墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

寄席坂 東京都港区六本木

年末近いとある日、 六本木界隈に向かう途中、少し時間があったので未探訪であった寄席坂へ。

六本木交差点から大通りを溜池方向に下った右側に入口があった。

 

標柱は六本木通りの歩道に立っていた。

よせざか
坂の途中の北側に、明治から大正3年にかけて、福井亭という寄席があったために、寄席坂とよびならわすようになった。

 

上っていくと右へのカーブ。 

 

石段が良い味わいの角には工事の囲いが。 

 

そこから振り返った六本木通り側。

 

さらに上ると左に折れる。

 

そこから振り返って。

 

折れた先にはビルの窓明かり。 

 

坂の終点から振り返って。

名前とは対照的に、ひっそりとした坂だった。