墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

東京三田再開発プロジェクト(三田東急アパートメント跡) 東京都港区三田4丁目

5年前のエントリに寄せていただいたコメントで、三田東急アパートメントがあった場所で再開発工事が進んでいることを知った。

 

グーグルアースでは今も建物が写っている(2020年10月時点。元和キリシタン遺跡の左側)

 

三田駅から聖坂を上がると、空が開けていた。

f:id:massneko:20201003080147p:plain

 

今なお建築途上の蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

f:id:massneko:20201003080218p:plain

 

聖坂沿いには、在日クウェート大使館がある。建物は丹下健三が設計、1970年竣工。

f:id:massneko:20201003081231p:plain

 

その向かい側に、長さ130mほどの仮囲い。

f:id:massneko:20201003080252p:plain

 

開いていた工事用車両出入り口を。

f:id:massneko:20201003080327p:plain

 

住友不動産による「エリアを一変させる大規模面開発」が進行中。既存街区4600坪に新街区9100坪が加わって、計1万4000坪。

f:id:massneko:20201003080409p:plain

東京三田再開発プロジェクト|日本のビジネスを牽引する大規模オフィスタワー|住友不動産の賃貸オフィス・賃貸事務所

 

聖坂沿い仮囲いの南端。

f:id:massneko:20201003080442p:plain

 

2年前の大体同じ位置から。 大きな建物がまだ存在していた。

f:id:massneko:20201003103742p:plain

 

5年前も無人だったが、地上部分は有料駐車場として機能していた。


こちらのブログによれば、竣工した1957年当時は日本最大規模193戸の集合住宅だったが2009年3月に「老朽化」で閉鎖されたそうだ。

三田三・四丁目再開発地区(三田東急アパートメント) - 廃墟検索地図

 

10年もそのまま建っていたが、工事が始まると無くなるのはあっという間。

f:id:massneko:20201003080614p:plain

 

聖坂側には地上9階の住宅棟が建つ。完成は4年後。

f:id:massneko:20201003080524p:plain

 

以前からあった既存街区への細道。

f:id:massneko:20201003080551p:plain

 

かつて横には、壁面が波打つ9階建てがあった。

f:id:massneko:20201003103830p:plain

 

既存街区に建つ「三田ツインビル西館」は43階建て、高さ179.3m。

f:id:massneko:20201003080639p:plain

 

細道の先はエレベータ。 

f:id:massneko:20201003080705p:plain

 

エレベータ前の橋上から。 

f:id:massneko:20201003080804p:plain

 

5年前に同じ橋上から。

 

地上に降りて、クウェート大使館を。 

f:id:massneko:20201003080934p:plain

 

国道15号の札ノ辻交差点に架かる歩道橋上から。

こちら側の街区には、新たに高さ215mのビルが建つそう。

f:id:massneko:20201003081005p:plain

 

クウェート大使館が望めるのは今だけ。

f:id:massneko:20201003081109p:plain

 

ズームで。 

f:id:massneko:20201003081147p:plain