読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

千葉県内の博物館・資料館

千葉市埋蔵文化財調査センター 千葉市中央区南生実町

前回のつづき。 船橋界隈を歩いたあとは車検に出していた車をピックアップして千葉市内最大の前方後円墳である大覚寺山古墳を目指した。 京葉道路に乗って蘇我ICで降り、5分ほどで千葉市埋蔵文化財調査センターに着く。 センターの目の前に目指す古墳がある…

芝山はにわ博物館・釈尊館(芝山仁王尊) 芝山町立芝山古墳・はにわ博物館

前回のつづき。 殿塚・姫塚古墳から2kmほどの場所に、芝山仁王尊(芝山はにわ博物館)と芝山町立のはにわ博物館がある。両者の距離は、徒歩5分くらい。 はじめに芝山仁王尊 観音教寺へ。お寺は台地の端にある。石段下の平地に町立の広い駐車場がある。 石段…

木更津市郷土博物館 金のすず、旧安西家住宅、きみさらずタワー 千葉県木更津市

前々回のつづき。 稲荷森古墳を見たあとは、金鈴塚古墳出土の「金の鈴」の実物を見に太田山へ向かった。自転車で5分くらい。 坂の下の駐車場に自転車を停めて歩いて登る。 中腹の一角で、旧安西家住宅という移築された茅葺民家を見学(無料) 磨きこまれた床…

講演会「千葉ニュータウンの昔むかし」 @千葉県白井市文化会館

9月6日(土)13:30~15:00 千葉県教育振興財団主催の講演会(入場無料)を聴講した。 (副題は「千葉北部地区の歴史をさぐる」でしたが、もし自分がつけるとしたら「千葉ニュータウンは太古の昔からニュータウンだった」かな、という話です) 千葉県白井市…

国立歴史民俗博物館 屋外展示 臼杵磨崖仏レプリカ 千葉県佐倉市

歴博は、佐倉城跡・佐倉連隊施設跡の丘の上(佐倉城址公園内)にあるが、北からの入口から少し上った右側、連隊時代の衛兵所跡の一角に、大分県臼杵(うすき)市の「古園石仏大日如来像」が実物大で再現されている。 下記に説明板を転載。 「日本を代表する…

国立歴史民俗博物館 総合展示第1展示室(原始~古代) 千葉県佐倉市

第1展示室にはいってすぐ、縄文土器が出迎えてくれる。 弥生時代の高床式建物の横の壁に、環濠の大きさを示す表示(大きなV字形)があった(講演会で言及されて知った) 幅10m、深さ5m(だったと思います) 集落の周囲を掘り廻らすのは相当な労力がかかっ…

「弥生って何?!」 国立歴史民俗博物館 企画展示 千葉県佐倉市

企画展は入口のパネルを除き、撮影不可だった。 写真のバックは青森県弘前市の砂沢遺跡から出た、高さ20cmの「弥生時代の土偶」 岩木川北麓の丘陵上にあるこの遺跡では、弥生時代前期後葉の前4~3世紀の水田跡が見つかり、前一千年起の水田跡としては列島最…

国立歴史民俗博物館 常設展示 縄文土偶 千葉県佐倉市

縄文時代の土偶については、ちょうど今、日経の日曜版「美の美」で、「土偶の一万年」という特集が連載中。8月10日は「中」の巻で「仮面のビーナス」と「縄文のビーナス」、「ハート形土偶」の写真が掲載されていた。 歴博の縄文のコーナーは、レプリカがほ…

加曽利貝塚博物館 後編 千葉県千葉市

常設展を見た後に、企画展の一部屋にはいった。 入口に掲げられた「ごあいさつ」 「そして、貝塚は守られた」の展示では、加曽利貝塚の消滅の危機を救った先人の努力が、当時の写真や新聞記事とともに紹介されていた。 「普段見られない記録類」出土状況が方…

加曽利貝塚博物館 前編 千葉県千葉市

国内最大級の貝塚である「加曽利貝塚」には2年程前の晩秋に家族で訪ねたが、博物館は休館日だった。リニューアルのために8月から当面の間は閉館するというニュースを見て、日曜日の午後に再訪した。 <a href="http://www.sankei.com/region/news/140602/r…

市原市埋蔵文化財調査センター 常設展示 千葉県市原市

前回のつづき。 講演会の後、展示室を見学した。 なお、このセンターでは、非常に充実した情報量の豊富なHPを作っていて、「電脳展示室」では個々の展示物の解説もある。見てから行くか、行ってから見るか、ですが。 http://www.city.ichihara.chiba.jp/ma…

いちはら埋文講座 邪馬台国時代のいちはら 市原市埋蔵文化財調査センター

土曜日の午前、ネットで知った講座に参加した。会場は市原市埋蔵文化財調査センター。 前から一度訪れたいと思っていた場所だった。土日祝が閉館と聞いていたので今まで来られなかったが、月に一度の「埋文講座」(及び夏休み子供体験講座)開催日は土曜日でも…

