墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

高根山古墳 静岡県浜松市浜北区尾野

前回のつづき。 

興覚寺後古墳から高根山古墳へは直線距離だと500mほどだが、ぐるりと回るルートなので徒歩26分と出ていた。

 

ひとつ東側の尾根の縁になるが、すぐ北を新東名が通り、その北はゴルフ場として開発されている。よく残ったが消失した古墳も数十になるようだ。

 

新東名にかかる橋をくぐる。橋の下には釣り人が数人。右の山に向かう荒れた階段道が近道のように見えて登りかけたが、鉄塔整備用のようだったので引き返した。

 

高速道を見下ろす位置まで上って左に見ながら進み、金刀比羅神社の手前を右に入って一旦坂を降り、高根山の周りをほぼ一周するように高根神社の参道を西へ歩く。

徒歩の所要時間に高低差は加味されているのか疑問に感じながら(実際は起終点を逆にすると時間が変わるのでされているようです)上っていくと高根山神社。 

 

まずは拝殿で参拝。

 

振り返ると素晴らしい眺めがあった。

 

神社の由緒。古墳についても一言だけ触れられていた。

式内 高根神社
祭神:保食神 祭日:初午の日
岩本神社 祭神 岩本大神(天狗)
蚕養神社 祭神 稚産霊神
高根神社は、一千有余年前から祭られ、始めは多賀神社といわれましたが、その後明治の初めまで観世音と併せ祭り、高根山観音と呼ばれていました。拝殿は足利時代の文亀2年(1502)の造営といわれ総欅造りで茅葺きでしたが昭和の末、銅板にしました。
背後の岩の上のお社は、向かって右が高根神社本殿、左が岩本神社で、高根神社の守護神とされていますが、その名の示すように、古の巨石信仰の名残りと思われます。
蚕養(蚕影)神社は、この下の表参道の脇に祭られており、養蚕の神とされています。
高根神社は、衣食住を授け、また之等の生産の神として、古くから崇敬されています。
なお、巨岩の左右には、大戦末期の塹壕の跡があり、山頂には古墳もあります。 

 

最初の数段は石段だがあとは鎖場の登りとなるルートがあった。 

 

少し登って振り返ったところ。

 

岩場を上がると高根神社本殿(右)と岩本神社(左)があった。帰路に参拝。 

 

山道を進むと前方に石組みが見えてきた。

 

自然林の中の石組みに神々しさを感じた。

 

昇寛さんや額田大玉さんのサイトでの写真を見ると、石室上の倒木はない。 

 

奥壁側から。石室に光が差し込む状態。

 

開口部は南を向いている。手をつくようにして入室。

 

中は意外に広かった。 入口付近から奥壁。

昇寛さんのサイトによれば、高根山古墳(高根山B5号墳)は6世紀前半の築造と推定される径15mの円墳で、全長3.5mの横穴式石室が露出しており、玄室は全長3m・幅2.1mの方形のプラン。額田大玉さんのサイトには玄室高は1.8mとあった。

http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/index.php/hamamatu_takane/

http://kofuntokaare.main.jp/4goufun/page820.html

 

さきほど外から見下ろした奥壁上部のすき間。

 

中から見上げる天井石は大きく感じる。

 

地震が来ないように祈りながら。

 

奥壁から入口方向。

 

同じ位置からフラッシュで。玄門は両袖式。側壁は上に行くに従ってすぼまっていく持ち送り式。

 

 

すき間から見た外の世界。

外へ出たら置いた荷物のあたりから小動物が飛び出していってとても驚いた。 石室に入る際には注意していたが、外はノーマークだった。

 

 

参道を東に戻ると金刀比羅神社があった。

 

江戸時代の建物がまとまって残っている。

 

そこから下る石段では手摺りがあって助かった。

 

下から見上げたところ。

つづく。