墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

八坂の塔~清水寺 京都府京都市東山区

祇園閣からは「ねねの道」を南にゆっくりそぞろ歩き(家族タイム)

途中で団子と抹茶をいただいたりしながら。

 

石塀小路を覗いたところ。 歩いて通り抜けましたが、いたるところに撮影禁止の札が貼ってありました。以前は歩けないほどの観光客だったのでしょう。

f:id:massneko:20201031233255p:plain

 

高台寺南門通りを右折して、下河原通りへ入り、八坂の塔の下へ。

f:id:massneko:20201031233427p:plain

 

そこから振り返った西方向。着物の方が結構おられて華やかな雰囲気でした。

f:id:massneko:20201031233343p:plain

 

八坂の塔の方、八坂通りを進みます。

f:id:massneko:20201103123604p:plain

 

途中で左手に二年坂。先ほどの「ねねの道」を直進すると、一年坂~二年坂を経てここに合流します(そちらの方が近道)

f:id:massneko:20201103123840p:plain

 

三年坂(産寧坂)を上がると階段に。

f:id:massneko:20201031233544p:plain

 

土産物屋が並ぶ清水坂を登っていくと清水寺

f:id:massneko:20201031233652p:plain

 

仁王門から振り返って。 

f:id:massneko:20201031233744p:plain

f:id:massneko:20201031233826p:plain

 

その先で拝観料を納めて舞台へ進むと、大掛かりな工事の最中でした。

f:id:massneko:20201031233847p:plain


奥の院は回ると、舞台の様子がわかりました。懸造(かけづくり)の構造は見えませんでしたが…

f:id:massneko:20201031233904p:plain

 

こちらのサイトによれば、檜皮葺の大屋根も含めた数年がかりの工事だったようですが、2021年の春には完了となるようです。

清水寺の改修工事11月最新情報(写真と動画で詳しく説明) | 京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】

 

奥の院から仁王門へ戻ると、日が沈むところでした。

f:id:massneko:20201031234049p:plain

 

左端に京都タワーが写っています。夜景も綺麗なのでしょう。

f:id:massneko:20201031234030p:plain