郭沫若記念館 千葉県市川市

前回のつづき。 須和田遺跡の台地を北側に降りると、斜面のひらけた場所に郭沫若(かくまつじゃく)記念館がある。(復元移築) 敷地全体が記念公園として整備されている。この時はピンクのゆりの花が幾株もきれいに咲いていた。4月初旬は緑の部分全体が芝桜…

芹澤ガーデンギャラリー 須和田遺跡 千葉県市川市

前回のつづき。 国分寺・国分尼寺の次は、須和田遺跡を初探訪。その前に、遺跡入口手前にある芳澤(よしざわ)ガーデンギャラリーへ立ち寄った。ここは数台停められる駐車場があるが「車での来館はご遠慮ください」とあった。 平成14年に市川市の市制執行70…

千葉県立中央博物館大利根分館  水郷佐原水生植物園 千葉県香取市扇島

前回のつづき。 鹿島臨海工業地帯の港公園から車で30分ほどで千葉県立中央博物館大利根分館に着く。「水郷佐原水生植物園」の裏手になる。 利根川の北側になるが、ここも千葉県。 来るのは2度目。4月から9月までしか一般公開しておらず、前回来たのは去年…

房総風土記の丘資料館 千葉県印旛郡栄町

前回のつづき。 房総のむらの「江戸時代エリア」から、森の中の小道を辿っていく。途中林の中に古墳もあって、歴史も遡っていく雰囲気。 小さな谷へ降りて、再度上ったところに資料館がある。外の車道を通って資料館正面の駐車場に停めることもできる。 「房…

房総のむら 千葉県印旛郡栄町

前回の続き。 「房総のむら」は千葉県立の体験型博物館。成田ICから車で20分ほどの場所にある。 http://www.chiba-muse.or.jp/MURA/ 園内は広大で、ちょうどTDLと同じ51ha。 平成16年に「房総風土記の丘」と統合され、原始・古代から近現代までの歴史を体験…

DIC川村記念美術館 にわのわ マーク・ロスコ 千葉県佐倉市

前々回のつづき。 「印旛郡市文化財センター」へ行ったあとに、DIC川村記念美術館へ行った。 こちらにはマーク・ロスコの素晴らしい展示部屋があるので、時々伺う(といっても年に一度行くか行かないかですが) 到着は15:30くらい。閉館間際で空いているだ…

下総歴史民俗資料館 ムササビ形埴輪 人頭形土製品

佐倉でレプリカのムササビ君と出会ったタイミングで、滑河の本物のムササビ君の写真掲載OKとの連絡を成田市の生涯学習課からいただいた。 下総歴史民俗資料館(滑河駅下車) http://massneko.hatenablog.com/entry/2014/04/30/220027 このときはスマホの電池…

「発掘のチカラ」展 印旛郡市文化財センター 千葉県佐倉市

別の博物館でいただいた賑やかなチラシの「発掘のチカラ ~変わりゆく街・歴史、そして未来~」に誘われて、佐倉の「印旛郡市文化財センター」に夫婦で出かけた。 http://www.inba.or.jp/news/newsindex20131203.html 子供がサッカーの練習から帰ってくるま…

堀之内貝塚 市川考古博物館(再訪) 千葉県市川市

とても暑い休日。子供の学校に行って用事を済ませた後、ついでに近くの博物館を再訪した。 堀之内貝塚がある丘にある市川考古博物館。 博物館入口横からは遠くまで見渡せる。 博物館正面の広場。前回来た時は3月で芝生に座れるような感じだったが、今回は草…

印西市立印旛歴史民俗資料館 千葉県印西市

前回のつづき。 酒々井町の墨小盛田古墳のあと、佐倉市の飯郷作遺跡を目指したが、途中でちょっと北に上がれば、5/3に入りそびれた「印旛歴史民俗資料館」に行けることに気がついた。印旛沼にかかる橋(というか土手)を渡って車で5分ほど。 【再掲】資料館…

流山市立博物館 「弥生土器を熱く語ろう」

前回のつづき。 展示を見た後に、講演会に参加した。都合により午前の部のみの参加。 10:00~10:20 主旨説明と弥生時代の概要 まずは時代区分のおさらい。弥生時代のはじまりについてはBC8世紀とすることが多いが、BC10世紀とする説もある(AMS年代測定法…

流山市立博物館 千葉県北西部地区文化財巡回展「文化の絆 ~モノとヒトとの出会い~」

5/10の土曜日、流山市立博物館で「弥生土器を熱く語ろう」という講演会に参加した。現在開催中の、千葉県北西部地区文化財巡回展「文化の絆 ~モノとヒトとの出会い~」にも魅かれたので。(当企画展は5/18まで) 講演会は、流山市加村台遺跡、市川市国府台…

