読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

胸突坂~浄心寺坂~八百屋お七の墓(円乗寺) 東京都文京区白山

前回のつづき。 路地エリアから本郷台地の端にある区立誠之(せいし)小学校の西側崖下に道を北へ。 小学校は平成30年から34年にかけて建て替え工事が行われるとのこと。 道沿いの土地が売り出し中になっていた。 その先に面白い遺構があった。 入れないよう…

江古田の富士塚 練馬区小竹町・浅間神社

前回のつづき。 ひばりが丘での墓参の帰り道、江古田駅で途中下車して駅前の富士塚を見学した。 ちなみに住所で江古田を引くと、中野区江古田(えごた)が出るが、西武池袋線江古田(えこだ)駅は練馬区旭丘にある。 江古田 - Wikipediaによれば、練馬区の江…

神田界隈の寺社とモダン建築・5 神田明神

前回の続き。 湯島聖堂を訪ねた後、すぐ北に鎮座する神田明神も訪ねた。 湯島坂を一旦降りて地図にあった石段からアプローチすることに。 細道を左にはいると、マンションの谷間に昔からの家屋も。 維持は手がかかると思うが残ってほしい貴重な木造家屋。 リ…

神田界隈の寺社とモダン建築・4 一口太田姫神社~淡路坂~湯島聖堂~相生坂~昌平坂

前回のつづき。 ワテラスから御茶ノ水駅へ。外堀通りの東側にも平日朝の出口専用の臨時改札口がある。日立製作所本社への通勤客向けとして作られたものか。 上り・下りのホームの東端から階段で上った出口。 たまたまここを通りかかった時、数人のグループを…

神田界隈の寺社とモダン建築・1 和泉橋~海老原商店~岡昌裏地ボタン店~柳森神社

神田界隈といっても神田駅ではなく秋葉原駅~御茶ノ水駅の辺り。 「東京モダニスム」というアプリをときどき見ている。下記は銀座1・2丁目界隈を訪ねたときの様子。 鈴木ビル、竹田ビル、ヨネイビル、奥野ビル(銀座アパート)など 東京都中央区銀座1・2丁目…

伊豆美神社~穴守稲荷分神社~田中稲荷塚古墳跡(高千穂稲荷)

兜塚古墳からすぐ北西に神社の屋根が見えたので北側の参道入口に回った。 伊豆美神社の大きな石碑があった。 伊豆美神社の名になったのは明治元年で、以前は六所宮と呼ばれ、寛平元年(889)に北谷村字大塚山に鎮祭し、天文19年(1550)の多摩川洪水で現在の…

亀塚古墳 泉龍寺 東京都狛江市

野毛大塚古墳を訪ねた日に、狛江市の古墳へも足を延ばした。 直線距離で7kmほどしか離れていないが直接結ぶ鉄道がなく、二子玉川から田園都市線で溝ノ口へ出て南武線で登戸へ向かい、そこから小田急線で2駅と、多摩川を2回越えた。しかも登戸駅で急行にとび…

徳川慶喜墓・天王寺五重塔跡(谷中霊園)、寛永寺 台東区谷中・上野桜木

前回のつづき。 これまで何度も上野へ行きながら、谷中霊園と寛永寺を訪れたのは初めてだった。 谷中霊園の案内図にあった「徳川慶喜公墓所」に惹かれてそちらの方向へと向かった。 広い墓地を迷いつつ、木立の方へ。 途中に大きな五輪塔があったが、どちら…

小野照崎神社(再訪)・その界隈 台東区下谷・根岸

前々回の書道博物館へ行く際に、近くの小野照崎神社に立ち寄った。 一年前に入谷鬼子母神へ行った折に参拝したが、富士塚を見逃していた。 massneko.hatenablog.com 最寄駅は鶯谷(南口) 駅舎は線路を跨いでいる。 上野の山から跨線橋を下りる。 下の線路は…

田端八幡神社 赤紙仁王尊(東覚寺) へび道 東京都北区田端・荒川区西日暮里・文京区千駄木・台東区谷中

前回のつづき。 芥川龍之介旧居跡から西に歩くとすぐに、都道458号線の切り通しがある。 そこに架かる童橋(わらべばし) 右へのカーブで田端駅北口。 南へは、谷田橋交差点~動坂下交差点を経て、本駒込駅に突き当たる。 童橋の西側の住宅地を回りこんでい…

