墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

金弁財天 東京都新宿区河田町

前回のつづき。 ふたたび「あけぼのばし通り」へ戻って北へ。 右手の台地の端を削る工事は7階建てのホテルを造っていた。 その先は台地上のマンション群(UR都市機構河田町コンフォガーデン)へのアプローチ。 750戸が4棟に入る。 タワー型の1号棟は41階建て…

念仏坂 東京都新宿区住吉町・河田町

念仏坂への上り口は都営新宿線の曙橋駅から北北西に延びる商店街にある。 通りの名は「あけぼのばし通り(住吉町商工会)」 もとは「フジテレビ通り」で、1962年から1997年まで、東側の台地上にフジテレビ本社があった。 商店街の枝道が屈曲した階段になって…

虎ノ門ヒルズ森タワー(外観) マッカーサー道路(環二通り・新虎通り) 日比谷神社 東京都港区虎ノ門~西新橋~新橋~東新橋

先月、愛宕神社へ行った際の帰り道。 神社の北隣、台地が切れた先に虎ノ門ヒルズが聳え立つ。52階建て、247m。 2014年6月に竣工。もうすぐ4年になる。 https://www.mori.co.jp/morinow/2014/06/20140604180000002799.html そこから新橋までの1.4kmは2014年3…

清瀧神社・富士塚 千葉県浦安市堀江

今回も浦安の富士塚。 清瀧(せいりゅう)神社は東西線の浦安駅から徒歩5分の場所、境川の右岸に鎮座する。 一昨年は家族で初詣させていただいた。 社殿に向かって左側、鳥居の先に富士塚がある。 塚の前には一対の燈籠も。 こちらも登拝はできない。苔で麓…

豊受神社・富士塚 左右天命弁財天 千葉県浦安市猫実

昨年あたりから東京近辺の富士塚も巡っているが、地元浦安にも堂々とした富士塚があるので再訪した。 まずは猫実(ねこざね)の豊受神社。 参道は大通りとは並行に、鳥居は境川の方を向いている。 参道脇には大きく開いたような形のイチョウがある。 その説…

ブリューゲル 画家一族 150年の系譜展 @東京都美術館・上野

昨年(2017)の「バベルの塔展@東京都美術館」「ベルギー奇想の系譜展@Bunkamura」に引き続いて、今年もブリューゲルの展覧会が東京で開催されている。 今回は「画家一族 150年の系譜」と副題にあるように、16~17世紀のフランドル地方で、ピーテル・ブリ…

中里富士・八坂神社 東京都練馬区大泉町

前回のつづき。 新座市立歴史民俗資料館の見学後、東に4kmほどにある中里の富士塚(練馬区)を訪ねた。 以前購入した「大江戸のお富士さん」にも掲載されていて気になっていた場所。 東武東上線と西武池袋線との中間を横に移動するので、スマホを頼りにバス…

新座市立歴史民俗資料館 埼玉県新座市道場

前回のつづき。 新座市立歴史民俗資料館は「道場」のバス停から徒歩3分。 資料館パンフの交通案内には、ひばりが丘駅、大泉学園駅、志木駅、朝霞台駅からのバス利用が案内されている。 先日、新座駅から歩いた平林寺から南に2kmの地点。 入場無料。一つの展…

浅間神社(落合村鎮守) 黒目川中流域 東京都東久留米市浅間町~埼玉県新座市石神・野寺・道場

ひばりが丘へ行った際に地図で周辺を見ていると、駅から1kmほど北の川沿いに浅間神社があったので行ってみた。 駅の北側からは、道幅が心地よい、賑わいのある商店街があった。 商店街の北の端近くにあった「ひばりが丘ショッピングセンター」 肉屋さんだけ…

山の先輩の墓参 三回忌

2月4日、命日の翌日に一昨年亡くなったN先輩の墓参をした。 自分は年に一度、夏山登山をしているが、十数座を一緒に登らせていただいた。 毎週のように山へ行く、日本中の山に詳しい方だった。 昨年は3月に墓参した。その時は桜の蕾が膨らみつつあった。 (…

三組坂 ガイ坂 実盛坂 中坂 東京都文京区湯島

前回のつづき。 清水坂下から清水坂を上って北に進むと、三組坂上の交差点に出る。 そこから東に見下ろす三組坂(みくみざか) ホテルの石垣の前にあった説明板。三組は、かつての町の名前だった。 三組(みくみ)坂元和2年(1616)徳川家康が駿府で亡くなり…

妻恋神社 妻恋坂 立爪坂 東京都文京区湯島

前回のつづき。 妻恋坂は、日本武尊と弟橘媛を祀った妻恋神社に由来している。 坂上にある説明板 妻恋坂大超坂・大潮坂・大長坂・大帳坂と別名を多く持つ坂である。「新撰東京名所図会」に、「妻恋坂は妻恋神社の前なる坂なり。大超坂とも云ふ。本所霊山寺開…

清水坂 横見坂 東京都文京区湯島

前回の湯島天神への道程は、御茶ノ水駅から歩いてみた。 駅は現在改良工事中で、2020年までに橋上駅舎に生まれ変わる予定。 線路の右は、お壕の上に仮設された工事用のスペース。 現在の聖橋口への跨線橋。丸い屋根が可愛らしいがもうじき取り壊されるのだろ…

湯島天満宮(湯島天神) 天神石坂(男坂)・女坂・夫婦坂 切通坂 東京都文京区湯島

湯島天神の最寄駅は千代田線・湯島駅だが、御茶ノ水の聖橋を北に900mほど直進すると湯島天神に突き当たる。 鳥居脇のイチョウの前にあった説明板。室町期に地元の人によって勧請されている。 湯島天満宮 文京区湯島3-30-1社殿は平成7年(1995)総檜木造りと…

