墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

杵築町再訪 2021年3月27日

大分家族旅行の最終日、湯平温泉から大分空港へ向かう道すがらに杵築の街を再訪しました。

 

最初に向かったのは一松(ひとつまつ)邸。 

一松邸/杵築市

f:id:massneko:20210408173218p:plain

 

今回は開館時間帯だったので、部屋からの景色を味わうことができました。 

f:id:massneko:20210412104430p:plain


杵築城を遠望。

f:id:massneko:20210408173251p:plain

 

酢屋の坂を上がります。

f:id:massneko:20210408173341p:plain

 

降りてきた塩屋の坂を振り返って。

f:id:massneko:20210408173408p:plain

 

酢屋の坂を上がって右へ曲がると江戸期の風情。ちょうど着物で回っている方がおられたので後ろ姿を。

f:id:massneko:20210408174455p:plain

 

武家屋敷の一つ、大原邸に入りました。

f:id:massneko:20210408173430p:plain

 

その後に杵築城に車で移動。

町と歴史:観る・知る|杵築市観光協会

f:id:massneko:20210408173450p:plain

 

桜を見下ろして。 

f:id:massneko:20210408173509p:plain

 

河口側の眺め。大潮の干潮時で、川底が見えていました。

f:id:massneko:20210408173627p:plain

 

上流側。

f:id:massneko:20210408173728p:plain

 

中央の、崖上の建物が一松邸。建物は移築で、もとは防風林が茂っていた場所だそうです。

f:id:massneko:20210408173558p:plain

 

坂が楽しめる城下町です。

f:id:massneko:20210408173645p:plain