墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

永井坂~雁木坂 東京都港区芝公園・麻布台

我善坊谷を訪ねた時、芝公園側から東京タワーの横を通ってアプローチした。 

タワーの立つ台地から西の降りる道に「永井坂」の標柱があった。

ながいざか
江戸時代から明治初期にかけて、この付近の地を芝永井町といったことからこの名がついた。

 

西へ降りる道。 

 

柱の反対側から見上げたタワー。

 

坂の途中には聖アンデレ教会。

 

坂下側の標柱から。距離100m以下で、長くはない坂だった。

 

降りたところは桜田通りの飯倉交差点。

 

その一画にはNOAビルが建つ。1974年竣工で設計は白井晟一。地上15階・地下2階のオフィスビル

右に上がるとロシア大使館なので、ものものしい。

 

交差点から北西への道。 

 

霊友会釈迦殿の正面を横切って進む

 

と、雁木坂。

 

春は花吹雪が舞う。

 

坂上を右(北)に向かうと三年坂。現在閉鎖中。