墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

三条塚古墳 須恵国の古墳⑤ 千葉県富津市

三条塚古墳は「飯野陣屋跡」の中にあった。

下の地図は、三条塚を経て飯野神社を通りかつての大手口を通り抜け、濠を回り込んで「現在地」に達したときにあった案内板。

左上の細道の先が割見塚古墳にあたる。今は古墳の頭上から左上の道が外とつながっている。

f:id:massneko:20140329153521j:plain

上記は、あとから知ったので、この辺りかと思いながら進むと木立の盛り上がりがあり、周堤の道を東側へ回り込んでいくと、奥に入り口があった。

f:id:massneko:20140329151235j:plain

案内板が整備されているのは嬉しい。(あっても入れないのは寂しいが)

f:id:massneko:20140329151320j:plain

・三条塚古墳 前方後円墳 墳丘122m 周溝193m 6世紀末頃

内裏塚古墳群で2位の大きさ、6世紀末頃の前方後円墳としては東日本最大の規模だそうだ。

f:id:massneko:20140329151335j:plain

木立の中には別の案内板(昭和48年)も。幕末に飯野藩校・明新館が建てられて、古墳の東側がコの字型に削られている。

f:id:massneko:20140329151354j:plain

今は光が差し込むが、これからの季節は鬱蒼と暗いだろう。

f:id:massneko:20140329151408j:plain

後円部登り口に天井石の一つが露出している。B6版の本と較べると大きさがわかる。

この天井石から奥の部分は昭和48年時点では「未発掘」だったそうだ(1989年発掘調査)

f:id:massneko:20140329152025j:plain

墳丘上は一応歩けるようになっている。

f:id:massneko:20140329151443j:plain

後円部から前方部。

f:id:massneko:20140329151456j:plain

前方部から後円部。

f:id:massneko:20140329151545j:plain

前方部の端。

f:id:massneko:20140329151603j:plain

 古墳の西側と南側は、水をたたえた周溝があり、渡れない。f:id:massneko:20140329151629j:plain

入り口まで戻り、回り込んで進むと神社があった。

 

続く。