる(グーグルマップには○○タウンハウスと表示) その敷地沿いに東に回り込んでいくと、昔日の面影を残すような坂があった。 石垣と草地の斜面の上は「アメリカ」 …

氷川坂 転坂 東京都港区赤坂

前回のつづき。 赤坂氷川神社境内の北側にゆるやかな坂があった。 修繕されたばかりの標柱。 ひかわざか 八代将軍徳川吉宗の命で建てられた氷川神社のもと正面に当たる坂である。 氷川坂側からの氷川神社参道。 いい雰囲気の崖面と石段がある。 「もと正面」…

本氷川坂 赤坂氷川神社 東京都港区赤坂

赤坂シリーズの続き。 赤坂通りの北側エリアは大体巡ったので、南側の台地を訪ねてみた。 三分坂を降りた先の赤坂5丁目交番前の交差点を南に向かい、突き当たりを左へ進むと本氷川坂の入口がある。 入口の左手のマンションにはマンション自治会による「勝海…

陸軍境界標石 近衛歩兵第三連隊跡 東京都港区赤坂

赤坂を歩くに際して参考にさせていただいたガイドブック「おれの細道」には、”戦跡”が紹介されていた。 一つ目は、鈴降稲荷の近くの自販機の横。 「陸軍」とはっきり残る境界標石がある。 鈴降稲荷の看板の下も花崗岩のようでそれっぽいが確認できなかった。…

牛鳴坂 武家屋敷門 弾正坂 東京都港区赤坂

今回も赤坂界隈。 赤坂見附から西に青山通りを上ってきて振り返ったところ。 通りにすぐ面して大きなビルが建ちつつある。 大学の校舎だった。地上11階が平成30年3月末に建つ。 その横を南に入ると牛鳴坂。 工事囲いを背に標柱があった。 うしなきざか赤坂か…

薬研坂 高橋是清翁公園 新坂 東京都港区赤坂

前回のつづき。 赤坂パークビルの前の道を北へ向かうと薬研坂になる。 振り返って。 再建されたばかりのきれいな標柱。 やげんざか中央がくぼみ両側の高い形が薬を砕く薬研ににているために名づけられた。付近住民の名で、何右衛門坂とも呼んだ。 ズームで。…

一ツ木公園 丹後坂 鈴降稲荷 東京都港区赤坂

前回にも載せたこの写真。 右への三分坂ではなく、正面の都営アパートの方へ少し上がって右側へ進む。 すると、港区立の一ツ木公園がある。 台地の先端にあり、見晴らしがきく場所もある。 奥の緑の小山は種徳寺の墓地。 公園内に沿革案内があった。明治にな…

三分坂 報土寺 種徳寺 東京都港区赤坂

前回のつづき。 赤坂の台地上に聳える赤坂パークビル。三菱地所の地上30階のオフィスビル。 正面入口側と道を挟んで専福寺。 奥に「パークコート赤坂檜町ザ タワー」が聳えるが、正面のスリバチ状の空間とその先の小山が気になった。 谷側に突き出た台地は別…

稲荷坂 円通寺坂 東京都港区赤坂

TOTOギャラリー・間で坂茂展を見た際、赤坂の坂道を歩いた。 乃木坂から赤坂通りへ降り、乃木神社を左手に見ながら東へ進むと、右手に完成間近のタワーマンションがあった。 来年4月に入居開始の「パークコート赤坂檜町ザ タワー」 地上44階建て全322戸(一…

白山神社古墳再訪(文京あじさい祭り) 東京都文京区白山

6月10日から18日まで、文京区の白山神社で「文京あじさい祭り」が開催されている。 いつもは施錠されている墳丘エリアに、あじさい祭りの期間に限って入場できる。 まずは拝殿の裏手の墳丘へ。柵の外まで行列となっていた。 墳丘上の祠に参って降りるだけな…

