墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

今城塚古墳・墳丘 大阪府高槻市郡家新町

前回エントリの埴輪列は、墳丘左側の内堤外縁に並ぶ円筒埴輪の向こう側に。

f:id:massneko:20201018201452p:plain

 

内堤の内縁の円筒埴輪列、その向こうに墳丘。前方部左裾側。

f:id:massneko:20201018201707p:plain

 

後円部側を。

f:id:massneko:20201018201550p:plain

 

今城塚古墳は全体が古墳公園となっていて、墳丘に上がることもできる。

墳丘左側の周堀から前方部側を。左に造り出しが見える。 

f:id:massneko:20201018201619p:plain

 

公式サイトによれば、国史跡に指定されたのは昭和33年(1958)
指定面積は8.5haで、高槻市は約50年間をかけ、国や府の支援を受けながらほぼ全域を公有化したそうだ。

墳丘長は190mだが、二重の濠を含めた総長は約350m、総幅約360mを測り、531年に没した第26代継体天皇の真の陵墓と考えられている。

今城塚の名は、戦国時代に城砦であったことに由来するとのこと。

史跡 今城塚古墳とは/高槻市ホームページ

 

今城塚古代歴史館にあった100分の1模型。前方部が先端に向かって大きく開く形で、堀も末広がり形になっている。

f:id:massneko:20201018194601p:plain

 

模型は千葉県佐倉市歴博にも。 

※画像は google photo 経由なので、PCでしか見られません。

 

今残る墳丘には結構凸凹が。

f:id:massneko:20201018201738p:plain

 

後円部へ上がって、

f:id:massneko:20201018201849p:plain

 

墳丘には樹木が繁っているので眺望はその間からのみ。 後円部墳頂から南方向。

f:id:massneko:20201018201940p:plain

 

振り返っての前方部方向。

f:id:massneko:20201018202008p:plain

 

稜線上に園路が整備されているが樹木や表面の凸凹の多さにより、前方後円形の形を把握することは難しかった。

f:id:massneko:20201018202037p:plain

 

このあたりが前方部墳頂。

f:id:massneko:20201018202107p:plain

 

前方部墳丘から先端部側。堀のこちら側には水が張られている。 

f:id:massneko:20201018202130p:plain

 

墳丘の右側面。すぐ先が造り出し。今城塚古墳には、くびれ部にほぼ左右対称に造り出しがある。 

f:id:massneko:20201018202155p:plain

 

堀に降りれるので、その広さを実感できる。

f:id:massneko:20201018202349p:plain

 

上記の背面、堀の前方部側。 

f:id:massneko:20201018202418p:plain

 

水を湛えた部分とは柵でしっかり隔てられている。整備が行き届いているので、小さなお子さん連れでも安心。

f:id:massneko:20201018202447p:plain

 

墳丘右側面の内堤から後円部方向。

f:id:massneko:20201018202514p:plain

 

堤のカーブが美しい。 

f:id:massneko:20201018202658p:plain


そこから左へ目を移して。中央がくびれ部から出た造り出し。

f:id:massneko:20201018202729p:plain

 

前方部側へ移動して。

f:id:massneko:20201018202802p:plain

 

内堤の外側に、外堤が残る。 

f:id:massneko:20201018202825p:plain

 

内堤はかなり幅広い。 木陰が気持ちよかった。

f:id:massneko:20201018202852p:plain

 

前方部右裾側の内堤角。

f:id:massneko:20201018202926p:plain

 

前方部先端側の堤上から墳丘右側の堀を。左が前方部で中央奥が後円部。

f:id:massneko:20201018202954p:plain

 

前方部先端側の内堤上。 

f:id:massneko:20201018203032p:plain

 

前方部左裾側の角。 

f:id:massneko:20201018203100p:plain

 

墳丘左側の堀を。 

f:id:massneko:20201018203234p:plain

 

こちらは前方部先端側の堀を、左裾側の堤から。

先端は一直線ではなく、微妙に外側に膨らんでいるのが確認できた。

f:id:massneko:20201018203328p:plain

 

古墳公園にしては結構人出があり、日頃から親しまれている墳丘であることがよく実感できた。