墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

東村山ふるさと歴史館 諏訪神社 東京都東村山市諏訪町

前回のつづき。

国宝・正福寺の地蔵堂を参拝した後は、スマホ地図を頼りに地元の歴史館へ向かった。

沿道では敷地に大木が聳える家があちらこちらにあった。

 

心和む風景。この町並みを後代に残していただきたい。

 

ついつい入りたくなる横路。

 

その先には桜が聳えていた。

 

生垣が続く箇所も。

 

こちらも魅力的な道だが反対方向だったので入口だけ。

 

ゆるい下りを進むと前川に出た。桜並木は二分咲きぐらいだった。

 

が、満開の枝もあった。

 

そこから団地の中を通っていくと、東村山市ふるさと歴史館に着いた。

 

入館は無料。

公式サイト東村山ふるさと歴史館/東村山市には「市内の小学校3年生の社会科見学のための企画展示を開催しています」とあるが、大人にも充分見応えのある展示だった。

 

ロビーに置かれた縄文後期の丸木舟(の未製品)長さ6.6mもある。

 

常設展示室へ。

 

時代ごとのコーナーでまとめられているが、照明や展示の仕方などが今風で見やすい。

 

東山道武蔵路のパネル展示。古代の道は大変興味深い。

 

鉄道の変遷も同じく興味深かった。武蔵野鉄道は、なぜ所沢でS字カーブを描いたのか…

 

正福寺地蔵堂の20分の1模型もあった。

 

反対側から見ると、スケルトン模型になっていた。

 

組も物のひとつひとつまで精巧に丁寧に作られている。

 

ケースが大きくて裸眼で文字を読むことは難しかった…

が、これだけでも来たかいがあった。

 

右は正福寺にあった「貞和の板碑」のレプリカ。

 

大正末期頃の東村山駅西口。レイアウト展の催しの出品作のような気合を感じた。

 

正福寺の千体仏のレプリカ。これらが並ぶ実際の内部の様子を11月3日に見てみたい。

 

火縄銃の展示もあった。

 

こちらは特別展示。縄文後期の漆塗り杓子柄。材質はイヌガヤ。

元の全体の形が想像できなかったが相当なデザイン力。握りやすさを実際に触れて感じてみたい。

 

こちらはベンガラ漆を塗った注口土器。曲線がプロの仕事っぽく感じた。

 

見学後はバス道を東村山駅方向へ向かった。隣の神社の境内では桜の大木が五分咲きぐらいになっていた。

 

諏訪神社の境内だった。

 

本殿は江戸初期の建立で市指定文化財

 

桜の枝が静かに揺らいでいた。

 

駅前の若木の並木はほぼ満開だった。

帰りは西武国分寺線国分寺駅を経由した。

つづく。