読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

国立国会図書館 国際子ども図書館と、その界隈

建築物、公園、街道、坂道

寛永寺の山門を出て南へ向かうと、国際子ども図書館の荘厳な建物が現われた。

元は明治39年に東洋一の図書館を目指して建てられた帝国図書館で、設計は久留正道。

 

左に張り出した部分は昭和4年の増築。昭和24年に国立国会図書館支部上野図書館となり、その後に国際子ども図書館として改修されて平成14年に全面開館された。

建物の歴史|建物の紹介|国際子ども図書館について|国立国会図書館国際子ども図書館

 

内部撮影は閲覧室等以外で可とのこと。

入ってまず階段に目を奪われる。

 

1階から2階へは石の手すり。

 

2階から上は透かし模様のある柵だったが、ガラスの手すり板で保護されていた。

 

2階の閲覧室へのアーチ。

 

当初はロの字型の計画だったが、一辺しか造られなかった。その内側部分に全面ガラスの廊下が設けられている。 改修工事の設計は安藤忠雄

 

こちらはその上の3階。右の壁は当初の外壁になる。中には”本のミュージアム”がある。

施設の紹介(ギャラリー)|建物の紹介

 

階段室の窓から望んだ東京国立博物館

 

 

先を急いでいたので室内の見学は次の機会とし、博物館動物園駅跡黒田記念館(旧東京文化財研究所)を横目に見ながら再び谷中の方へ。

 

東京藝大の赤レンガ1号館(明治13年:1880年竣工)も柵越しに眺めつつ。

 

外にも人が並んでいたカヤバ珈琲。

 

その向かいには旧吉田屋坂店(区立下町風俗資料館付設展示場)

 

資料館は敷地に入ると静かな佇まいだった。

 

店先部分だけ内部に入ることができる(無料)

かつての様子が再現され、周辺の案内パンフ等が置かれていた。

 

勝手口(?)は普通に昭和だった。

 

実はこの後、ヒマラヤ杉を通って台地下の蒲生君平墓(臨江寺)を訪ねたのでした。