墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

権現山古墳 茨城県那珂郡東海村大字村松

東海村の権現山古墳は、前回の真崎古墳群の西200mほど、東海駅から歩くと25分ほどの場所にある。

 

県道284号「いちょう通り」が丘陵尾根を越えるところに、墳頂への鳥居が。

 

道路側に後円部を向ける権現山古墳は、全長87mの前方後円墳

 

道路沿いにあった説明板。

東海村指定文化財(記念物・史跡)
権現山古墳(前方後円墳
昭和61年3月5日指定
この古墳は全長約87m、後円部直径約45m、高さ5.5mの南西に面する前方後円墳である。現在は周辺部が住宅によって変形しているが、後円部の西裾部に周隍(しゅうこう:からぼり)が僅かに認められる。かつては墳丘の裾に幅の広い隍(ほり)が存在した。本墳は江戸時代に著された水府志料に記録があり、以来広く知られた古墳である。本村最大の古墳であることはもちろんであるが、墳丘をめぐる円筒埴輪に特徴があり、県下唯一の格子目タタキを認めることができる。
5世紀中葉に尾根を利用して築造されたもので、久慈川流域の古運を理解する上できわめて重要な歴史的意義を持つと思われる。
昭和61年5月 東海村教育委員会

 

実測図部分。北は左上。 

 

前方後円形はグーグルアースでよくわかる。 

 

鳥居をくぐって墳丘へ。

 

急な石段を上がる。

 

その先は木の根の斜面。

 

上から振り返った鳥居。

 

後円部墳頂の社に参拝。 

 

後円部上には柵で囲まれた古木があった。

 

道路沿いにあった説明板によれば、東海村指定天然記念物のヤマザクラ

東海村指定文化財(天然記念物)
ヤマザクラバラ科
平成元年3月6日指定(第18号)
ヤマザクラは落葉の高木で、通常樹高は15~20m、胸高直径50~60cmである。樹皮は暗褐色で横に剥がれる。花は4月に若葉と同時に開き、花弁は5枚で微紅色や白色のものなどがあり、径2.5~3cmで、6月に種子が形成される。陽樹で常に充分な陽光を必要とし、生長は早い。宮城県以南の本州から四国、九州に分布する。
このヤマザクラは地上約1.4mのところで分岐し、3本の主軸を形成している。東側、西側、南側の枝張りがよく、種子の生産も良い。樹勢、樹姿ともに優れた大木である。
平成元年12月 東海村教育委員会

 

前方部側を見ると、細道が。

 

尾根上には樹木があるので斜面を進む。

 

鞍部から振り返った後円部。

 

前方部側には大きな木が。

 

前方部墳頂の巨木。

 

その根元が前方部。

 

木の脇から振り返った後円部方向。

 

鞍部から右裾に降りる細道もあった。

 

道路へ出て振り返って。

 

墳形に沿う道路。ミラーの向こうがくびれ部。

 

後円部に沿って進む。

 

道の反対側には鳩小屋があった。

 

県道へ戻って。

 

道を渡って北側の眺め。

 

そこから振り返った墳丘。

 

帰路は東海駅へ徒歩で。県道を降りて振り返って。

 

棚田の向こうに”細浦”が。

 

平地に降りて、権現山古墳や真崎古墳群のある丘陵を望む。

 

”駅東大通り”を上って行くと立派な村立病院が。

 

その先に造成中の広い土地。

 

広い道路を造っているところだった。

 

上記の背面。

 

 原子力関連の施設が多い。