読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

西品川公園 東京都品川区西品川1-8

建築物、公園、街道、坂道

戸越商店街の店での飲み会があり、帰途に東端まで歩いた。

新幹線のガードの辺りは店もまばらになり、その先の国際ハイヤーのビルの隣に公園があった。

品川大崎地区の公園|品川区によれば、この「西品川公園」は広場型公園で、道路より高くなった園内には、遊戯・休憩ゾーンがあり、その奥にある広場は地下が雨水貯留池になっている。

 

左のフェンスの手前には砂場や鉄棒もあった。

 

ここはかつて「妙華園~明治28年から大正10年まで存在した、当時は向島百花園と双璧をなす一大フラワーテーマパーク」があったと推定されるエリア。

特別展「品川産業事始~日本を支えた近代産業群」 @品川歴史博物館・東京都品川区大井6丁目 - 墳丘からの眺め

上記のことを知って来てみたが、かつての庭園の痕跡は見当たらなかった。

 

公園を背にし、大崎駅方向へ向かう小道に入ると、建設中の巨大な鉄骨が聳える。左はJR東日本大崎寮の跡地。

夜だと構造物がより大きく見えた。

西品川一丁目地区市街地再開発事業(2016年10月時点)