墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

熊野摩崖仏 大分県豊後高田市田染平野

熊野摩崖仏の駐車場(胎蔵寺)へは真木大堂から車で5分ほど。改めてグーグルアースを見ると結構山深いところにある。

 

駐車場脇の窓口で拝観料300円を納め、沢沿いの参道を上がっていく。速足で10分程度だったが最後が急登で息が切れた。

f:id:massneko:20200630120703p:plain

 

ときどき参道を沢蟹が横切るので、踏まないように気を付けた。 

f:id:massneko:20200630120730p:plain

 

この鳥居から傾斜がきつくなる。 

f:id:massneko:20200630120751p:plain

 

自然石を積んだ石段には、鬼が築いたとの伝説がある。

f:id:massneko:20200630120814p:plain

 

吹き出す汗をぬぐいながら登った先に摩崖仏。

f:id:massneko:20200705161714p:plain


微笑んでいるかのようなお不動さん。

f:id:massneko:20200630121011p:plain

 

現地の解説板。 

f:id:massneko:20200630120943p:plain

熊野摩崖仏
所在地:豊後高田市大字平野字登尺
国史跡指定:昭和30年2月15日
重要文化財指定:昭和39年5月26日
解説
大岩に刻まれた仏は向かって右が大日如来、左が不動明王で、熊野摩崖仏とよばれている。
大日如来は、6.8m、如来にふさわしい端正な顔形で、頭部上方には3個の種子曼荼羅が刻まれている。
不動明王は、8m、憤怒相ではなく柔和な慈悲相であるのは他の石仏にみられない珍しい例である。
六郷満山諸勤行注進目録や華頂要略などにより摩崖仏は藤原時代末期(約900年前)の作と推定されている。
厚肉彫りの雄大、荘厳な摩崖仏であるため国指定史跡でありながら美術工芸品としての価値が高いものとして国の重要文化財指定を併せ受けたものである。
伝説では、摩崖仏は養老3年(718)仁聞菩薩が設立したと伝えられ、近くの山中には「御所帯場(ごしょたいば)」とよばれる作業時の宿泊跡がある。また参道の自然石の乱積石段は鬼が一夜で築いたと伝えられる。
熊野摩崖仏管理委員会 宗教法人熊野社

 

平安末期に彫られ、900年も風雨にさらされてきたにもかかわらず、しっかりと残っている。

f:id:massneko:20200630121032p:plain

 

 横から見てもしっかりわかる。浮彫りや線刻ではなく、立派な石造。

f:id:massneko:20200630121052p:plain

 

不動明王のすぐ右、少し高い位置に大日如来。 

f:id:massneko:20200630121247p:plain

 

螺髪までしっかり残る。こちらの方が不動明王より前に彫られている。

f:id:massneko:20200630121118p:plain

 

荘厳だが、口元の印象が不動明王とくらべると冷たい感じか。

f:id:massneko:20200630121224p:plain

 

さらに少し石段を上がると熊野神社

f:id:massneko:20200630121323p:plain

 

下りの石段は慎重に降りた。 

f:id:massneko:20200630121424p:plain

 

熊野摩崖仏から国道へ向かう途中、遠くに勇壮な山が見えたので車を停めて一枚。

f:id:massneko:20200630121451p:plain

 

由布岳か。 

f:id:massneko:20200630121517p:plain

 

そのまま国道10号を北西に上がって宇佐市に入り、大分県立歴史博物館を訪ねた。

入ってすぐに、今みたばかりの大日如来の原寸レプリカ。

f:id:massneko:20200630121629p:plain

 

頭の上の曼荼羅もわかる(曼荼羅だけのレプリカが手前にも)

f:id:massneko:20200630121743p:plain

 

県立博物館にあった熊野摩崖仏の解説。 

f:id:massneko:20200630121811p:plain

熊野摩崖石仏については、安貞2年(1228)の記録に「本尊不動尊、五丈石身、深山、真明如来の自作」「本尊大日、五丈石身、深山、同尊種子岩切顕給也」とあり、不動・大日の両像が少なくとも鎌倉初期の頃までには存在していたことが明らかである。大日如来は、螺髪を刻むなど偉容の点から、むしろ通常の如来形を示しており、これは新仏教である天台密教が、その教義を流布させるために、なじみやすい旧仏教の如来諸仏をその主尊である大日如来に見立てたためとも考えられる。大日如来が、大粒の螺髪など、大陸系の摩崖仏を思わせるような大づくりで明快な像容を示しているのに対して、不動明王の方は、省略的でむしろ柔和な相貌をしており、両者の間には時代的な隔たりがみられる。いずれにせよ、国東半島における熊野修験発祥の地に、天台密教の主尊である大日如来修験道本地仏不動明王が並んで刻まれるのは象徴的である。