墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「石川直樹 この星の光の地図を写す」展 @東京オペラシティ アートギャラリー・初台

 写真家の石川直樹の作品は4年前、ワタリウム美術館でサハリンを撮った展示を見て興味を持った。

 

今回は写真家が、これまで訪ねてきた北極や南極、原生林や南洋諸島、知床や石垣島、富士山やK2など現代に残る"秘境”から、地球全体を俯瞰で捉えることを試みているように感じた。

 

主催者による挨拶文。

 

展示室は、ほとんどが撮影可。写真はすべてフィルム撮影。要所要所に本1頁程度の文章が添えられる。(入口ではA3二つ折りの解説資料をいただける)

 

展示室間はカーテンで仕切られていて、抜けると異なる世界が出現する。

 

K2の写真は特に美しい。

 

中央のテントの中ではK2アタック時の動画を鑑賞できる。

絶対に行けそうに無い“聖地探訪”を、臨場感とともに追体験した。

 

”探検”で使用した道具も、山小屋風に展示。内側壁は本棚になっていて沢山の蔵書が置かれていた。部屋のあちこちに置かれたメモが興味深かった。

 

愛用のテントは”デナリ” 自分も欲しくなった。

 

3月24日まで。お見逃しなく。

一般1200円(ぐるっとパスで入場できます)

https://www.operacity.jp/ag/exh217/

 

ギャラリーショップも大変充実。特別仕様の「写るんです」もありました。

 

購入したK2のクリアファイルと文庫本。

 

 少しずつ、読んでます。昔の(若い時の気分で)旅をしている気持ちになれます。

全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)

全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)

 

 

こちらは本展のカタログ。

この星の光の地図を写す <北極カバー>

この星の光の地図を写す <北極カバー>