墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

円山古墳(国史跡・大岩山古墳群:桜生史跡公園) 滋賀県野洲市小篠原

前回のつづき。

近江八幡で車を借りて最初に訪ねた古墳は、野洲市の桜生(さくらばさま)史跡公園。

 

この周辺、大岩山の麓に展開する古墳群は国の史跡に指定されている。

国史跡 大岩山古墳群
桜生(さくらばさま)史跡公園
大岩山古墳群は、野洲市冨波(とば)・辻町・小篠原(こしのはら)一帯の大岩山丘陵を中心に立地し、冨波古墳・古冨波山古墳・大塚山古墳・亀塚古墳・天王山古墳・円山古墳・甲山古墳・宮山2号墳の8基が国史跡に指定されています。
ここ桜生には全長50mの前方後円墳である天王山古墳、直径28mの円墳である円山古墳、直径約30mの円墳である甲山古墳があり、いずれも近江を代表する後期古墳です。
古墳の一部が崩れたために平成6年(1994)から文化庁滋賀県教育委員会の補助を受け、保存のため発掘調査と整備を行い「桜生史跡公園」として公開することになりました・
平成11年(1999)3月 

 

すぐ脇を東海道新幹線が通る。 

月曜日だったので案内所は休館。駐車場にもチェーンが掛かっていた。

甲山古墳墳丘土層剥ぎ取り展示/遺物複製展示/大岩山古墳群写真パネル展示/古墳紹介ビデオ上映/円山古墳石室映像

http://www.city.yasu.lg.jp/gyousei/soshiki/map/bunka/1454461763198.html 

 

公園なので園路があって見学しやすい。 

 

スロープに導かれて墳丘へ。

 

最初に現れたのは円墳の円山(まるやま)古墳。

 

階段が整備されていて登りやすい。

 

上から振り返った東方向。希望の丘スポーツプラザのゴルフ練習場の網が写っているが、その打席建物のすぐ前に、宮山2号墳がある。

 

墳頂にあった周辺地図によれば、ゴルフ練習場の位置にもかつては前方後円墳(宮山1号墳)があったようだ。

すぐ近くでは弥生時代の銅鐸が24口(日本最大の銅鐸:144㎝・45㎏を含む)が、東海道新幹線建設のための土取り工事中に出土しているので、削平跡地が練習場になったのかも知れないが。

 

円山古墳の広い墳頂は標高126mで、平地部との比高差は30mほどある。

直径28m・高さ約8mの円墳で、6世紀初頭の築造と考えられている。

 

手すり際にあった写真パネルにはいくつかの古墳名が書かれていたが、直接に記された大塚山古墳以外は矢印が短くてどこがそれにあたるのかわからなかった。 

 

現状は樹々が伸びていて、眺望はところどころにしかなかった。

 

 

ぎりぎり見えた南西側、草津方面。

 

新幹線が通ったタイミングでズームして。

 

西北西方向。

 

上記中央のズーム。島のように見えるのは生和神社の森で、その陰に亀塚古墳や冨波古墳がある。

 

登った側の反対側(南側)の階段を降りた。

 

降りた柵の左下には中山道が通っていた。

 

右を見ると、施錠された石室開口部が!

 

階段下にあった説明板。

円山(まるやま)古墳
野洲町大字小篠原字大岩山4番の1
大岩山から北西に延びる丘陵上に位置する直径28m、高さ約8mの6世紀はじめに造られた円墳で、墳頂は標高126.3mを測ります。
西側に入口を持つ石室は、奥に向かって天井石が1石ずつ階段状に低くなり、床も斜めに下がる約6mの通路(羨道)があります。
部屋(玄室)は、奥壁に向かって左側に袖を持ち、長さ4.3m、幅2.45m、高さ3.1mを測り、床には玉石が敷き詰められています。
玄室入口側に、長さ2.85m、幅1.43m、高さ1.83mの熊本県阿蘇凝灰岩をくり抜いた家形石棺があります。調査により蓋の縄掛突起は長辺部に2対だけでなく、短辺部にも1対あることがわかりました。また、その奥壁に沿って、二上山産出の凝灰岩でつくられた印籠型の受け部を持つ組合わせ式家形石棺もみつかりました。
盗掘を受けてはいたものの、石室からや約10,000点のガラス玉、鉄製冠の立飾、銀製の耳飾などの装身具類、装飾をこらした刀類、鉄矛、鉄鏃、挂甲などの武器や武具、馬具などが出土しました。
2001年3月 野洲教育委員会

 

中を覗き込むと明かり灯った。

 

羨道幅ぎりぎりの大きな石棺は家形で高さ1.83mもある。

大迫力。石材は阿蘇凝灰岩。

 

開口部から南側斜面を。

 

墳丘の下へ向かう園路から。写真の下3分の1から上が墳丘。

 

下から見上げた開口部。