墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

ジャコメッティ展 @国立新美術館(開館10周年記念展)

先月になってしまったが、国立新美術館で開催中のジャコメッティ展へ、始まった直後に行った。 

 

アルベルト・ジャコメッティ(1901~1966)はスイス(のイタリア語圏)に生まれ、フランスで活躍した彫刻家。若い時期は同時代のキュビスムシュルレアリスムの影響を受けつつも30代半ばからは人体を縦に細長く引き伸ばしたような独自のスタイルを採るようになる。

132点の展示品には彫刻だけでなく油彩や版画もあり、独特な素描も素晴らしかった。

ジャコメッティは素描の際、モデルに長時間同じ姿勢をとらせたとあったが、作品を見ていると対象を強く見つめ過ぎて視線の先しか見えなくなるような気分を味わえた。

 

細長い人物像は、当初は作るたびにサイズが小さくなっている。モデルとの距離も含めて目にに見えているとおり忠実に表そうとすると数センチになってしまうとのことだった。高さ数センチの作品も展示されている。

 

公式サイトにあるが、素描でも彫刻でも、本質に迫ろうとする葛藤が作品に直に表れているところが多くの人をひきつける魅力になっているように思えた。

http://www.nact.jp/exhibition_special/2017/giacometti2017/

 

終盤では撮影可の展示室もあった。

 

 

チェース・マンハッタン銀行からの依頼を受けて晩年に挑んだ大型作品が3点揃って展示されている。いずれも1960年の作。

「大きな男」はジャコメッティの弟のディエゴがモデル。

 

「女性立像Ⅱ」と「歩く男Ⅰ」

ニューヨークの広場のために制作されたものだが、そのプロジェクト自体は実現しなかったそう。

 

本展で最も背の高い作品で276cmある。

この一つ前の部屋では「ヴェネツィアの女」シリーズが展示されている。そちらの女性立像は120cmほどだが、9体が並ぶ姿は荘厳で菩薩群像のようだった。

 

「歩く人Ⅰ」は高さ183cm。数少ない、動きのあるポーズ。

 

 背面から。

 

彫刻には、木彫や石像のように削っていく引き算のものと、塑像やブロンズのように芯に粘土などを加えていく足し算のものとがある。

ジャコメッティの彫刻は、前者の削ぎ落としていって本質に迫るという作品でありながら、製作過程は後者の肉付け方式で、しかもその跡を生々しく残しているというところが非常に興味深く思われた。

 

犬や猫をモデルにしたキュートな作品もある。

9月4日まで、火曜日休館。一般1600円。

「奈良美智がつくる茂田井武展 夢の旅人」@ちひろ美術館・東京 東京都練馬区下石神井

公益財団法人いわさきちひろ記念事業団が運営する「ちひろ美術館」は、西武新宿線上井草駅から徒歩8分ほどの閑静な住宅街にある。

 

1977年に開館した建物の設計は海の博物館(鳥羽市)や牧野富太郎記念館(高知市)を手掛けた内藤廣(1950~)

複数の展示室が廊下でつながっており、図書館や子供の遊ぶ部屋もある。

 

8月20日まで、奈良美智のキュレーションによる茂田井武(もたいたけし:1908~1956)の回顧展と、高畑勲の演出による「ようこそ!ちひろの絵のなかへ」展が開催されている。

https://chihiro.jp/tokyo/exhibitions/40/

https://chihiro.jp/tokyo/exhibitions/40_150101/

 

 心に残る絵が多かったので、図録(1100円)を購入した。

 

茂田井武は1930年、22歳のときにシベリア鉄道でパリへ。働きならが独学で絵を学び3年後に帰国、1941年から絵本を手掛けた。

「セロ引きのゴーシュ」の挿絵は誰でも目にしたことがあるのではないか。

 

特に、子供時代の体験を描いた作品に惹かれた。

図録は通販でも購入できる。

https://chihiro.jp/tokyo/blog/289170/

 

 「ようこそ!ちひろの絵の中へ」展の方は、室内でも撮影可のエリアがあった。

 

原画は画用紙大ほどの海辺の絵が、大伸ばしになっていたり。

 

明るいカフェや充実したショップもある。多くの方で賑っていた。 

 

入場料は一般800円で、すべての展示が見られる。 ぐるっとパスで「入場」できる。おすすめです。

 

帰り道、上井草駅のすぐ手前。 

 

駅前なのに大きな屋敷があった。お宅への入口。

 

その向かいは、このような商店街。

 

駅前南口にはガンダム銅像。制作したサンライズ本社があるそうだ。

 

ホームには長いベンチ。上りホームと下りホームは改札を出て踏切を渡らないと行き来できない。