墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

稲荷塚古墳(再訪) 埼玉県比企郡嵐山町菅谷

埼玉県立嵐山史跡の博物館と国道を挟んで北側に稲荷塚古墳がある。

 

西側からアプローチ。 

f:id:massneko:20210414223829p:plain


そのすぐ北側は嵐山町立菅谷中学校。

f:id:massneko:20210414223844p:plain

 

回り込んだ東側に説明板。

f:id:massneko:20210414223915p:plain

f:id:massneko:20210414223930p:plain

嵐山町指定史跡 稲荷塚古墳
(指定 昭和36年10月1日)
かつてこの古墳の上に稲荷社があったので稲荷塚と呼ばれています。周辺には多数の古墳群が存在しましたが、今ではこの古墳を残すのみとなっています。
現存する墳丘の規模は、東西20m、南北16m。現況では円墳と予想されますが、全体に地形が南へ傾斜しており、稲荷社があったことなどから、墳丘は原形が大きく損なわれているものと思われます。また、墳丘の裾を調査したところ、人の拳大の礫が多数検出されたので、本来は墳丘全体を葺石が覆っていたと考えられます。
古くから開口していた石室は、平成元年に発掘調査を実施し、石室内の土砂の除去と羨道部の形状確認を行いました。その後、関係者が協議して史跡の保存と活用のために復元整備工事を実施したのが現在の石室の姿です。
主体部の横穴式石室は、本来は羨道部、前室、玄室によって構成されていたものと考えられますが、羨道部はすでに破壊され現存していません。
石室は、三味線の胴に例えられる胴張りをもつ平面プランを呈し、結晶片岩の扁平な割り石の小口積みで構成する側壁、同じく片岩の大きな一枚岩で構成する奥壁と天井部に特徴があります。このような石室は、都幾川左岸の菅谷台地に狭い分布を示す地域的な特色です。
奥の玄室は、奥行3m、最大幅2.7m、天井部まで高さは2.5m。棺を置く面は、大きな玉石を並べた上に扁平な自然礫を敷き詰めたものであったと考えられます。
手前の前室は、奥行2.7m、最大幅は2.5m、側壁は半ば崩壊していましたが、玄門部や天井部の岩など、残されていた部材から復元することができました。高さは1.8mで玄室よりも0.7m低くなっています。
主体部からは古墳の埋葬に関わる遺物は出土しませんでした。ただ、前室の側壁の崩壊が特にい激しかった東側の床面から中世の人骨が出土しています。石室は少なくとも中世には盗掘され、副葬品などはすべて持ち去られてしまったのだと考えられます。

 

左側、民家側に開口部があります。

f:id:massneko:20210414224006p:plain


鉄格子の向こうに美しい石室が残っています。

f:id:massneko:20210414224021p:plain

 

前室の奥に玄室。

f:id:massneko:20210414224256p:plain


しゃがんで、フラッシュを炊くと、縦長の奥壁が写りました。

f:id:massneko:20210414224108p:plain

 

奥壁をズームで。

f:id:massneko:20210414224143p:plain

 

向かって右側の前室側壁。

f:id:massneko:20210414224205p:plain

 

左側。

f:id:massneko:20210414224222p:plain

 

教育委員会にお願いすれば内部も見学できるようです。昇寛さんのサイトにて、見事な玄室内部の画像が見られます。

嵐山町稲荷塚古墳 : 埼群古墳館別館

 


ここは古墳巡りを始めたころに親子で訪ねた古墳でした。墳行につきあってくれた当時小3の息子はもう高2です。

massneko.hatenablog.com