上の坂 与楽寺坂 与楽寺 東京都北区田端

先日、駒込の富士神社古墳を参拝した際に、その北東の田端のエリアが気になっていたので訪ねてみることにした。 山手線の田端駅南口は崖の中腹の無人改札だった。 上の写真はこの階段から撮っている。 一応スロープもついていた。 階段の上の方は傾斜が不規…

国史跡・蒲生君平墓(臨江寺) 三浦坂 あかじ坂 東京都台東区谷中

前回のつづき。 谷中一丁目を再訪した折、道路脇の案内図に気になる表示があった。 中央やや下に「蒲生君平墓」 蒲生君平(1768〜1813)は、"前方後円"の名付け親。 蒲生君平 - Wikipediaにその生涯について記されているが非常に興味深い。 臨江寺へ行ってみ…

泉岳寺 赤穂義士墓所 東京都港区高輪

少し前、昨年11月に訪ねた高輪の泉岳寺。 情報が多くてまとめきれずに下書きのままとしていたが、忘れないうちに。 都営浅草線の泉岳寺駅、A2の出口から150mでお寺の入口がある。 天保7年(1836)に再建された中門。元来はこの前に総門もあったとのこと。 中…

桝箕稲荷神社 坂町坂 東京都新宿区四谷坂町

前回のつづき。 地下鉄の曙橋駅まで来たが、少し時間に余裕があったので案内図の右にあった珍しい名前の神社を訪ねてみることにした。 曙橋をくぐって靖国通りを東に向かい、斜めに入る小道へ。 ゆるいカーブを描く細道。 椿の木にメジロがいた。 津の守坂を…

柳田國男旧居跡 銀杏坂 曙橋 東京都新宿区市谷本村町、市谷加賀町、片町

前回のつづき。 鰻坂から再び中根坂の北端へ戻った。石垣の向こうは牛込第三中学校。 石垣の前を東西に伸びる通りには、西端にある坂名がついている。 といってもこの標柱の位置からは坂は見えない。 左に長く続く囲いは、大日本印刷市谷工場解体工事。 旧DN…

鼠坂 芥(ごみ)坂 浄瑠璃坂(仇討跡) 歌坂 鰻坂 東京都新宿区市谷鷹匠町、払方町、市谷砂土原町

前回のつづき。市谷の大日本印刷エリア内を徘徊中。 この周辺は クニャマップ に坂が多く記されていて前から気になっていた場所(中央やや上の2本の谷) 中根坂の南で東側に入る小道があった。道の左右は公園を造成中。 少し先に鼠坂があった。 かつては上り…

市谷亀岡八幡宮 東京都新宿区市谷八幡町

前回紹介をした本にある”細道コース”へ新年のお参りを兼ねて訪ねた。 JR・東京メトロ市ケ谷駅(都営線は間がヶ)で下車。JRの駅(下の写真右奥)からはお濠の石垣を渡って外堀通り方向へ向かう。 外堀通りに面したビルの谷間に参道があった。 結構な高低差・…

上野東照宮 上野大仏 東京都台東区上野公園

2017年は松の内に上野へ出かけてみた。上野東照宮と東博が目的地。 初めに訪れたのは上野東照宮。上野へはよく行くものの、こちらを参拝するのは初めて。上野動物園正門の左側に参道があった。 鳥居には享保十九年と刻まれている(1734年) 入口の門。ぼたん…

富士神社古墳 東京都文京区本駒込

前回の天祖神社のすぐ北にある公園。中央が掘り込まれていい雰囲気の広場になっていた。 公園の西側の道は北側にゆるく下る。この先はかつて谷田川の流路だった。 その西側、本郷通りの少し手前に駒込富士神社がある。 全長45m、高さ5.5mの堂々とした墳丘の…

吉祥寺 天祖神社 東京都文京区本駒込

前回のつづき。 白山神社の東参道を進んで旧白山通りに出て、白山上交差点を左に向かったところ。 東大農学部前で本郷通りから左に分岐しているこの道は、旧白山通りでもあり中山道・国道17号でもある。 道沿いに旧町名案内があった。 旧駒込東片町(昭和39…