稲岸公園(民間航空発祥之地記念碑・蒸気機関車NUS 7) 旧勧業銀行本店(千葉トヨペット本社) 千葉県千葉市美浜区稲毛海岸

稲岸(いなぎし)公園は、稲毛浅間神社と千葉街道を挟んだ斜め向かいにある。 かつてここが干潟を利用した飛行場であったことを示唆しているかのように、芝生の滑走路のような帯状の広場になっている。 そこに翼を広げるように立つ記念碑。 昭和46年(1971)…

稲毛民間航空記念館 千葉市美浜区高浜

前回のつづき。 現在、稲毛浅間神社前から海岸線までは2.7km。その間は住宅団地になっているが、海岸沿いは稲毛海浜公園となっていて、公園内には稲毛民間航空記念館がある。 9時~17時、月曜休館。入館無料。 稲毛海岸の干潟に、明治45年から大正6年まで日…

千葉市ゆかりの家・いなげ(愛新覚羅溥傑仮寓) 千葉県千葉市稲毛区稲毛

前回のつづき。 稲毛浅間神社がある傾斜面の東端に、愛新覚羅溥傑とその妻の嵯峨浩が新婚時代の半年を過ごした家、「千葉市ゆかりの家・いなげ」があった。 千葉街道側からは参道の左脇、京成稲毛からは稲毛浅間神社の臨時駐車場の先を左に入る。 トタンの壁…

旧神谷伝兵衛稲毛別荘 千葉県千葉市稲毛区稲毛

稲毛にある旧神谷伝兵衛別荘が9月から修繕工事に入ると聞き、 その前に写しておきたいと思い行ってみた。10年ほど前に訪ねたことがあり瀟洒な洋館に魅了されたが、「記念写真」しか撮っていなかった。 千葉市民ギャラリーと同じ敷地にあり、京成稲毛駅から徒…

渋谷駅~穏田神社界隈 東京都渋谷区神宮前

先日渋谷でソール・ライター展を見た後、表参道まで歩いてみた。 山手線のガードをくぐると、渋谷ヒカリエが聳え立つ。 そのすぐ近くで建設中のビルが天に伸びつつある。 少し前のNHKドキュメンタリーで、このビルの建設に携わる若者を取り上げていた。胸が…

十二社熊野神社とその界隈 東京都新宿区西新宿

前回のつづき。 成子天神社に参拝後、700mほど南西にある十二社(じゅうにそう)熊野神社へも行ってみた。 新宿中央公園に入って、その北辺を西へ向かう。 新宿区立の公園で面積は8.8万ha。 新宿中央公園 - Wikipediaによれば、元は熊野神社の敷地で、戦前に…

坂茂:PROJECTS IN PROGRESS展 @TOTOギャラリー・間

現代日本を代表する建築家の一人、坂茂 - Wikipedia(ばん しげる)氏の個展を乃木坂へ見に行った。 現在世界各地で進行中の最新プロジェクトのプロセスを通して、坂氏の設計思想と取り組みが紹介される。 チラシに書かれた坂氏の言葉によると、建物現物や印…

明徳稲荷~蜀江坂~淀橋咳止地蔵尊 東京都中野区中央・新宿区北新宿

前回のつづき。 宝仙寺の界隈を歩いていたとき、住宅街で玉垣が目に入ったので行ってみた。 「本町通り公園」のとなり。 立てられたばかりの説明板があった。 明徳稲荷(めいとくいなり)明徳稲荷は、江戸時代の中野村の名主であった堀江家の屋敷(21,000㎡…

美術印刷文唱堂倉庫~マーチエキュート(mAAch)~万世橋船着場 東京都千代田区神田佐久間町・神田須田町

秋葉原へ照明器具を見に行った時、いきなり素敵な煉瓦蔵に遭遇した。 秋葉原といっても昭和通りの東側で人の通りも少ない方。 文唱堂印刷株式会社のサイトには創業1927年(昭和2年)とあるだけで煉瓦建物については触れられていないが、いくつかのブログには…

