墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

天浜線・天竜二俣駅 転車台見学ツアー

前回のつづき。

西鹿島駅から天竜二俣駅に戻ったのが13時40分。 

転車台ツアーはその便に合わせるように13時50分スタート。

 

天浜線天竜二俣駅の転車台見学ツアーは1日1回(土日祝は2回)開催。大人で天浜線利用者は200円 (予約不要:ツアー以外での転車台見学は不可)

 

改札口からガイドさんに先導され、構内踏み切りを渡った先の小道を進む。

 

SL時代の名残りの貯水槽が残っている。

 

柵の鍵をあけて構内(運転区事務室・休憩所)を抜ける。 

 

窓から覗ける風呂場。

 

そして転車台の前に到着。

前後の向きがある蒸気機関車が活躍した時代、起点となる駅や車庫で転車台は必需品だった。

 

みなが見守る中、パフォーマンス開始。 

 

 ぴったり収まって回転開始! 

ちびっこに混じってiphone動画を撮っていたつもりが、なんと誤って静止画のシャッターを押していた・・・

 

ぐるりではないが、方向転換をして3番車庫へ。

 

転車台を回転させる運転台。転車台自身も円形のレールに乗っている。

 

予備の一台を遠く(確か九州?)からゆずり受けていた。

 

かつてはSLが納まっていた車庫に、一両ずつ気動車が入っている。

転車台も扇形の車庫も、さきほどの運転区事務室等も国登録有形文化財。 

 

しっかり収まったところで車庫の方へ。 

 

扉は木製。馬小屋のような雰囲気(車両が生きているように感じられるという意味で)

 

扇形車庫は、かつては6番庫まで繋がっていたそう。

 

正面から見た転車台。

 

となりの線路との間隔はぎりぎり。

 

グーグルアースで。転車台につながる線路は12線。

 

京都の梅小路機関区(京都鉄道博物館)の転車台には計20線 ある。

 

天竜二俣の扇形車庫にも「鉄道歴史館」が存在する(ツアーでの見学のみ) 

 

いざ室内へ。

 

国鉄二俣線時代のお宝などが展示されていた。

天竜浜名湖線天浜線)は昭和15年に全線開通した旧国鉄二俣線を引き継いでいる。掛川駅から天竜二俣駅を経て新所原駅までの67.7km、39駅を約2時間かけて結んでいる。掛川豊橋間で浜名湖の北岸を回るが、戦時中は東海道本線のバイパス線ともなっていた。

 

金属製の駅名表示板。

 

単線なのでタブレットがある。昔はタブレットと言えばこっちが「常識」だった?

 

SLの大きな模型。

 

Nゲージの転車台ジオラマも。

 

ガラス戸の向こうには現役車両。

 

硬券の保管箱。

 

SL時代の転車台の姿。

 

車両と親しむ子供たち。

 

昭和の香りを味わいながら駅へと戻った。

充実のツアーでした。