墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

荒久古墳(再訪) 千葉県千葉市中央区青葉町

この日の最後に訪ねたのは青葉の森公園内にある荒久古墳(再訪)と千葉県立中央博物館の企画展。

前回の大森台駅から1駅戻って千葉寺駅で下車して公園まで歩いた。

 

面積53.7haとTDLより広い公園は、大正6年設立の農林水産省畜産試験場の跡地。昭和62年から平成8年にかけてスポーツ・文化施設が整備されてきたが農場だった面影も残し、起伏に富んだ地形で池もある。

 

その一番標高の高いところに荒久古墳が残る。

 

横穴式石室を持つをもつ、一辺20mの方墳だった(現況は一辺9mほど)

千葉市指定史跡(指定昭和36年3月31日)
荒久(あらく)古墳
荒久古墳は、今日では旧地形を窺うことはできませんが、東京湾に開析された千葉寺谷の最奥部に造られた古墳です。
明治24年に発掘調査が行われましたが、出土した遺物の多くは散逸してしまい、詳細は明らかではありません。その後、昭和36年に改めて発掘調査が行われた結果、一体分の人骨、琥珀製棗玉3個、鉄製の馬具などが出土しました。
古墳は、現在では墳丘、地表などが削られているため、一辺約9mの規模でしか見ることができませんが、かつては一辺約20mの方墳であったことが発掘調査により知ることができました。埋蔵施設は凝灰質性砂岩が使用されている横穴式石室で、左右の側壁は切石が積み重ねられ、奥壁は大きな一枚岩の上に比較的小さな岩が積まれ、天井には6枚の巨岩が載せられています。石室は、入口である羨門と遺骸が納められた玄室、両者を区切る石門からなっています。玄室は奥行き2.07m、入口の幅1.2m、奥壁の幅1.4mの規模で、床には粘土が敷かれ、ここに遺骸を納めた木棺が安置されていたと考えられます。
荒久古墳は、大陸の墓制の影響を強く受けた最終末期(8世紀代)の古墳であり、本地域の歴史を知るうえでも貴重な古墳です。千葉県

 

柵の内側の墳丘。

 

「史跡 荒久古墳」と刻まれた石碑が立つ。

 

石室石材が見えていないかズームするが、わからなかった。

 

千葉市のサイトには開口部の写真が掲載されているが、現在は埋め戻されている。

https://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/bunkazai/arakukohun.html

 

木の根も錯綜する墳丘。

 

自然観察の対象として、墳丘の植生図も掲示されていた。

 

東側から見ると、イチョウが目立つ。

 

墳丘前から西側の眺め。奥は千葉港。

 

北側の広場方向。

 

広場から振り返った墳丘。その手前の斜面は人工物。

 

前回訪ねてから6年近く経っていた、

 

広場の花壇。

 

西洋庭園の横を通りすぎる。コスプレの方々がおられた。

 

博物館の手前で渡る橋を下から。

 

その背面には、旧東金街道(土気往還)が江戸時代の雰囲気のまま残っている。九十九里方面から干鰯やしめ粕等を江戸に陸送する重要路だったそうだ。

 

庚塚古墳群(石神2号墳ほか)・仁戸名市民の森 千葉県千葉市中央区仁戸名町

前回のつづき。

みつわ台駅から再びモノレールで千葉駅へ出て京成千原線に乗り換え、大森台駅へ向かった。目指すは庚塚(かのえづか)古墳群。

 

格納庫のような形の大森台駅を出たところ。 

 

グーグルマップに従っていくと住宅街の端へ。

 

斜面を下っていく。気持ちよさそうな枝道を右手に見ながら。

 

進んだ先の左手にはパークゴルフ場があった。

 

そこから先は「仁戸名市民の森」

 

散策路脇の草花。

 

階段のついた登り坂。

 

けもの道のような細道も。

 

パノラマで。青葉でなかなか墳丘が見通せない。

 

説明板を発見。その後ろに墳丘があった。

 

