墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

りゅうてつ(流山鉄道)流山駅

流山市立博物館へ行くにあたり、「りゅうてつ」を利用しました。

 

JRの新松戸駅の改札からまっすぐ進んだ路地の先が幸谷(こうや)駅。

f:id:massneko:20200903180618p:plain

 

起点はひとつ南の馬橋駅常磐線と一駅分並走ですが、こちらは裏路地の雰囲気。

f:id:massneko:20200903180834p:plain

 

流山鉄道の駅数は6つ。

f:id:massneko:20200903181102p:plain

 

こちらが終着駅の流山ホーム。 

f:id:massneko:20200830235458p:plain

 

自販機も電車使用。

f:id:massneko:20200830235520p:plain

 

ホームの先には車庫が。 

f:id:massneko:20200830235544p:plain

 

外へ出て、駅舎を。 

f:id:massneko:20200830235607p:plain

 

博物館へは車庫に沿った道を進みます。途中には車庫入口。 

f:id:massneko:20200830235639p:plain

 

エアコンの部品が積まれていました。 

f:id:massneko:20200830235659p:plain

 

パンタグラフも。

f:id:massneko:20200830235726p:plain

 

駅南側の跨線橋から。 

f:id:massneko:20200830235801p:plain

 

そこから右に目を移すと、高台に流山市役所。造成中の広い土地がありました。

f:id:massneko:20200830235839p:plain

 

背面の南側、馬橋方面。流山鉄道は単線です。

f:id:massneko:20200830235901p:plain

 

南西側に線路跡のような道が。地図を見るとこの先にキッコーマンの工場があります。

f:id:massneko:20200830235928p:plain