墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「 No Museum, No Life?  これからの美術館事典」展 @東京国立近代美術館 と 平川門

7/31の夕方、大手町から竹橋まで歩いた。

f:id:massneko:20150731170605j:plain

 

白木がまだきれいな平川橋。

f:id:massneko:20150731170614j:plain

 

振り返ると大手町のビル群。

f:id:massneko:20150731170638j:plain

 

その先に竹橋がある。

f:id:massneko:20150731170931j:plain

名前の由来は初めは竹で編んだ橋だったからであるらしい。竹橋

 

東京国立近代美術館にも寄ってみた。

f:id:massneko:20150731171202j:plain

 

 MOMATサマーフェス開催中。

ハンモックの無料体験コーナー。

f:id:massneko:20150731171222j:plain

 

フード&ドリンクの販売。冷えたアルコール類もあった。

f:id:massneko:20150731171238j:plain

 

 「 No Museum, No Life?  これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」

一部の撮影禁止の展示物以外は、フラッシュ・接写をしない条件で全て撮影OK。

f:id:massneko:20150731173301j:plain

 

国立西洋美術館所蔵のピラネージによる「ローマの遺跡 第1巻」1756年

f:id:massneko:20150731171618j:plain

国立美術館5館の合同展なので、東京国立近代美術館所蔵品以外にも、京都国立近代美術館国立西洋美術館国立国際美術館国立新美術館から作品が来ている。

 

国立国際美術館所蔵の孫原&彭禹(スン・ユエン&ポン・ユー)による「I am here」

ちょっとぎょっとした。

f:id:massneko:20150731171824j:plain

 

この美術展開催にあたっての展示構成を、模型で検討した様子がよくわかって面白かった。

f:id:massneko:20150731171901j:plain

 

展示は、AtoZの36のキーワードをもとに構成されていた。

Architecture【建築】、Archive【アーカイヴ】、Artist【アーティスト】、Art Museum【美術館】、Beholder【観者】、Catalogue【カタログ】、Collection【収集】、Conservation【保存修復】、Curation【キュレーション】、Discussion【議論】、Earthquake【地震】、Education【教育】、Event【イベント】、Exhibition【展示】、Frame【額/枠】、Guard【保護/警備】、Handling【取り扱い】、Hanging【吊ること】、Haptic【触覚的】、Internet【インターネット】、Journalism【ジャーナリズム】、Light【光/照明】、Money【お金】、Naked/Nude【裸体/ヌード】、Original【オリジナル】、Plinth【台座】、Provenance【来歴】、Record【記録】、Research【調査/研究】、Storage【収蔵庫】、Tear【裂け目】、Temperature【温度】、Wrap【梱包】、X-ray【エックス線】、You【あなた】、Zero【ゼロ】

 

Earthquakeの展示では阪神淡路大震災関東大震災関連の展示も。

十亀広太郎による「御茶之水ニコライ堂1924年

f:id:massneko:20150731172104j:plain

 

京都国立近代美術館蔵のデュシャン。左から自転車の車輪、帽子掛け、泉、瓶乾燥器。

f:id:massneko:20150731172647j:plain

 

国立西洋美術館梅原龍三郎から寄贈された「キュクラデス彫刻・ヴァイオリン型の女性偶像」紀元前2500~2000年頃、大理石

f:id:massneko:20150731172842j:plain

 

上記と同じ経緯、同時代・同素材の「キュクラデス彫刻・女性偶像」

f:id:massneko:20150731172851j:plain

 

 最後のZeroの展示。企画展が終わって運び出しの様子。自分が見そびれた片岡球子展のパネルも置かれていた。

f:id:massneko:20150731173048j:plain

 

2階の企画展、「事物ー1970年代の日本の写真と美術を考えるキーワード コレクションを中心とした小企画」も見た。

超芸術トマソン」がケースに入って展示されていた。これ実家にあったかも。

f:id:massneko:20150731173752j:plain

 

どちらの企画展も9/13まで。他にMOMATコレクション「特集 誰がためにたたかう?」も9/13まで見られる。

企画展を含めた入館料は大人1000円。

MOMATサマーフェスは8/2まで。8/2日曜は午前8時から開催。