白山神社古墳 東京都文京区白山

2017年の初墳行は文京区の神社古墳へ、夫婦で参拝した。 1月3日の午後、都営三田線の白山駅で下車し南側の出口からアプローチ。 右へと回り込んで京華通り商店街。この先の京華学園の名がつく通り沿いには東京富山会館の大きなビル(左の建物)があるが、10…

西国分寺駅~武蔵国分寺跡あたり

2017年の元旦は例年通り実家で過ごした。 中央線の東小金井駅付近の車窓から見えた富士山。 西国分寺駅から線路沿いに国立方向へ進むと武蔵野の面影を残す一画がある。30年くらい前からフェンスに囲われているが、それ以前の武蔵野線や西国分寺駅が出来る前…

鳩森八幡神社 東京都渋谷区千駄ヶ谷

前回のつづき。 観音坂に戻って西へ上っていくと鳩森八幡神社があった。 拝殿正面からの参道の先にある南東向きの鳥居。 参道を進むと右手に富士塚が見えてきた。 まずは茅の輪を八の字に回って、拝殿に参拝した。 鳩森八幡神社│公式ホームページによれば御…

仙寿院 観音坂 東京都渋谷区千駄ヶ谷

前回のつづき。 東郷神社参拝の後も少し時間があったので、鳩森八幡神社を目指して歩いてみた。 明治通りを北へ向かうと神宮前一丁目交差点。 東側に旧道のような雰囲気の上り道があったが、日没近かったので次の機会とした。 明治通りをさらに進むと目を惹…

東郷神社 東京都渋谷区神宮前

新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。 年は改まりましたが、年末に訪れた場所から始めさせていただきます。 東郷神社は原宿駅の近く、入口は明治通りにも面しています。 すぐ左には建築中のビル。 今年の9月に、高さ115m、地上23階…

下落合界隈:久七坂~下落合横穴墓群跡(下落合弁財天)~薬王院~下落合野鳥の森公園~七曲坂~相馬坂~おとめ山公園~東山藤稲荷神社 東京都新宿区下落合

前回のつづき。 小平駅からの帰路、日没間近だったがまだ明るかったので、以前にこちらの本を読んでから気になっていた「下落合」で途中下車した。初めてここで降りた。 東京 記憶の散歩地図 作者: 小池壮彦 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/03/…

観音坂~東福院坂(天王坂)~須賀神社(男坂・女坂)~闇坂 東京都新宿区若葉・須賀町・信濃町

前回のつづき。 鉄砲坂を下った先の道を右に進むと、北に上る坂があった。 観音坂との標柱。 観音坂西念寺と真成院の間を南に下る坂。坂名は真成院の潮踏観音にちなむ。別名は西念寺坂・潮踏坂・潮干坂。潮踏観音は、江戸時代以前に四谷周辺が「潮踏の里」と…

富塚跡 大隈重信銅像 @早稲田大学

4つ前のエントリのつづき。 會津八一記念博物館を見たあとにキャンパス内にある古墳跡を訪ねた。 「早稲田大学9号館あたり」というヒントを頼りに建物周辺へ。 壁面に小さなアーチが並んでリズムをつくっている。 建物前にはそれらしき案内板は見当たらず。 …

水稲荷神社 富塚古墳 甘泉園 東京都新宿区西早稲田3丁目

前回のつづき。 実は「東京 記憶の散歩地図」を見てここに来たのは、天祖神社東の水稲荷に「富塚古墳」が記されていたからだった。 東京 記憶の散歩地図 作者: 小池壮彦 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/03/28 メディア: 単行本 この商品を含む…

面影橋・天祖神社界隈の細道 東京都新宿区西早稲田3丁目

3つ前のエントリのつづき。 目白台から下りて神田川を渡ると新目白通り。道路の中央を都電の専用軌道が走るがここに面影橋の停留所がある。 停留所の南側、新目白通りからはビルの裏側に天祖神社があるが、ここに魅力的な細道がある。停留所のやや西にある…

