墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

玖珠郡教育会館(旧玖珠税務署) 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足

 亀都起(きつき)古墳の次は、旧豊後森機関庫を目指したが途中で道に迷い、大廻りしていたところで素敵な建物に出会った。

 

木造2階のようだが背が高い。道路が少し切通し気味だったので、余計に高く感じた。

f:id:massneko:20200724214358p:plain

 

玄関脇の大きな表札には「玖珠郡教育会館」と。

f:id:massneko:20200724214433p:plain

 

1階と2階の窓の間にはエンブレム。 

f:id:massneko:20200724214453p:plain

 

玄関口の様子。 

f:id:massneko:20200724214533p:plain

 

軒の支える金具も軽やかなデザイン。

f:id:massneko:20200724214558p:plain

 

玄関に向かって左側に、壁を外側で支える三角の構造体があった。フライングバットレス

 f:id:massneko:20200724214618p:plain

 

振り返った道路の向こうでは火災の跡。

f:id:massneko:20200724214712p:plain

 

背面側の様子。

f:id:massneko:20200724214637p:plain

 

検索すると、下記のサイトに行き当たった。

 

旧玖珠税務署で、設計者・施工者は不詳だが竣工は1934年の昭和一桁。
縦に並んだ上げ下げ窓は建築当時流行した様式とのこと。外観は正面右側にあった外階段を撤去した程度で、原型をよく留めているそうだ。 

http://www.arch.oita-u.ac.jp/a-kou/moku/mokuzoukentikuDB/kensaku/seibu-area/kusu/kusuzemusyo/index.htm

 

ストリートビューを見ると、白い下見板張りの外壁が青空によく映えていた。