墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

渋谷駅桜丘地区再開発

9月上旬、渋谷駅・山手線内回りホームにて。

右端は外回りホームに停車している車両。

 

目の前では大規模再開発の真っ最中。

 

線路沿いの土地の長さは250mほど。

 

今、囲い壁を組んで壊しにかかっているのは旧ヤマハスタジオ。

 

そこへ続いている坂道がフェンスの連なりで現出している。

 

剥き出しの地下遺構は遺跡の雰囲気。

街区の造り直しは基礎の部分が大変そう。 

 

南口を出て、高速下の歩道橋の上から。

 

画面中央付近が先程の山手線ホーム。その右の埼京線ホームはもうすぐ北(左)へ大きくずれる。

 

上記とほぼ同じ視点の、2018年12月時点。 

 

コンクリを破壊する音が響き渡り、空気に砂塵が感じられた。(工事の方々は一生懸命水を撒いていましたが) 

 

歩道を降りて街区のゲート近くへ。

 

2019年2月時点の同じゲート。

 

さきほど駅のホームから見えた坂道へ。 

 

2018年12月時点。

 

坂に沿ったフェンスは2mほどあって向こうが全く見えない。

 

高いビルは顔を出す。右は昨年に竣工した「渋谷ストリーム:35階・180m」、左は今年11月1日開業の「渋谷スクランブルスクエア第1期棟:46階・230m」

 

坂の折り返しの旧ヤマハミュージックスクエア

 

そこから振り返って。

 

2019年2月時点。

 

今は東急東横店が良く見えるようになっていた。こちらも2020年3月末で閉店。

2027年に、渋谷スクランブルスクエアの第2期棟として建て替わる予定。

 

目の前の土地には地上39階建て、巨大な屏風のようなビルなどが2023年度に竣工予定。

 

移り変わりの速さに目が回りそう。

「コートールド美術館展 魅惑の印象派」 @東京都美術館・上野

言葉どおり、「印象派」の全貌が見渡せるような、「魅惑」の展覧会でした。

セザンヌだけで10点、マネ、モネ、ブーダンシスレーピサロ、スーラ、シニャックルノワールドガドーミエロートレックモディリアーニ、ボナール、ビュイヤール、スーティン、ゴッホ、ゴーガン、ロダン、ホイッスラー・・・

著名作家の、しかも各作家展で”目玉”になるような作品が多々。

ミュージアムショップでは、各作家の生没年を横線グラフに並べたTシャツも売っていました。

 

イギリスの実業家サミュエル・コートールド(1876~1947)のコレクションを受け継いだのがコートールド美術館(@ロンドン)

そこが改修工事となったことで実現した巡回展。次に日本で見られる機会は22世紀でしょう。

 

入口脇ポスターには、マネによる「フォリー・ベルジュールのバー」1882年、96㎝×130㎝

(ポスター前にあったスポットライトの影響で、画面の明かりが強調されています) 

 

撮影コーナーにあった複製は、ルノワール「桟敷席」1874年、80㎝×63.5㎝

 

思わずため息が漏れてしまう作品ばかりでした。お見逃しなく。

 

東京展は12月15日まで。2020年1月3日~3月15日まで愛知県美術館、3月28日~6月21日まで神戸市立博物館にも巡回予定。

https://courtauld.jp/