読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

旧朝倉邸の南斜面・目切坂沿いの土地が東京音大に @東京都目黒区上目黒一丁目

今朝6/11の朝日新聞ニュース

 

昨秋、代官山の旧朝倉邸を訪ねた跡に下った目切坂の南斜面の土地。

記事によると8500㎡の面積でサッカー場7000㎡より広い。JR宿舎跡地で1995年に都と区が取得。当初は公営住宅となるはずだったが財政難で20年放置されていたものが公募売却となった。

 

公園化できれば素晴らしい場所だと思っていたが・・・

 

 

東京音大鬼子母神の近くに大きなホールがあった。

 

江戸の風情を残す目切坂と目黒川崖線の傾斜地、その上の大正期の和風邸宅(猿楽塚古墳もあります)を見学するのは今のうちがよいかも。