墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

大渕古墳 埼玉県秩父郡皆野町大渕

前回のつづき。

前原の不整合から300mほどで北東に進むと、道路沿いに小さな墳丘が見えてきた。

 

立て札があるのでわかりやすかった。

 

表記内容はシンプルだが。

 

右へ回り込んでいくと開口部があった。

 

目の前に奥壁。周りから石室の中まで削られた結果だろう。

 

堂々とした奥壁。

 

向かって左の側壁。巨石が使われている。ここから2.5km北東に立地する金崎古墳群の石室側壁の細かさとは対照的。

 

向かって右側の側壁。

 

奥壁前から。

 

天井石が斜めの状態なので、石に触れないように細心の注意を払った。

 

外に出て振り返って。

 

開口部の向く先は荒川。100mほどで崖になる。

 

開口部の後ろ側。かなり石が露出して、ブレス オブ ザ ワイルドのガーディアンのようだった。