茨城県立歴史館(茨城県立水戸農業高等学校旧本館・旧水海道小学校本館) 茨城県水戸市緑町

前回のつづき。 水戸芸術館で藤森照信展を見た帰路、茨城県立歴史館へ立ち寄った。 茨城県の歴史について「公共博物館と文書館の機能を合わせ持つ施設」として、旧茨城県立水戸農業高等学校跡の敷地に1974年に開館した博物館。常設展は一般150円、駐車場無料…

中野区立 哲学堂公園・後編 東京都中野区松が丘

前回のつづき。 古建築が建つ「時空岡」の広場を見学後、斜面の小道を下りた。 園内のあちこち77ヶ所に、哲学に由来する名前の建物・石造物・小路があり、散策をしながら哲学の思想や世界観を垣間見れる、という仕組み。 哲学堂 | 中野区都市観光サイト まる…

中野区立 哲学堂公園・前編 東京都中野区松が丘

4つ前のエントリのつづき。 中野区立歴史民俗博物館を見たあと、ちょうど来たバスに乗り3つ先の停留所で降りて哲学堂公園を訪ねた。 野球場の横の歩道を進むと入口があった。 入口の案内板。北は左下。 舌状台地の先端の高低差がある敷地で、運動場や古建築…

中野区立歴史民俗資料館 旧名主家(山﨑家)庭園・茶室公開 東京都中野区江古田

GW期間中(4/25~5/7)で中野区江古田にある区立歴史民俗資料館で、江戸期の旧名主家の特別公開があったので行ってみた。 西武新宿線の沼袋駅から北へ徒歩8分、新青梅街道沿いにあった。 歴史民俗資料館利用案内 | 中野区公式ホームページ 資料館には「山﨑…

(仮称)丸の内3-2計画新築工事:旧東京會舘

地下鉄二重橋前駅から東京駅の京葉線ホームへ乗り換えようと地上に出たら、少し前まで更地だった東京會舘跡が鉄骨群の塊になっていた。 お壕の側から。 囲い壁にあった建築計画のお知らせによれば、敷地面積は約1ha。 そこに地上30階・高さ140mの「事務所、…

国会議事堂・衆議院特別参観 後編

前回のつづき。 国会議事堂の中央玄関のホールを3階から。 3階から見るホール天井。最上部はピラミッドのような塔屋だが、内側はガラス天井のみのような明るさだった。 壁のアーチの角には四季折々の風景が描かれる。 3階バルコニー上から見た赤絨毯の大階段…

国会議事堂・衆議院特別参観 前編

5月4日、国会議事堂で日本国憲法施行70周年記念の特別参観のことをニュースで知ったので行ってみた。 普段も本会議開会中以外は9名以下なら事前予約なしで見学できる(参院は平日のみ) 衆議院参観手続 見学・傍聴:参議 特別参観では、普段は見られない「委…

旧東富坂~出世稲荷~新坂(外記坂) 東京都文京区本郷

前回のつづき。 春日町交差点を南に渡り、 丸ノ内線の高架をくぐると線路に沿って上る坂道がある。 途中に面白い抜け道があった。 高さはそれほど低くはないが、傾斜があって向こう側が見えない。通る人は頭をかがめ気味だった。 丸ノ内線と並行する坂の名は…

富坂~上富坂教会~右京山 東京都文京区小石川・本郷

前々々回のつづき。 常泉院の北の大通りは春日通り。この辺りは「富坂」の名が付く坂道。 近くには徳川家康の生母・於大の方や秀忠の娘・千姫らが眠る伝通院があるが今回は寄らず、中央大学門前の横断歩道を渡って住宅地を歩いた。 坂名板を撮りそびれたが下…

北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院・レンガ塀 東京都文京区春日一丁目

既に5月に入ってしまったが、3月下旬に春日界隈を歩いたときのことを。 この日は、まず枝垂桜を一目見に小石川後楽園へ。入園してすぐに出迎えているような1本。 こちらは別の2本。細い園路が自撮りの方々で渋滞となっていた。 この日は時折小雨の花曇り。 …

