墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

播磨国分寺跡 兵庫県姫路市御国野町国分寺

前回までの壇場山古墳からは播磨国分寺跡が近かったので立ち寄ってみた。

 

国道2号沿いのアウトレットのパン屋さんには遊園地のようなオブジェ。

 

その角の「国分寺」の交差点を南に入ると山門が。

 

現在の国分寺真言宗牛堂山)の本堂。

 

読めなくなりつつある史跡表示があった。

 

播磨国分寺跡は境内の南側に広がっていた。

回廊跡が示される。右がさきほどの本堂。

 

「ふるさと歴史の広場」案内図。

 

タイルの解説板。

国指定史跡 播磨国分寺跡
天平13年(741)、聖武天皇の詔により国ごとに国分寺、尼寺の設置が決められました。これは仏法の加護により国家の平安を祈念したもので、播磨国分寺もその一つです。
往時には、2町四方の寺域に七重塔、金堂、講堂などの壮大な伽藍が立ち並び、国の華として大国播磨にふさわしい堂々たる寺観を誇っていたと思われます。
今回、ふるさと歴史の広場事業として、遺構の復原や模型展示を行い、歴史公園として整備したものです。
平成5年3月31日 姫路市教育委員会

 

新幹線が通っています。

 

東側に塔の基壇。

 

基壇の上の礎石。

 

南東端から。

 

そこからは南西に、姫路市埋蔵文化財センターを目指した。JRの踏切では、金網ゲートを隔てて高架から下ってくる幅広の線路も渡った。

 

その先の住宅街。

 

山陽道の標柱も。

 

左右は皮革工場。

 

徒歩24分の距離だった。山の麓の姫路市埋蔵文化財センターまで、もう少しのところ。