墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

惣田塚古墳 大分県日田市琴平町

この日(3月26日)の朝、天ヶ瀬温泉の宿に帰る前に最後に寄ったのがこちらの惣田塚古墳。三隈川支流の高瀬川の右岸、サッポロビール日田工場北側の台地下に立地。 

 

県道からも説明板が見えていた(画面中央の四角)

f:id:massneko:20210405124748p:plain

 

東隣が民家だったので、こちらの畦道から入らせていただいた。

f:id:massneko:20210405124813p:plain

 

まっすぐ進んで説明板前に到着。 

f:id:massneko:20210405150204p:plain

惣田塚古墳
日田市琴平町983番地
この古墳は横穴式石室を持つ円墳で、築造時期は古墳時代後期の7世紀のはじめ頃のものと考えられる。
現在は、南北約13m、東西12m、高さ3mの墳丘を残し、羨道部は破壊されて存在しない。入口は、南に開口しており、内部は玄室と前室からなる。玄室の奥壁から前門までは5.1m、両室とも天井石は扁平の一枚岩を使用している。天井石から現在の床面までは1m前後しかないことから内部は土により埋没していると考えられ、玄室の東側は一部破壊されている。
これまで発掘調査は行われていないため、出土遺物は不明である。
平成元年11月22日 日田市史跡指定
日田市教育委員会 

 

石室石材が露出した墳丘を横から。 

f:id:massneko:20210405124856p:plain

 

開口部は膝高くらい。

f:id:massneko:20210405150218p:plain

 

西側から。

f:id:massneko:20210405150238p:plain

 

カメラを差し込んで撮影。

f:id:massneko:20210405150306p:plain

 

前室の側壁。

f:id:massneko:20210405150324p:plain

 

奥壁を。

f:id:massneko:20210405150348p:plain


室内の様子は額田大玉さんのサイトで見られます。

惣田塚古墳

 

開口部の背面側から墳丘を。奥にちらりと写っている橋が国道212号(バイパス)で、左の丘のほうにサッポロビール日田工場があります。

f:id:massneko:20210405151939p:plain

 

上記の背面側の北方向。三隈川までは400mほど。

f:id:massneko:20210405151958p:plain

 

すぐ近くの桜並木が朝日に輝いていました。

f:id:massneko:20210405152027p:plain