墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

本庄古墳群 28号墳(前堀塚)・29号墳(下長塚)・31号墳(京塚)・34号墳(義門寺山内塚) 宮崎県東諸県郡国富町大字本庄

ここから本庄古墳群の後半です。

街中にあった案内図(下が北)のほぼ中央、上側の赤い印の本庄小学校から右(西)側へ向かいます。

f:id:massneko:20200417143151p:plain

 

前回の27号墳・猪の塚から100m西にあった28号墳・前堀塚。

f:id:massneko:20200417184535p:plain

 

28号墳・前堀塚は本庄小学校の校庭脇に立地し、長軸を南東に向ける前方後円墳

奥が後円部で、手前の前方部右裾は校庭で少し削られている。

f:id:massneko:20200417184607p:plain

 

 グーグルアースで。「本庄古墳群」のピンの左下が28号墳。

東(右)に27号墳、北に29号墳、北東に26号墳と、前方後円墳がほぼ同じ向きで仲良く並ぶ。

 

墳裾に標柱がある。

f:id:massneko:20200417184642p:plain

 

前方部左裾から。奥が後円部。 

f:id:massneko:20200417184708p:plain

 

墳頂に上がらせていただいて、前方部から後円部を。

f:id:massneko:20200417184732p:plain

 

 後円部に移って、振り返っての前方部。

f:id:massneko:20200417184758p:plain

 

本庄小学校の校庭。 

f:id:massneko:20200417184901p:plain

 

ズームすると、標柱の立つ30号墳(溝の面塚) の一部が写った。

f:id:massneko:20200417184953p:plain

 

後円部から北方向。並木の先に29号墳・下長塚の一部が見えている。

f:id:massneko:20200417184831p:plain

 

その並木の先へ移動して29号墳を。右が後円部で左に前方部。

f:id:massneko:20200417185040p:plain

 

後円部に上がらせていただいて前方部方向を。全長は63m。

f:id:massneko:20200417185331p:plain

 

後円部の先端側。

f:id:massneko:20200417185508p:plain

 

南側には校庭。本庄小学校の子ども達は3つの前方後円墳に見守られている。墳丘は遊び場になっているのでしょう。先祖に見守られて幸せな子供たち、子孫とともにあって幸せな古墳!

f:id:massneko:20200417185426p:plain

 

前方部から後円部方向を。

f:id:massneko:20200417185241p:plain

 

前方部右裾から。右奥に後円部。 

f:id:massneko:20200417185205p:plain

 

後円部の裾に説明板があった。

f:id:massneko:20200417185138p:plain

本庄古墳群 29号墳・下長塚
全長63m、高さ約6mの前方後円墳
古墳時代中期の5世紀前葉に造られたと考えられています。
発掘調査でふき石や、円筒埴輪のかけらなどが見つかっています。
(ふき石は、古墳の表面を覆っていた石のことだよ!)

 

本庄小学校にはもう1基、北西側道路沿いに円墳があった。

f:id:massneko:20200417185926p:plain

 

31号墳(京塚) は径約35mの円墳。地下式横穴墓を有していた。

f:id:massneko:20200417190022p:plain

本庄古墳群 31号運・京塚
南北約35m、高さ約3mの円墳です。
本庄小学校の旧講堂(現体育館)建設のために南東側が削られ、旧本庄町役場があった西側が整地されたため、いびつな形になっています。
旧講堂を造る際に、古墳裾部から地下式横穴墓が見つかっています。
(昭和の初め頃までこの古墳の上に火の見櫓があったんだって!) 

 

道路反対側から。 

f:id:massneko:20200417190104p:plain

 

墳頂に上がらせていただいて北方向を。向かいには義門寺がある。

f:id:massneko:20200417190140p:plain

 

東側。墳丘が削られた部分?

f:id:massneko:20200417190210p:plain

 

31号墳の北西側の交差点にあった味のある建物。

f:id:massneko:20200417190708p:plain

 

その建物の北側は義門寺の墓地で、その中に34号墳・義門寺山内塚が残っていた。墳丘には、江戸後期に活躍した地元(本庄村犬熊)出身の幕内力士・竹縄大八郎(本名・白坂亀之助)の供養塔がある。

f:id:massneko:20200417190740p:plain

 

バス通り側に回ると34号墳の説明板もあった。 

f:id:massneko:20200417190820p:plain

本庄古墳群 34号墳・義門寺山内塚
全長約54m、高さ約3mあり、現在は墳丘がかなり削られていますが、前方後円墳です。
江戸時代の地元出身力士(大関)の竹縄大八郎の供養塔や、日露戦争の忠魂碑(1905年)などが立てられています。
(「義門寺山内塚」は、義門寺の境内にある古墳っている意味だよ!)

 

墓地を通りぬけて。

f:id:massneko:20200417190902p:plain

 

墳丘へのスロープ。 

f:id:massneko:20200417190926p:plain

 

その先に立つ供養塔。

f:id:massneko:20200417191003p:plain

 

振り返っての前方部方向(?)の北西側。

f:id:massneko:20200417191050p:plain

 

34号の標柱脇を進む。 

f:id:massneko:20200417191151p:plain

 

 その先には日露戦争忠魂碑があった。

f:id:massneko:20200417191216p:plain

 

振り返っての南東側。おそらく後円部方向。 

f:id:massneko:20200417191304p:plain

 

墳丘から北側の墓地。

f:id:massneko:20200417191511p:plain

 

後円部(?)から前方部方向を。

f:id:massneko:20200417191413p:plain