墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

近つ飛鳥風土記の丘(一須賀古墳群)その2 D-4号墳 大阪府南河内郡河南町東山

前回のつづきの、近つ飛鳥風土記の丘めぐり。

D支群沿いの園路を登った先に、大きな円墳があった。

f:id:massneko:20201126105853p:plain

 

「D4号墳」との表示もある。

f:id:massneko:20201126105826p:plain

 

南へ回り込むと横穴式石室が開口していた。

f:id:massneko:20201126110058p:plain

 

説明板も。古墳群中で最大規模の石室だった。

f:id:massneko:20201126105928p:plain

D-4号墳
このD-4号墳は、径25m・高さ2.3mを測る円墳で、石室は右片袖。羨道(通路部)の長さ5.8m・幅1.5m・高さ1.6m、玄室(奥室部)の長さ3.9m・幅2.5m・高さ3mと、古墳群の中で最大級の規模を誇ります。石棺・木棺を交え4体以上が順次葬られ、金銅製飾金具・かんざしなど渡来系の特色ある遺物が副葬されていました。6世紀後半の築造です。 

 

羨道部は高さ1.6mあり、入室しやすい。 

f:id:massneko:20201126110035p:plain

 

玄室へ。ぶれました。

f:id:massneko:20201126110144p:plain

 

高さ3mもある大きな玄室。

f:id:massneko:20201126110223p:plain

 

天井石も巨大。

f:id:massneko:20201126110250p:plain

 

奥壁を背にして。

f:id:massneko:20201126110412p:plain

 

大きさがわかりやすいように人を入れました。

f:id:massneko:20201126110502p:plain


羨道部にて、開口部を。

f:id:massneko:20201126110530p:plain

 

この時点で15時前。秋の陽射しが傾き始めていたので先を急ぎました。

f:id:massneko:20201126110551p:plain