白井市郷土資料館 上宿古墳 GW北総墳行①

5月3日、よく晴れた。子供2人がそれぞれ予定があったので、夫婦で墳行。 「北総線の小さな旅」に記載されていた「道作(どうさく)古墳」と、埼群古墳館さんお勧めの「上宿(かみじゅく)古墳」、および近くの郷土資料館を訪ねた。 まずは白井市郷土資料館へ…

地球の丸くみえる丘展望館 屏風ヶ浦 GW家族墳行⑤

銚子駅前の案内板。駅前の蕎麦屋で遅めの昼食をとった。 ここで家族は銚子電鉄に乗って、いぬぼう駅で落ち合うことにした。 地球の丸くみえる丘展望館は銚子半島の最高地点にある。展望台からは360度の素晴らしい眺めが得られる。 東側、太平洋側の方向。真…

阿玉台貝塚 まほろばの里 良文貝塚 GW家族墳行④

大クスの後、細い道を下り、谷戸を横断してまた上ったところに貝塚遺跡があった。 ・阿玉台貝塚 国指定史跡 縄文時代中期(5500年前〜4700年前) 標高50m近い丘陵の、30〜40mあたりに貝層があるそうだ。明治27年に発掘調査され、出土土器が「阿玉台式」と呼…

下総歴史民俗資料館 龍正院 公津原再訪⑤

滑河駅前の道を南下する。大きな鳥居のある坂道を上り、水田が見渡せる場所で小道に入り、田んぼの水面を一直線に横切る道を進んだ。正面少し左の丘の上が下総公民館で、公民館に向かい合うようにして「下総歴史民俗資料館」があった。 下総公民館の方にはガ…

飯綱神社 八千代市文化伝承館

前回からの続き。 七百余所神社から台地を降りると、新川(印旛放水路)に出る。 写真の方向に印旛沼がある。 印旛沼周辺では、江戸時代に利根川を東遷させてから洪水が頻発したので、東京湾に注ぐ花見川(河口では検見川)と、ここから南にあった分水嶺を切…

八千代市郷土資料館

八千代市郷土資料館 村上小学校が平成5年に移転後、その跡地に「八千代市歴史民俗資料館」が出来て平成12年に「八千代市郷土資料館」となった。 立派な建物で展示資料も充実、資料館発行の企画展図録も揃っている。(印旛沼の貝塚、古代の集落、印旛沼の自然…

上野塚古墳 須恵国の古墳⑨ 千葉県富津市

須恵国の古墳シリーズ、やっと最終回。 青堀駅に到着。最後に、駅前の上野塚古墳を見る。 ・上野塚古墳 (帆立貝形)前方後円墳 墳丘44.5m 周溝55m 5世紀末頃 古墳群中の古さでは内裏塚古墳に次ぐ。「当古墳の墳丘下には古墳時代前期の集落跡(上野遺跡)…

利根運河

前回の続き 「運河」に行ったのは、ちょうど一週間前(3/15)の日経新聞朝刊の利根運河記事がきっかけだった。 39面、首都圏まるかじりというシリーズの「明治の大動脈 利根運河」 明治の半ばにオランダ人の設計・監督のもとに延べ200万人以上で8km全通させた…

朝日ノ岡古墳 山武市歴史民俗資料館 武社国(千葉県山武市)の古墳②

前回の続き。 「大型円墳に上るのは初めて」と書いたが、去年5月に埼玉古墳群の丸墓山(日本最大、高さ18.9m)、8月には甲斐の丸山塚(高さ11m)にも行っていた。自分の記憶はあてにならない・・・ 山室姫塚古墳は、成田から九十九里海岸まで続く「芝山は…

飯籠塚(いごづか)古墳、久留里城(久留里城址資料館)

前回の続き。 浅間神社古墳から、小櫃川対岸の飯籠塚古墳へ。 道沿いの看板のおかげでたどり着くことが出来た。 落ち葉の小道を行くと新しい看板が。右が前方部、左が後円部。 右の道を少し登ると梅林の向こうに案内板があった。 ・飯籠塚古墳 前方後円墳 全…

お紬塚古墳、袖ヶ浦市郷土博物館、飽富神社(千葉県袖ヶ浦市)

・お紬塚古墳(おつむぎづか) 円墳 28m、周溝 50m 古墳時代後期 舌状台地先端からは300m奥まっている。 現在は切り通しの道路が横にあり、見晴らしのよい場所になっている。 正面からの道が古ければ、T字路突き当りの場所だったことになる。 竹やぶ越し…

