読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

豊川稲荷東京別院 九郎九坂 東京都港区元赤坂

建築物、公園、街道、坂道 東京都の寺社、遺跡

前回のつづき。

工事中の虎屋赤坂本店と青山通り赤坂警察署前交差点を隔てて豊川稲荷東京別院)があった。

 

こちらに参拝するのは初めて。案内図左側の文化会館・茶店側から境内に入った。

公式サイトの境内案内もわかりやすい。豊川稲荷東京別院

 

何台か停められる駐車場がある。懐かしさが香る茶店が並んでいた。

 

その後ろには赤い鳥居。

 

こちらは霊狐塚。豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)と刻まれた大理石が建つ。

 

鳥居から奥の院。賑やかな赤白の幟は祈願成就の奉納だそう。

 

こちらが本殿。

豐川稲荷は圓福山という山号の曹洞宗のお寺だった。
お寺のサイトによれば、順徳天皇第三皇太子である寒巖禅師が感得されたという仏法守護の善神・豊川ダ枳尼眞天を祀るが、この豊川ダ枳尼眞天が稲穂を荷って白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」と称されたそう。

江戸時代に大岡越前守忠相公による信仰が厚く、赤坂一ツ木の大岡邸にあった豊川稲荷分霊を明治20年に現在地に移転遷座し、愛知県豊川閣の直轄の別院となったとのこと。

本殿は般若殿・祈祷殿とも呼ばれ、中に上がって祈ることができる。

 

巨大な青銅の狐が参拝者を見守る。

 

三神殿の前には狐が聖歌隊のように並び圧倒された。

 

外国人観光客も見かけたが、一心に拝んでいる方も幾人かおられ、厳粛な雰囲気があった。

 

 赤坂見附川にある山門。赤い提灯の常夜燈は夜8時まで燈されているそうだ。

 

山門から北側へは下り坂になっていた。

 

坂名は九郎九坂(くろぐざか)

江戸時代の一ツ木町名主秋元八郎左衛門の先祖、九郎九が住んでいて坂名になった。鉄砲練習場があって鉄砲坂ともいう。

 

九郎九坂を下るとすぐに赤坂御用地に沿った道に出た。門の向こうは御用地内。

 

こちらの御用地東門は守衛さんは奥にいただけだったので撮らせていただいた。

グーグルマップによればこの先200mくらいに園遊会が催される赤坂御苑の回遊式庭園がある。

つづく。