2018年1月31日の皆既月食

いまさらですが、備忘のために・・・ 皆既食が始まった21:51の後の様子です。 22:07 22:18 22:33 コンデジ・手持ちで最大ズーム。 連写モードにして10枚位づつ撮ったものから選びました。 次回は今年の7月28日(東北地方以西:皆既食のまま沈む)だそうですね。…

山手線 裏参道ガード

明治神宮の北参道口を出たすぐ先に、山手線のガードがあった。 「山手線(18)裏参道ガード」 こちらの記事にもあるが1964年の東京五輪の前までは、南の「表参道」に対し、明治神宮と神宮外苑を結ぶ「裏参道(内苑外苑連絡道路)」があった。歩道と車道、街…

原宿駅 東京都渋谷区神宮前

明治神宮へ行ったときの原宿駅。 大正13年(1924)竣工で、木造駅舎としては都内JRで最古。設計は鉄道省工務局建築課の長谷川馨。 この尖塔が可愛らしい。 木の柱を白壁の表に出した「ハーフティンバー」様式と採っている。 2020年のオリンピックに向けて駅…

クレーンの力

大崎駅西口の芳水小学校の改築工事現場。 長い間基礎の工事を行っていましたが、今は鉄筋の柱が上へ上へと伸びています。 重機をクレーンで運んでいるのも見かけました。

明治神宮 明治神宮御苑・清正井 東京都渋谷区代々木神園町

原宿駅側の鳥居。駅から来ると空間が、喧騒から静寂へと一瞬で変わる。 500m近く進んで大鳥居。降雪後しばらく経ってからの参拝だったが、まだまだ雪の跡が。 鳥居の先に「御苑」への北門があったので訪ねてみた。入口で500円を納めて小道を進む。 その先の…

雪の東京駅丸の内口

東京駅を通りかかったとき、降りしきる雪の中を歩く晴れ着の方を見かけて。

赤塚諏訪神社(下赤塚富士浅間神社)富士塚 東京都板橋区大門

前回のつづき。 板橋区立郷土資料館から東に台地を上がると、その先で新大宮バイパスをくぐる。 その先の赤塚公園。11月下旬の紅葉。 ここから台地の縁に沿って、1.7kmの緑地帯が続く。首都高5号池袋線を走っていると現れるグリーンベルト。 赤塚諏訪神社を目…

板橋区立美術館 板橋区立郷土資料館 東京都板橋区赤塚

4つ前のエントリのつづき。 赤塚城址公園から丘を降りると板橋区立美術館。 このときは「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」という企画展が始まっていた(1/8で終了) ポスターにもなっている絵本「夜の木」から。 タラブックスは、この「…

【皆様にお詫び】犯人は過去の自分でありました(freemlの件)

大変申し訳ありません。 さきほどGMOメディアサポートセンターの方から、別のメアドにメールが来て事態がわかりました。 4年ほど前に自分で設定して忘れ去っていただけでした。 心配していただいた皆様、不安を感じてしまった皆様、なによりGMOの方に大変ご…

freemlの「外部ブログ読み込みの設定」機能について

※追記(青字が元のエントリです) この点については、実際の機能としてどうなのか、GMOメディアセンターの方で確認をしていただいてるところです。 問題点かどうかも確かではない(わざわざ他人のブログを入れる事例は他にないかもしれない)ので、タイトル…

【誤りでした→】ブログをfreemlに無断転載されました。

※追記です。 下記の青字のエントリの内容ですが、4年ほど前に過去の自分が設定したものとわかりました(GMOメディアセンターからのメールにより) 皆様をお騒がせしてしまいまことに申し訳ありませんでした。 ======================…

赤塚城跡 東京都板橋区赤塚

前回予約投稿を同時に2本、誤って上げてしまいましたが、前々回の赤塚氷川神社富士塚の続きを。 氷川神社から一旦坂を降りる。 坂下の道から隣の丘を見上げて。 そのすぐ右手に城址公園の入口があった。 落ち葉の散策路を進む。 台地下とは15~20mほどの比高…

赤塚氷川神社富士塚 東京都板橋区赤塚

昨年11月下旬に平林寺の紅葉を見に行った帰り、北朝霞から東上線で成増に出て板橋区赤塚の区立ミュージアムや城跡、富士塚などを訪ねた。 成増駅北口から高島平操車場行きのバスに乗り、赤塚4丁目で下車。枝道に入って上り道を進む。 折り返しの坂道。 台地…

旧小坂家住宅・世田谷区立瀬田4丁目旧小坂緑地 東京都世田谷区瀬田

前回のつづき(及び半年前の写真) 静嘉堂文庫の正門と道を挟んだ斜面にもなかなか広い緑地がある。 「世田谷区立瀬田4丁目旧小坂緑地」 という名のその場所には、戦前に建てられた見事な和風近代建築が残っていた。 入口は坂上に2ヶ所、坂の途中、坂下それ…

岡本公園民家園 岡本隧道 岡本八幡神社 東京都世田谷区岡本

前回のつづき。 玉川大師参詣後は丸子川(六郷用水)を遡って岡本公園民家園へ行ってみた。 駐車場の西側に世田谷区立岡本公園民家園の入口があった。 月曜休園で9時半~16時半の公開。この日はお団子作りのような集まりがあった。 http://www.city.setagaya…

行善寺 玉川大師 王眞院 東京都世田谷区瀬田

前回の関連。静嘉堂文庫からの帰路はバスに乗ったが、往路は二子玉川駅から寄り道しながら歩いた。 二子玉川駅バスターミナルから北側へ、大井町線をくぐって六郷用水(丸子川)を渡ると、いい雰囲気の坂道があった。 くの字を曲ってさらに上る。 途中の道の…