睦沢町立歴史民俗資料館 妙楽寺大日如来坐像

・睦沢町立歴史民俗資料館 入場無料 能満寺から車で3分くらい。立派な資料館だった。油殿や能満寺古墳は長南町になるので展示はなかったが、平安期の宝冠如来像、毘沙門天、不動明王など見ごたえのある仏像や、江戸時代の島村円鉄の見事な建築装飾彫刻に見入…

飛ノ台史跡公園博物館

午後からは、飛ノ台史跡公園博物館へ。 船橋駅で東武に乗り換えて、新船橋で下車。巨大はイオンモールを抜けて、海神中学校の隣にある博物館へ。スマホ電池切れで、外観と屋外復元遺跡の写真は無し。 「縄文土器のふしぎ」展を見る。 地元出土の土器も多数。…

小見川市民センターいぶき館 城山古墳群 三之分目大塚山古墳 (千葉県香取市)

日曜日の午後から出発。 先日のシンポでも「香取の海」がキーワードとしてあったが、旧香取郡小見川町、現香取市小見川の古墳を家族で見に行く。 はじめに、小見川市民センターいぶき館にある郷土資料館へ。見つからなかったので、係りの方に聞いたら、鍵を…

船橋市郷土資料館 鎌ヶ谷市郷土資料館 習志野駐屯地 中沢貝塚 下総小金中野牧・捕込(とっこめ)跡

日曜の午後、家族がみんなそれぞれの用事で外出。ちょっと気になっていた郷土資料館をはしごした。 船橋市郷土資料館http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisetsu/bunka/0001/0005/0001/p011081.html津田沼(新津田沼)から新京成・松戸行きで3つ目の習志野…

上総国分尼寺、稲荷台1号墳、神門5号墳

上総国分尼寺 昼過ぎに出発。郷土資料館でたっぷり説明を受けて復元された回廊を見る。 残念ながら修復中。11月に完成するそうだ。 金堂基壇に植わっている大きな木。ジャンプ前。 稲荷台1号墳 国分尼寺から北東に数100mのところに稲荷台1号墳記念広場が…

松戸市歴史博物館

午後から、家族全員で行けた。八柱駅(=新八柱駅)から徒歩15分くらい。松戸は大河川(江戸川=旧利根川)沿いの丘にあり、縄文海進のときも陸地だったので旧石器時代から人が住んできた歴史がある。前は、ローカルな郷土資料館に行くと、旧石器時代からの…

芝山古墳群

子供の日、一般の行楽地の混雑を避けて芝山古墳へ向かう。 酒々井アウトレットとセットにして、魅力度アップ。 富岡インターで降りて、畑の中の道を進むとお寺の裏口に出た。 芝山仁王尊(創建781年)の私設、芝山はにわ博物館釈尊館へ。 見応えのある埴輪群…

姉崎二子塚古墳 姉崎神社 大覚寺山古墳 千葉市埋蔵文化財調査センター

4/28 姉崎二子塚古墳、千葉市大覚寺山古墳等 妻も子供たちもそれぞれ用事があり、それじゃあと昼前に出発。 内房線の五井の一つ先が姉ヶ崎。五井には小湊鉄道が。 蘇我を過ぎると田んぼがちらほら見えるようになり、五井を過ぎると水を張った田が広がる。 左…

弁天山古墳 内裏塚古墳 金鈴塚古墳 木更津市郷土博物館

4/14 富津、木更津近辺の古墳を見に行く。 木更津アウトレットに寄ることにして、家族とともに。 ①弁天山古墳 (5世紀中頃) 全長87.5m http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/2762/ 14:30くらいに、「とうちゃこ」。 後円上に部屋が設けられていて、石室の…

宝珠院観音堂、寺田本家、横利根閘門、大利根分館、岩屋古墳

3/28(休暇) 千葉県立中央博物館 大利根分館休館日だったのに、開けていただいた。感謝。一般見学は4/2からで、冬の間は団体専用だそうだ。高瀬舟の模型や河岸のジオラマ、舟運航路図が興味深かった。 途中寄ったところ 宝珠院観音堂(印西市) 端正な室町…

関宿城博物館

3/17に関宿往復。家族はそれぞれ用事があって一人ドライブ。 チーバ君の鼻の頭、現在の利根川が江戸川に分岐する場所。 江戸時代の交通(舟運)の要衝の地。 立派な関宿城博物館。入場料200円。 展望台(天守閣)からの眺めがいい。 館内には、模型がいっぱ…

戸定邸(松戸)、堀之内貝塚、市川考古博物館

遠くへの旅行もいいけど、関東の小旅行も面白い、と思っていたら、県内の旅行も楽しい、ということに気がつく。 3/10 松戸の戸定邸 堀之内貝塚と、市川市考古博物館、市川市歴史博物館に立ち寄る。 右の森の地面は、貝殻だらけ。 歴史博物館では、行徳の土地…