墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

銀座界隈の建設現場・2016年6月上旬 ビヤホールライオン

前回から半年近く経ったので確認に。

銀座界隈の建設現場 2016年1月上旬 - 墳丘からの眺め

 

銀座松坂屋跡の「銀座6丁目プロジェクト」も巨大な外形がわかるようになってきた。

銀座六丁目プロジェクト|森ビルのプロジェクト|森ビル株式会社 - MORI Building

 

中央通りの銀座6丁目交差点から。来年1月に竣工予定。

 

銀座ライオン7丁目ビルは相対的に小さくなった感じ。

 

中に入れば大空間(2016年3月時点)

 

昭和9年(1934)の創建当時の姿のままの、現存する日本最古のビアホール。 

 

柱の装飾はビール麦の穂をイメージしての矢尻形。

 

ビール麦を収穫するタイル画も見事。

 

このとき座った席の横にあったタイル画。ゴージャスな雰囲気も味わった。

 

銀座4丁目交差点、日産ギャラリーが入る建物も姿を現した。

今年(2016)の9月24日にオープンする。(地下のビアホールは8月3日から)

GINZA PLACE(銀座プレイス) ~明日の銀座を創るランドマーク~

 

設計は大成建設株式会社一級建築士事務所だが、外観デザインはクライン・ダイサム・アーキテクツ。透かし彫り(FRETWORK)がモチーフ。

http://www.sapporo-re.jp/news_release/pdf/20151214/20151214.pdf

壁面が曲面になっている(膨らみがある)ように錯覚した。 

 

銀座2丁目のカルチェのビルも完成間近。こちらも9月末オープン。

 

中央通りを8丁目から1丁目まで歩いたが、道行く人のほとんどが外国人観光客であるような印象。

 

外堀通りにはアジサイも。後ろは柳。

 

八重洲富士屋ホテルの跡地は、なんと駐車場になっていた。