墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

折越十日塚古墳 茨城県かすみがうら市坂

前回の坂稲荷山古墳から600mほど南西へ。この五差路から左の細道へ歩いて行った。

 

廃屋の脇を進む。

 

グーグルマップのポイントの近くをきょろきょろしていたら遠目に説明板が見えた。

ご近所の犬がよく吠えていたが、つながれているようだったので歩を進めた。

 

草むらの中、高い位置に立っていた。

市指定文化財 折越十日塚(おっこしとおかづか)古墳 一基
所在地 かすみがうら市坂字折越3518外
指定 昭和49年3月22日
前方後円墳 全長約60m、前方部高さ約4.8m・幅約30.5m、後円部高さ約6.4m・径約35m
折越の台地の端にあって、前方部を南西に向ける前方後円墳で、全体が樹木・竹林でおおわれ、墳形がよく保存されています。市内における代表的古墳のひとつで、後円部に巨大な石材の横穴式石室が確認されています。7世紀初頭に築いたものと推定されています。
かすみがうら市教育委員会

 

看板の脇、草むらの中に道が見えたような気がしたので上がってみた。

 

鞍部と思われるところに昔の看板が落ちていた。

 

後円部上に上がって見たが草むらの状況。

 

後円部上から前方部方向。

 

草をかき分けて前方部上へ。

 

小祠があったので手を合わせた。

 

前方部の先の状況。

 

前方部上から後円部方向。

 

看板のところから降りて、目の前(北西側)の畑を。