旧芝離宮恩賜公園 東京都港区海岸一丁目

前回の旧協働会館を訪ねた際に浜松町駅から歩いたが、浜松町で駅前にある芝離宮公園にも立ち寄った。 南口側の連絡陸橋の窓から見た芝離宮公園。 ここに説明板もあった。 国指定史跡 旧芝離宮恩賜庭園小石川後楽園とともに、今も残る最も古い大名庭園のひと…

旧協働会館 東京都港区芝浦

港区指定有形文化財の旧協働会館は、浜松町駅と田町駅の間にある大きな木造建築。 かなり昔にモノレールの車窓から見た覚えがあって、以前から近くで見たいと思っていた。 屋根にシートが、全体に網がかかり、金網で囲われて、白い「建築計画のお知らせ」が…

さくら広場 千葉県習志野市芝園

京葉線の車窓からも見える桜の公園に初めて訪ねてみた。 安藤忠雄の設計で2006年4月に開園。3.15haの長方形の広場に505本のソメイヨシノが整然と植わっている。 後で調べていて、パナソニックが社有地に開設している公園で、門真や茅ヶ崎、豊中にもあること…

国立科学博物館附属自然教育園(東京都港区白金台)・かむろ坂(東京都品川区西五反田)

2017年の桜シリーズ。 どちらも目黒駅に近いが、目黒駅自体と同じく目黒区内にはない。 自然教育園の方は昨年の4月12日に行ったが、花は散った後だった。 国立博物館附属 自然教育園(国史跡・旧白金御料地) 東京都港区白金台 - 墳丘からの眺め 今回は4月6…

水元公園(から望む、埼玉県営みさと公園)の桜 東京都葛飾区水元公園

前回訪ねたのは一昨年の12月だった。面積は93haと「TDL+TDS」に近い広さで、園内の高木は1万9千本にもなる。 水元公園・2 東京都葛飾区水元・南水元 - 墳丘からの眺め 徳川家康によって流路がつけかえられる前の利根川だったところ。徳川吉宗によって、かん…

七っ墓 緑ヶ丘公園 桜坂界隈 那覇まちまーい「寄んな~ 酔んな~ 桜坂」コース

前々回のつづき。 レンタカーでグスク巡りをした日、那覇市観光協会が主催する地元ガイドと街を歩く「那覇まちまーい」のナイトツアーに参加した。 まずは見栄橋駅の近くで車を返して宿に荷物を置き、集合場所の「てんぶす那覇」までブラ歩き。 ゆいれーる見…

重要文化財・中村家住宅 沖縄県中頭郡北中城村大城

前回のつづき。 読谷村で座喜味城跡などを見た後、南に下って嘉手納基地の西側の大通りを進み、中城城(なかぐすくじょう)跡を目指した。 城跡に近づいたあたりで、「重要文化財・旧中村家住宅」のサインがあったので立ち寄った。 駐車場は無料。入場料一般…

那覇市久茂地(くもじ)~牧志2丁目界隈

前回のつづき。 空港を出てモノレールに乗り、この日に2つの博物館に寄ろうと思って県庁前駅で下車。駅前のパレットくもじの4階にある那覇市立歴史博物館はなんと翌日からの展示品入れ替えで休館だった・・・ くもじビルのテラスから那覇市役所の建物(2012年12…

新町館(三宅家住宅)~路地~伊賀坂 東京都文京区白山

前回のつづき。 お七の墓のある円乗寺からは、門の前の道を南へ進んだ。 途中に残っていた立派な煉瓦塀。 道がクランク状に突き当たるところに登録有形文化財となっている昭和前期の建物があった。 新町館(三宅家住宅) 文化遺産オンライン 東京都昭和前/1…

胸突坂~浄心寺坂~八百屋お七の墓(円乗寺) 東京都文京区白山

前回のつづき。 路地エリアから本郷台地の端にある区立誠之(せいし)小学校の西側崖下に道を北へ。 小学校は平成30年から34年にかけて建て替え工事が行われるとのこと。 道沿いの土地が売り出し中になっていた。 その先に面白い遺構があった。 入れないよう…