日無坂・富士見坂界隈、山吹之里の碑 東京都豊島区高田

前回のつづき。 村川家見学の後、薬罐坂からの道を南に向かい目白通りへ。 西に向かって歩いていると日本女子大の向かい側で発掘調査が行われていた。 歩道橋の上から。 「文京区目白台1丁目18番14号・埋蔵文化財発掘調査」の看板。発注者は日本女子大学。敷…

浄土宗 妙定院 東京都港区芝公園4丁目

東京文化財ウィークの一環で、赤羽橋の浄土宗・妙定院(みょうじょういん)の特別公開「妙定院展2016 伝来の本尊と徳川家康公 本堂大公開」があった(11月3日から5日まで) 境内は歴史の波を受けて狭くなっているが、山門をくぐって正面に本堂が、左に蔵や社…

旧仙台坂(くらやみ坂)・八木仙台味噌醸造所・海晏寺界隈 東京都品川区東大井・南品川

前回のつづき。 大井公園を第一京浜側に降りて、並行する道を北へ進んだ。 旧仙台坂の手前の斜面は中層のマンション群。ここもかつては伊達藩・鯖江藩の敷地だった。 泊舩禅寺で突き当たる。右へ回り込んだこの先が旧仙台坂になる。 第一京浜側から見上げる…

鮫洲八幡神社 山内容堂墓 東京都品川区東大井

先日、大井町のゼームス坂へ行った後に周囲を調べていた折に、大井町駅の東側の台地の縁に古墳があることを知った。 京急の鮫洲駅の方が距離は近いので、こちらから台地の上へ向かって歩いてみることにした。 鮫洲駅の出口は東側を向いている。 鮫洲には東京…

喜多見氷川神社 大山道 念仏車 狛江(岩戸・駒井地域)の文化財めぐり・その6

前回のつづき、シリーズの最終回。 稲荷塚古墳探訪の後、200mほど西の氷川神社を目指した。 途中にあったイチョウの大木。喜多見小学校発祥の地でもあった。 そのすぐ先に氷川神社が鎮座していた。 境内北面には玉垣が続く。端まで200mほどある。 東側入口…

第六天塚古墳 天神塚古墳(須賀神社) 狛江(岩戸・駒井地域)の文化財めぐり・その4

前回のつづき。 岩戸川跡の緑道からゆるやかな坂を上がった住宅地の中に、竹薮に覆われた古墳があった。 第六天古墳 円墳(径28.6m、高さ2.7m)5世紀末~6世紀初の築造。 斜面には太い木も生えている。 太い竹もあった。 立てられたのは30年以上前だが、今も…

岩戸川緑道 矢崎山 圓住院(庚申塔) 狛江(岩戸・駒井地域)の文化財めぐり・その3

前回のつづき。 土屋塚古墳見学の後は、住宅街の道を南へ向かう。といってもところどころに畑地が残り、”最近”宅地になったような場所も多い印象だった。 建設中のマンションの横に石蔵が。 竹を扱う材木屋さんがあった。 工事をしている道は少し下っていて…

慶岸寺(庚申塔)~六郷用水跡(石橋供養塔) 狛江(岩戸・駒井地域)の文化財めぐり・その1

東京文化財ウィーク2016のパンフを見ていたら、狛江市教育委員会主催のツアー案内があったので参加しました。 テーマは「狛江の魅力を歩いて学ぼうー岩戸・駒井地域をめぐる」 パンフに寺社や史跡をめぐるとあったので、狛江なら古墳も含まれているであろう…

品川硝子製造所跡 東海寺大山墓地 東京都品川区北品川

前回のつづき。 第一京浜から山手通りを西に向かい、現在の東海寺参道を左に見つつ東海道線・京浜東北線のガードをくぐったところに、東海寺大山墓地への入口がある。 入口脇には品川硝子製作所跡の史跡。 大きな「史跡」の標柱と解説が刻まれた石碑があった…

大井町駅前・品川白煉瓦の碑~ゼームス坂~レモン哀歌の碑~天龍寺煉瓦塀~龍王寺三重塔 東京都品川区大井・南品川・北品川

品川歴史館で東海寺に興味を持ったので、大井町駅から歩いてみた。 大井町駅は、JRと東急が交差し、地下にりんかい線が通る上に斜面上に造られて複雑な構造をしている。 斜面の下側のJR改札西口を出ると煉瓦柱のある案内板があった。 煉瓦柱には品川区民憲章…

