墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

くにの松原海岸・JR志布志駅  鹿児島県曽於郡大崎町益丸・志布志市志布志町志布志

神領古墳群から国道488号に戻って志布志駅の方向へ進むと、すぐ右手に海岸入口の標識があったので立ち寄ってみた。 

 

右折するとすぐに松原が広がった。

f:id:massneko:20200517110658p:plain

 

「道の駅くにの松原おおさき」のサイトの説明によれば、救仁の松原(くにのまつばら)は日南海岸国定公園に含まれ、志布志湾に面して全長7㎞続いているそう。約240年前の江戸時代に、防風・防砂林としてに住民によって植栽されたもので、現在もクロマツの植栽が続いているとのこと。
昔は松原の中心地を救仁(くに)と呼んでいたことから昭和56年に命名された。海岸はウミガメの産卵でも知られるそうだ。

http://www.osakikankou.com/introduction/%E7%99%BD%E7%A0%82%E9%9D%92%E6%9D%BE/

 

幹は一様に、海岸から陸側に傾いている。

f:id:massneko:20200517110802p:plain

 

松林の横幅は、砂浜までの800mほど続いていた。砂浜の手前が丘状になっている。

f:id:massneko:20200517110831p:plain

 

そのあたりから振り返って。

f:id:massneko:20200517110733p:plain

 

丘を越えると、志布志湾が端から端まで見渡せた。 

f:id:massneko:20200517110446p:plain

 

気持ちいーい。

f:id:massneko:20200517110544p:plain

 

広い砂浜。北東方向。

f:id:massneko:20200517111118p:plain

 

中央は、枇榔島(びろうじま)というそうです。

f:id:massneko:20200517111203p:plain

 

波が引いたあとは鏡のよう。ミニ・ウユニ湖? 

きめ細かい砂は、シラス台地という土壌のせいだろうか。

f:id:massneko:20200517111505p:plain

 

南西方向。奥は標高900mほどの国見岳。 

f:id:massneko:20200517111542p:plain

中央奥、湾の中に「志布志国家石油備蓄基地」の人工島がある。

 

43基のタンクに、国内消費量の9日分の原油を備蓄しているそうだ。

http://www.pref.kagoshima.jp/ao01/chiiki/bariafuri-oosumi/sibusikokkasekiyubitikukiti.html

 

まっすぐ歩いたつもりが、かなりくねっていた。 

f:id:massneko:20200517111011p:plain

 

その後にJR志布志駅に立ち寄った。

f:id:massneko:20200517111818p:plain

住所は、志を6回も書く。 

 

駅舎を背にして。

f:id:massneko:20200517111845p:plain

 

ホームの様子。 

f:id:massneko:20200517111916p:plain

 

駅名表示板。 

f:id:massneko:20200517111944p:plain

 

日南線の終着駅。 

f:id:massneko:20200517112015p:plain

 

本数は少ない。次の機会にはこの線で3時間の旅をしたい。 途中の町にも寄ってみたい。

f:id:massneko:20200517112135p:plain

 

駅前の観光地案内。

f:id:massneko:20200517111708p:plain

 

横瀬古墳や唐仁古墳群も載っていた。 

f:id:massneko:20200517111754p:plain

 

種田山頭火が滞在した町でもあるそうだ。

f:id:massneko:20200517112232p:plain