墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

美術印刷文唱堂倉庫~マーチエキュート(mAAch)~万世橋船着場 東京都千代田区神田佐久間町・神田須田町

秋葉原へ照明器具を見に行った時、いきなり素敵な煉瓦蔵に遭遇した。

 

秋葉原といっても昭和通りの東側で人の通りも少ない方。

 

 

文唱堂印刷株式会社のサイトには創業1927年(昭和2年)とあるだけで煉瓦建物については触れられていないが、いくつかのブログにはこの蔵も昭和2年築と記されている。

 

頑丈な扉が残る長辺は小口積み。

 

短辺の壁はイギリス積みと小口積みが混ざっていた。

 

今でも現役の倉庫として使われているようだ。

こちらの方のブログには内部の写真も掲載されていた。

文唱堂印刷レンガ倉庫 ( 東京都 ) - どら焼き親父写真館 - Yahoo!ブログ

 

そのすぐ北側には総武線の秋葉原・浅草橋間の連続アーチ。

 

大きなアーチの間に、細長いアーチ意匠が浮き上がる。

 

アーチ下はそれまであった建物が撤去された様子だった。

配管の継ぎ目の草が、人の手でアレンジされているように見えた。

 

道路が通るギリギリの地には新たな物件(?)も。

 

その後は中央通りを行き来して、マーチエキュートへ。

2階で「クラフトビール テイスティングスタンド by Tap Marché」というイベントが行われていて、13種のクラフトビール(1杯500円)が販売されていた(当イベントは5/21で終了)

 

奥の一画でくつろいでいた外国人観光客の団体が去ったところで。

三方をガラスで囲まれているが、天井は吹き抜けで(網はある)自然の風が通る気持ちの良い空間。電車を眺めながらおいしいビールを味わう至福のひとときだった。

 

このスペース自体が旧万世橋駅ホーム上にある。

 

中央線が頻繁に通過する。結構スピードが出ているので通常は目と目が合う事はない。

 

 

前回来た時は階段の鑑賞のみだった。

神田界隈の寺社とモダン建築・2 万世橋・マーチエキュート - 墳丘からの眺め

 

神田川にかかる万世橋の上から。やはりここで撮りたくなる。 

 

その背面の秋葉原の街も。

 

橋の北東側に「船着場」と書かれた板があった。 

 

回り込んで反対側から見たところ。左下に下りても水面までは1m以上の高さがあった。

 

対岸の謎の小部屋。

 

万世橋交差点から国道17号昌平橋方向。