墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

中山10号古墳 小山下古墳 中山21号古墳 中山文庫 小丸山古墳 長野県松本市中山

前回のつづき。

松本市立考古博物館を見学した後、 周囲の古墳をいくつか回った。

昇寛さんの「埼群古墳館」の地図を頼りにしつつ、博物館でいただいた「中山史跡めぐりマップ」を参考に。

 

・中山10号古墳

博物館の前の道を南に600mほど行った右手の畑の中にある。ぽこりの盛土が目立ってわかりやすかった。

 

が、目の前にあってもなかなか近づけなかった。

ここからの墳丘の姿もきれいだが、膝丈以上の草で道は歩行困難。

 

回りこんで南西側に道があった。

 

左右に青々とした田んぼを見ながら進む。

 

墳丘のすぐ手前から。中山10号墳の大きさは、直径17.0m、高さ2.0m。

坪ノ内古墳群に属し、築造年代は古墳時代後期(6~7世紀)で、馬具が出土していることから埴原牧(はいばらのまき)につながる牧がこの頃すでにあったと考えられるとのこと(中山史跡めぐりマップより)

 

幅の狭い鳥居があった。

 

墳丘の祠に参拝。

 

前出のマップには「石室の石も残っています」とあった。祠の台座がそれのよう。 

 

鳥居越しの眺め。

 

西側は遠くまで見通せた。

 

もと来た道を戻る。

 

左手、東側。墳丘が傾斜地に築かれていることがわかる。

 

中山10号古墳の位置は、考古博物館でいただいた中山史跡めぐりマップ⑤に載っている。

A4版、手書きの絵地図は分かりやすく温もりもある。

裏面には古墳DATAも掲載。

1~9号古墳もあったが、とてもすべては回れそうに無かったので次の機会とした。

 

「埴原」を渡って東側の山裾へ移動。

 

小山下古墳(中山19号古墳)は県道63号線から150mほど細道を上がった道端にあった。

 

坂上側から。説明板はないので、通りすがりでは全く古墳とわからないだろう。

 

一面草で覆われていたが、眺めの良い場所にあった。

 

西側には中山霊園がある丘陵がよく見えた。

 

小山下古墳の先を左折して、市立中山小学校の北隣に中山21号古墳があった。

 

道路脇の少し盛り上がったところ。

 

祠が安置されている。

 

史跡マップの解説には「古墳の上に祠(おしめ様)がまつってあります」と書かれていた。

 

側面から。大きさは直径12.0m、高さ1.5m(史跡めぐりマップより)

 

鳥居があるが参道は草むらの中だった。

 

ズームで。遠くから参拝。

 

台座の石は石室石材のように見えた。

 

小山下古墳、中山21号古墳は「中山史跡めぐりマップ②」に掲載がある。

裏面の解説。 

 

中山21号古墳のすぐ西には「中山文庫」があった。

当地出身の科学教育家・折井英治氏の蔵書が寄贈され、松本市の中山文庫として引き継がれている。

蔵書数15万冊。

https://ja.wikipedia.org/wiki/折井英治

 

その建物の横に古いタイプのバスが展示されていた。

 

形も塗装も可愛らしい。

 

後ろにはデッキもある。

 

解説板があった。もとは日本経済新聞社の宣伝カーだったとのこと。

中山文庫バス(昭和33年、日野ヂーゼル工業製)
松本市中山文庫の敷地内にある大型バスは、日本経済新聞社が自社の宣伝カーとして製作したバスで、昭和38年中山文庫の活動に協力して折井英治先生に贈ったものです。折井先生は、バスを子供たちの遊びの場、学びの場として開放してきましたが、平成12年7月、松本市中山文庫建設に伴い、蔵書とともに市に寄贈されました。

 

また、建物の隣には戦時中このあたりに軍事工場が築かれたことが記されていた。

戦争遺跡 中山地区の軍事工場
三菱重工業株式会社(名古屋)の名古屋航空機製作所の疎開として、昭和20年(1945)2月、松本市街地の既存工場や学校への工場疎開が計画された。軍事工場の疎開は、国(軍)の方針にそったもので、陸軍の「航空本部が建設工事を管轄した。
戦況が危うくなり空襲の危険から逃れるために、4月に中山、山辺一帯の山間地帯に再疎開させることとなり、あらたに地下・半地下工場の建設がはじめられた。
中山地区では半地下工場の建設がおこなわれた。半地下の建設に、陸軍、三菱重工業株式会社、株式会社熊谷組、技術系の大学・専門学校等の学生、勤労動員による松本市周辺や県内外の人びと、中国人、朝鮮人、中山国民学校生徒などが動員された。工場労働にたずさわっていた労働者は、中山地区内の民家や「飯場」に宿泊していた。中山地区の人びとは常会を単位に、女性もふくめてこの工場建設の労働にたずさわった。
半地下工場の小規模なものは8m×20mの大きさで、大規模な工場は20m×30mの規模である。小規模のものが半地下工場であり、大規模なものは、飛行機の格納庫である。
工事の終了は20年8月15日で、ほとんど完成しない段階で終戦を迎えたため、当初の目的である航空機の部品製造の操業にはいたらなかった。
松本市は、これらの軍事工場建設を調査して、平成4年(1992)3月に「松本市における戦時下軍事工場の外国人労働実態調査報告書」としてまとめた。さらに、平成23年、24年に、山辺地区と笹賀地区に「戦争遺跡記念碑」を建立してきた。
戦争の悲劇を二度と繰り返さず、世界の平和と友好を確かなものとするため、これらの戦争遺跡を語り伝えたい。