瀧王子稲荷神社 東京都品川区大井5丁目

品川区歴史博物館を訪ねた折、池上通り向かいの交番横から、いい雰囲気の細道が続いていたので行ってみた。 地図を見るとその先に滝王子稲荷神社があって、池がある。 道沿いのマンションの敷地に立派な石蔵があった。 緩いカーブの細道を抜けると境内の木々…

九品仏・浄真寺 東京都世田谷区奥沢

狐塚古墳を訪ねた折、九品仏(くほんぶつ)も訪ねた。 一両ドアが開かない九品仏駅は自由が丘の次の駅。ホームの両端に踏み切りがあるので拡張ができない。それが長閑な雰囲気を醸し出しているが。 トイレは島式ホームの真ん中にある。 改札は踏み切りの中に…

八幡塚古墳 宇佐神社 狐塚古墳 東京都世田谷区尾山台

前回のつづき。 鵜の木駅から電車を乗りついで、東急大井町線の九品仏駅で下車し、環八通りの南側に残る2基の古墳を訪ねた。 環八通りを越えると全体が多摩川に向かって下る斜面になる。この多摩川沿いの台地の縁に、古墳が点々と連なっている。 住宅街を少…

富士見坂 扇塚古墳(跡) 多摩川浅間神社(浅間神社古墳) 東京都大田区田園調布1丁目

前回のつづき。 雪が谷大塚駅から西に1km近く歩いてくると、多摩川に近づく。 カーブしながら台地を降りる坂があった。 富士見坂の標柱があった。大正末期ごろにつくられた「新しい」坂だった。 この坂道は、大正末期ごろから行われた耕地整理によって出来た…

鵜木大塚古墳 東京都大田区雪谷大塚町

久々に古墳での更新。 東急池上線の雪が谷大塚駅で降り、中原街道を渡って5分ほど南西に歩くと大田区立調布大塚小学校がある。 校舎がある場所の標高は海抜24.5m。 その校舎の北西隣に目指す鵜木(うのき)大塚古墳、その墳丘上に稲荷神社があった。 鳥居を…

西久保八幡神社 東京都港区虎ノ門5丁目

前回のつづき。 我善坊谷の東側出口のすぐ南の台地先端に西久保八幡神社が鎮座する。 国道1号に面した鳥居の前は橋のようになっている。 なかなか急な参道。愛宕山ほどではないが踊り場もあって登りやすい。 公式サイト・縁起 - 西久保八幡神社によれば、寛…

上目黒氷川神社(目黒富士) 東京都目黒区大橋

前回のつづき。 国道246号にかかる「旧」歩道橋から見た上目黒氷川神社。 石垣の左端、交番との間にある階段も「登山道」だった。 「登山口」のサイン。 参道正面も玉川通り(国道246)に面している。 台地上の境内への急な石段。 石段の下に神社の解説。石…

がま池 東京都港区元麻布2丁目

前回のつづき、かつ数回前のエントリ・元麻布の細道のつづき。 近くまで来ていながら、近くにあることに気づかなかった「がま池」を目指した。 以前にブラタモリでも紹介された、麻布台地上の謎めいた池。 グーグルマップに示されるので近づくのは容易だった…

福昌寺の阿弥陀石棺仏 東京都渋谷区東

恵比寿駅から駒沢通りを東へ向かって明治通りと突き当たると渋谷橋交差点。 横断歩道のない交差点の歩道橋を渡っていると、明治通り沿いのビルの谷間に福昌寺がある。 ”現代的”な福昌寺の門前。 本堂へは建物内の石段を上がっていくようだ。 目当ての石棺仏…

羽田の赤レンガ堤防・2 東京都大田区羽田

前回のつづき。 羽田の赤レンガ堤防は天空橋の南側から続いているが、かつての姿を最もよく残していたのは下記の案内図右下の、2つの橋梁に挟まれたエリアだった。 (本羽田公園の案内板) 旧堤防が陸地側に凹んでいたエリアが、宅地化されずに船だまりにな…