墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

安土瓢箪山古墳 滋賀県近江八幡市安土町

今回で昨年11月の東近江古墳旅最終回。

最後に訪ねた古墳は、滋賀県最大規模(全長136m)の前方後円墳で、雪野山古墳と同じく古墳時代前期に築かれた国史跡・安土瓢箪山古墳。

 

繖山北側の山裾丘陵先端に立地。

 

大己貴神社南側の国道沿いに、古い解説板の立つ入口があった。

f:id:massneko:20200318092538p:plain

瓢箪山古墳
全長162m、後円部径90m、前方部幅70mの前方後円墳で尾根の先端を利用した古い形式のものである。後円部には、主軸に直行して3基の竪穴式石室がつくられ、そこには鏡、石製品、筒形銅器、銅鏃、玉類などのほかに多くの鉄器類が副葬されていましたし、また前方部の2基の箱式棺からも石釧、玉類が発見されている。
昭和10、11年に発掘調査され、昭和32年に国の史跡に指定された。

 

上記には全長162mだが、滋賀県文化財保護協会の解説では全長136mとあった。1936年に発掘調査され、1938年に報告書が刊行されているそうだ。

 http://shiga-bunkazai.jp/%E6%96%B0%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%90%8D%E6%89%80%E5%9C%96%E6%9C%83-%E7%AC%AC281%E5%9B%9E%E3%80%80%E7%99%BA%E6%8E%98%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%8B%E3%82%8980%E4%BD%99%E5%B9%B4%E3%80%81%E5%AD%A6%E5%8F%B2/

 

急登の階段を上がって振り返る。

f:id:massneko:20200318092622p:plain

 

上がった先が後円部テラスのようだった。

f:id:massneko:20200318092646p:plain

 

樹林が繁っていて眺望は無く。

 

背後にそびえる繖山(観音寺山)

 

墳丘の形も把握が難しかった。

 

気になる石材も。

 

左側が前方部?

 

古墳が築かれた時代は湖であったであろう平地に出て、西側から繖山を遠望。

f:id:massneko:20200318092950p:plain

 

その山裾のズーム。

この丘の上に安土瓢箪山古墳がある。

直前に築かれた雪野山古墳(4世紀前葉)からは、繖山の稜線によって見えない位置関係になる。 

 

パノラマで。左の小山に安土城が築かれた。

 

近江八幡には藤森照信が手掛けた建築で、たねやグループのフラッグシップ店、ラ・コリーナ近江八幡がある。

目の前まで行ったが、帰りの新幹線の時間が迫っていたのでここで引き返した。

https://taneya.jp/la_collina/

 

琵琶湖線安土駅を過ぎたあたりの車窓。

中央に滋賀県安土城考古博物館。館内には安土瓢箪山古墳の石室レプリカや、雪野山古墳の展示もあるそうだ。この日は休館日だったので次の機会に訪ねたい。

背後の山が安土山で、写真では切れてしまったこの右(博物館から900m南)に安土瓢箪山古墳がある。

 

その直後に虹が見えた。

 

彦根の手前で左側に見えた荒神山。山の上には国史跡・荒神山古墳群(4世紀末)がある。

 

荒神山は、6年前に琵琶湖側から見た。

f:id:massneko:20141019135159j:plain

https://massneko.hatenablog.com/entry/2014/10/24/120200 

 

米原駅に着いて、乗り換え時間で喫茶店で軽食を。東口は閑散としていた。

 

充実の2日間でした。