墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

普賢寺裏古墳 群馬県高崎市台新田町

前回の不動山古墳から200mほど北に、普賢寺裏古墳が残っている。

 

普賢寺の山門。 

 

お墓の方から回って墳丘へ近づいた。前方部右裾から後円部方向。

群馬県古墳総覧2017」によれば、普賢寺裏古墳は全長約77mの前方後円墳で埋葬施設は未調査。

 

パノラマで。左が前方部、右が後円部。

 

くびれ部から墳丘に上がらせていただいた。前方部から後円部方向。

 

前方部の端側。

 

前方部左裾方向。

 

お墓のある南側。

 

くびれ部上から後円部。

 

後円部墳頂に上がらせていただいた。

 

後円部から前方部。

 

後円部から北側。住宅の後ろに観音山古墳がちらりと見えている。

 

後円部から東側。

 

墳丘から降りて後円部の裾。少し崩れている場所があった。

 

後円部を先端側から。

 

墳裾で見られた石片。

 

墓地の中にも円墳を思わせる一画があった。

 

外から見た後円部。

 

そこから150m北の観音山古墳へ向かう途中、民家の敷地にある墳丘。

 

同じ墳丘を別の角度(北西側)から。グーグルマップには「綿貫町堀米内1547所在古墳」と示されていた。

こちらも「群馬県古墳総覧2017」に記載はあるが墳形は不明、埋葬施設は未調査。