墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「祈りの考古学 ―土偶・銅鐸から古墳時代のまつりへー」展 @天理ギャラリー 東京都千代田区神田錦町

今年の3月に天理市を訪ねた際、天理参考館を見学できなかったことが心残りだった。

 

豊富な考古資料を持つ天理参考館は東京にも展示室があって年に2,3回企画展を実施しており、1962年からすでに165回に至っていることを今さらながら知った。

 

そして9月28日から開催中の第165回展のテーマが「祈りの考古学 土偶・銅鐸から古墳時代へのまつりへ」であるという。これは見逃してはならないでしょう。

 

ということで、神田錦町の東京天理ビルを初めて訪ねた。

 

エレベータで最上階の9階がギャラリー。入館無料。 

 

厳かな雰囲気が漂う展示室。撮影は可だった。

 

左壁から時計回りに、縄文時代の祈り、弥生時代の祈り、古墳時代の祈りのコーナーが続く。

 

縄文期の祈りといえばやはり土偶

北海道・余市大谷地貝塚から出土した縄文時代晩期の端正な顔立ちの土偶

 

リアルな刺青があるような遮光器土偶も。眼が巨大。(青森県三戸町出土:縄文晩期) 

 

曲った鼻の土面は、こめかみあたりに孔があって着装できる”マスク”(岩手県雫石町出土:縄文晩期)

 

こちらの亀形土製品(岩手県二戸市出土:縄文晩期) は中空で孔もあり、土笛とする見方もあるそう。

 

弥生時代といえば、やはり銅剣・銅矛と銅鐸。

 

見事な流水文の銅鐸は徳島県吉野川沿岸出土と伝わる(弥生後期・需要美術品)

 

奈良県田原本町の唐古・鍵遺跡から出土した絵画土器(弥生中期)
解説には「農耕のまつりを司る人物を表現したものとみられる」とあった。小さなかけらだが、何かを訴えかけるような表情に見入ってしまった。約2000年前の線刻人物画。

 

古墳時代のコーナーは、地元天理市の布留遺跡の出土品で大変充実している。

こちらは祭場の供献土器など(古墳時代中期)

 

滑石で出来た大量の有孔円盤、勾玉、管玉や剣形製品。

 

流路からは木製品(琴や馬形、刀形・剣形・矢形など木製祭祀具)が多数出土した。手前は琴。

 

祈りがテーマであるので、巫女形の人物埴輪が2点出品されている。

ひとつは奈良県北葛城郡河合町貝吹で出土したもの(古墳時代中期)で、両腕も欠けているが杯を捧げる姿を表したものとみられている。

 

こちらは出土地不詳のもの(古墳時代中期)

腰に7つの鈴がつく鏡をつけているが、神事に際し鈴鏡を鳴らしながら舞を踊る巫女だったとみられる、とあった。

 

 公式サイトの解説はこちら。

 https://www.sankokan.jp/news_and_information/ex_tg/tg165.html

 

11月24日までで、毎週日曜が休館。おすすめです。