曙坂~石畳の小路 東京都文京区西片・白山界隈

下記の本、「おれの細道」の最後の方で紹介されていた本郷界隈を訪ねるコースで、文京区白山1丁目の細道が気になったので訪ねてみた。 massneko.hatenablog.com 最寄駅は都営三田線の白山駅になるが、東京メトロ南北線の東大前駅で下車してグーグルマップに…

幻坂 東京都品川区北品川

先月、田園調布の宝萊山古墳へ行った際に、付近の坂道の「24%」という傾斜に惹かれたが、検索すると都内(23区)で傾斜ランキングを付けている方がおられた。 坂ランキング-無意味つづり- 「坂」と「階段」との違いが微妙な感じもするが、上記で、4輪車が通…

島薗邸 東京都文京区千駄木

3月4日の土曜日、墓参と富士塚探訪の帰途に、文京区千駄木にある昭和初期建築の島薗邸を訪ねた。 昭和7年(1932)に建てられ、昭和16年(1941)に2階部分が増築された個人住宅で、現在も島薗家が所有る。 住居としては使われておらず、たてもの応援団という…

オープン間近の「GINZA SIX」・その周辺

4月20日にオープン予定のGINZA SIX。旧銀座松坂屋跡地に建つ地上13階、地下も6階まであるビルが全容を現している(3月3日時点) 銀座6丁目の1ブロック全体、中央通り側で100mを越える幅の大きなビルになっている。 銀座6丁目のバス停前あたり。GSIXのロゴが…

遠藤新設計・旧近藤邸(軽食&喫茶すかいはーと) 神奈川県藤沢市鵠沼東

前回のつづき。 遠藤現氏による解説ツアー、今春取り壊し 片瀬山幼稚園を訪ねる(遠藤楽設計)| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンターの後半に訪ねたのが、藤沢市民会館の前庭に移築されている旧近藤邸。遠藤新の設計で大正14年(1915)に竣工した個人住宅(もと…

遠藤楽設計・片瀬山幼稚園(2017年春、取り壊し予定) 神奈川県藤沢市片瀬山

新聞で下記のイベントがあることを知り、2月25日の見学会に参加した。 www.asahiculture.jp 片瀬山幼稚園を設計した遠藤楽(らく)は、父の遠藤新(あらた)とともに、フランク・ロイド・ライトの日本人弟子として活躍した。 遠藤新はライトとともに池袋の自…

荒幡の富士(富士塚) 埼玉県所沢市荒幡

前回のつづき。 ひばりが丘に墓参する前に、少し前から気になっていた富士塚へ寄ってみた。 寄るというには少し離れてはいるが。 国分寺駅経由、西武多摩湖線に乗車。終点は西武遊園地駅。 反対側を見ると西部山口線の乗り場につづいていた。 そこへタイヤで…

神田界隈の寺社とモダン建築・5 神田明神

前回の続き。 湯島聖堂を訪ねた後、すぐ北に鎮座する神田明神も訪ねた。 湯島坂を一旦降りて地図にあった石段からアプローチすることに。 細道を左にはいると、マンションの谷間に昔からの家屋も。 維持は手がかかると思うが残ってほしい貴重な木造家屋。 リ…

神田界隈の寺社とモダン建築・4 一口太田姫神社~淡路坂~湯島聖堂~相生坂~昌平坂

前回のつづき。 ワテラスから御茶ノ水駅へ。外堀通りの東側にも平日朝の出口専用の臨時改札口がある。日立製作所本社への通勤客向けとして作られたものか。 上り・下りのホームの東端から階段で上った出口。 たまたまここを通りかかった時、数人のグループを…

神田界隈の寺社とモダン建築・3 鷹岡ビル~山本歯科医院~アナンダ工房~ワテラス

前回のつづきで万世橋のマーチエキュートから南へ向かった。 靖国通り沿いに立つこちらが「東京モダニスム」に載っていた鷹岡ビル。向かいのビルの窓の反射がきつかった。 休日だったからかシャッターが降りていた。 交差点側の角にドアではなく窓がある。 …