墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

岩本塚古墳~久保田1号墳 長野県飯田市川路 古墳と桜の飯田紀行(3)

下辻古墳を擁する家の前から200mほど北へ歩くと、民家の入口脇に岩本塚古墳の墳丘が残っていた。

 

シダレ桜は開花前。表面の石は葺石か。

 

ぺんさんのサイトからの孫引きだが、岩本塚古墳は径12.6×18.4mの円墳で、埴輪があったようだが主体部などの詳細は不明とのこと。

 http://pennihonshi.blog.fc2.com/blog-entry-942.html

ぺんさんのサイトには、上記の奥50mほど先の斜面上に残る2基(今洞2号墳・3号墳)も紹介されているが、時間の都合で次の機会とした。

 

その先で小道を右に折れた斜面下に、前方後円の久保田1号古墳が残っていた(写真中央の土盛り)

 

西側に前方部を向ける。手前が前方部左下裾。

 

後円部側へ回っていくと説明板が。

久保田1号古墳と正清寺跡
正清寺(しょうせいじ)開基は定かではないが、元禄検地帳に社地記載が見られる。延享元年(1774)の下川路寺社改めには、竜丘開善寺の末寺とされ、一般にその隠居寺とされてきた。
本尊は聖観音で、薬師如来尊も祀られて往昔の縁日には賑いを見た。しかし、三六災害の水禍などから寺院も変貌し、本尊や石仏等は開善寺に移され、この地は正清寺跡となっている。
この地には、長野県最南端の前方後円墳があり、久保田1号古墳(正清寺古墳)と呼ばれている。平成9~11年度の発掘調査から、後円部を東側に向けており、墳丘が61m、周溝を含めると90m程の長さであったことがわかっている。
一帯には古墳時代中期を中心とする集落が5世紀末まで営まれており、古墳は造り替えがなされているが、6世紀前半には最終的な形ができていたと判断される。また、この古墳の周溝内からは、須恵器や土師器がまとまって出土しており、なんらかの祭祀的行為がなされたと考えられる。祭祀行為は6世紀後半以降に行われたと考えられる。
竜丘地区の御猿堂古墳とは久米川を挟み、指呼の内にあり、深い関連性が想定される。
平成21年3月 川路まちづくり委員会

 

飯田市美術博物館のサイトにも解説が。 

横穴式石室と考えられる埋葬施設は、元治元年(1864)の寺敷地造成により破壊されて残っていないそうだ。

https://www.iida-museum.org/kouko/lib/new_page_56.htm

 

後円部側から。手前側から削られている雰囲気。

 

墳丘に上がらせて頂いて、前方部方向。

 

振り向いての眺め。正面建物の奥がすぐ天竜川で、堤防の先までは300mほど。

 

前方部上に移動して、後円部方向を。

現在残る全長は45mほどなので、元は1.5倍くらいか。横穴式石室の入口は東(天竜川方向)だったのか南だったのか。

 

振り向いた西側は丘陵斜面に相対する。

 

久保田1号墳から北に250mほど、茂都計(もっけ)川に架かる四丁橋を渡る。

 

 

橋上から西の上流方向。

 

東方向。飯田線の鉄橋の先で天竜川へ直角に合流する。

 

今回の墳行では、飯田市美術博物館で購入した「飯田は古墳の博物館・古墳ガイドブック」(200円)がとても役に立った。

 

個別の古墳の説明も写真入りで詳しいが、最初の見開きの地図「飯田の地形と主要古墳分布図」がわかりやすい(飯田盆地を東側から俯瞰している)

520基超が確認されている飯田市の古墳のなかで、5世紀後半から6世紀にかけて造られた前方後円墳(帆立貝形を含む)22基が飯田古墳群と呼ばれ、そのうち13基が国史跡指定(2016年)
そのほとんどは南北10kmの天竜川流域低位段丘に立地し、天竜川支流で区画された5つ(川路・竜丘・松尾・上郷・座光寺)のグループに分けられるそうだ。

 

このエントリの久保田1号墳(マップの左端)までが川路グループで、次回からが竜丘グループになる。

日があるうちに中間の松尾グループまで歩く予定にして、先を急いだ。