説明板によると、「道をはさんで10数基の円墳」から成るとのこと。

庚塚(かのえづか)古墳群
所在地:中央区仁戸名町639-1他
「仁戸名市民の森」の中には、道をはさんで10数基の円墳から成る古墳群が見つかっています。
古墳は地域を代表する支配者が、その権力を象徴するために築いた壮大な墳丘をもつお墓でした。しかし、次代が経つにつれ地方の豪族達も中・小の古墳を築くようになりました。
庚塚古墳群は、発掘調査が行われていませんので規模や築造時期などについて詳しいことはわかっていませんが、おそらく古墳時代も終わりの頃(6~7世紀代)、地元の豪族が本人やその家族のために次々と築いた古墳群と思われます。一般的な例では、墳丘の中央部に遺体を埋葬するための主体部が設けられ、遺体の周辺には武器などの副葬品が納められます。また、墳丘の周囲には、墓域と俗地を画するための周溝と呼ぶ溝が巡っています。
平成5年3月 千葉市教育委員会

 

詳細な参考図は「石神2号墳」

 

説明板の背後にある高さ2~3mの墳丘が、2号墳か。

 

別の角度から見ると、竹の柵も残っていた。

 

そのさらに南側にも同じような大きさの円墳があった。 

 

反対側に回ると古墳全般の解説板が。

古墳について
古墳は、日本が畿内地方を中心一つの国としてのまとまりをもち、また朝鮮半島との交流も盛んになりはじめた頃、各地の支配者が自らの権威を誇示するため、その領民を動員して築いた壮大な墳丘をもつお墓です。当初の個人墓から、時代が経つにつれ家族墓的な色彩が濃くなるとともに、地方の豪族経ちも各々の力に見合った様々な規模の古墳を築くようになりました。
この古墳築造の風習に特徴づけられる3世紀から7世紀にかけての時代を「古墳時代」と呼びます。
古墳の数は、全国に約20万基が存在するといわれ、県内では現在8500基以上が確認されています。その種類は、平面の形から台形と円形とつなげたような前方後円墳、台形と方形をつなげたような前方後方墳、円形をした円墳、方形をした方墳などが知られています。
ここ庚塚古墳群は円墳群です。
平成5年3月 千葉市教育委員会

 

上記の古墳の西側にもう1基(パノラマの左側)

両古墳の間に、この土地(計14ha、緑地保全地区は8.2ha)を寄付した故 石橋三知子氏の歌碑と解説があった。

 

道路を隔てた反対側(右手・東側)へも行ってみる。

 

斜面を下る道がある。

 

緑が鮮やか。

 

降りた谷を北に向かう、ワイルドな小道を進む。

 

最後は行き止まった。

 

手作りの階段があったがここは遠慮した。

 

少し戻って斜面上に上がる。林に埋もれた杉並木は防風林の名残り?

 

周囲に目を凝らすと墳丘らしき高まりも。

 

もう一度、道路を横断。南方向。

 

4基しか見つけていないので、西側エリアをもう一度探す。小道が弧を描くここも墳丘?

 

南側にも分け入っていったが…

 

墳丘かどうかは分からなかった。

 

そこから見下ろす西側斜面。古墳群は西と東を谷戸に挟まれた台地上に所在する。

 

天井は緑。

 

西側の谷戸へ戻る。この背面がパークゴルフ場。

 

谷戸沿いの道を南へ。右の台地上は住宅街。

 

住宅街への階段。

 

小道沿いで見た藤の花。

 

京成千原線の高架が見えてきた。

 

振り返った風景。

 

線路に沿って大森台駅へ坂を上がる。途中で振り返って。

 

千葉方面行きに僅差で間に合わなかった。

 

しばらく無人空間を味わった。

 

前出の「古墳について」の解説にあった、”古墳の種類”を示す実測図のアップ。石神2号墳以外は別の町にある。

 

 内裏塚古墳のある場所は富津市だったはずだが…

 

印旛郡栄町の岩屋古墳は奈良県橿原市の枡山古墳に次いで2番目に大きい方墳。

 

道祖神裏古墳は希少な前方後方墳

 

ちなみに京成千原線の終点・ちはら台駅からは草刈古墳群を見学できる。

6年前、古墳歩きを始めた頃、そしてブログは公開前の頃(当初は家族アルバム代わりにしていた)で、“最近のこと”であるのに懐かしい。