 

中山文庫の下の県道に出て北に100mほど進むと、左側に小丸山古墳があった。

 

右手は民家。

 

墳丘に上がらせていただく。

 

石柱の方には「古墳」と刻まれていた。木柱の方は判読できず。

 

上からみると石室材のようにみえた石。

 

西側は中山霊園のある丘陵。田んぼの先には小川が流れていた。

 

北側は民家の敷地。

 

墳丘から東方向。 

 

松本市立考古博物館でいただいた「中山史跡めぐりマップ」は5種類あった。既出のほかは下記の3種。気になる古墳群や山城があったが今回は見送った。

 

棺護山(かごやま)古墳群には直径30mの円墳もあり、ぜひ再訪したい。

 

埴原城(はいばらじょう)跡には空堀や郭がよく残る。

 

埴原牧(はいばらのまき)

当地埴原には大化改新前から牧場があり、律令制度では直轄の牧に、その後も官牧や御牧(勅旨牧)となっていったそう。考古博物館に隣り合う牧監庁跡(推定)は平安期に今の長野県に16あった牧場を統括する役所があったと考えられているそうだ。

松本の歴史は奥が深いです。

松本市立考古博物館 長野県松本市中山

前回のつづき。

松本市立考古博物館は中山霊園を出てすぐのところにある。 

 

入場料は一般200円。

 3月~11月は月曜休館だが、12月~2月は土・日・祝日以外が休館となる(年末年始は休館)

公式サイトの利用案内にJR松本駅前バスターミナルから中山線「中山霊園口」 下車徒歩3分とあったので、当初はバスで行こうと思ったが、一日2便で木曜(この日)は運休のようだったのでレンタカーを借りた次第。

 

弓矢体験中の小学生。 

 

絵だがリアルな的だった。

 

 縄文中期の炉のある家が復元されていた。

 

階段を上がった先が展示室。

 

”考古"博物館だけあって、縄文、弥生、古墳時代の展示が非常に充実していた。

https://www.city.matsumoto.nagano.jp/sisetu/marugotohaku/koko/kokohaku_zyousetu_tenji.html

 

丸窓を覗き込むような土偶の展示。

 

縄文中期中頃の生妻遺跡出土の土偶

 

その裏側は石棒の展示だった。 

 

サイズはさまざま。

 

縄文中期の小出遺跡出土のものは数センチの大きさ。ジャコメッティ展で見た、小さな立像を思い起こした。

 

ずらりと並んだ縄文土器。

 

個性的な模様が施された縄文中期(5千~4千年前)の土器たち。

 

躍動する線。縁の膨らみがすばらしい。

 

見事な模様は専門の職人がつくったように感じられる。

 

「釣手土器」はランプとして使われたと推測されるそう。

 

縄文中期~後期のエリ穴遺跡のジオラマ

 

エリ穴遺跡から出土した縄文晩期(3千年前)の人面付土版は16cmほどの大きさ。

表面に女性の顔や乳房、手足などが表現されている。

公式サイトによれば、土版は関東地方を中心に晩期の東日本で盛んに作られ「お守り」として用いられていたと考えられているが、この土版は二つに割られて出土したことから護符以外の用途の可能性もあるとのこと。

https://www.city.matsumoto.nagano.jp/sisetu/marugotohaku/koko/kokohaku_data_room.html

 

出土状況のジオラマ(白い点は光源の反射)

 

ほかにも豊かな表情や体つきをした多数の土偶が展示されていた。大量の耳環もあった。

 

こちらは弥生土器。

 

もちろん(?)、古墳時代の展示も大変充実。 

 

 南方(みなみがた)古墳出土の見事な勾玉。

平成元年の工事で発見された古墳で、7世紀頃に造られて8世紀まで数回の追葬があり、700点以上の副葬品が発掘されている。 

http://takara.city.matsumoto.nagano.jp/city/111.html

 

玉類の展示は宝飾品売り場のショーケースのようだった。

 

そこには輝き続ける金環も。

 

南方古墳からは、壺鐙(左)や杏葉・雲珠(右)などの馬具類も副葬されていた。

 

 

こちらは、蟻ヶ崎の放光寺開き松古墳出土の眉庇付冑。5世紀後半のもの。

 

 平田里(ぴったり)古墳からの埴輪や須恵器。

 

桜ヶ丘古墳(5世紀後半頃)からは天冠(とそのレプリカ)や大刀、玉類、鎧破片などが出土した。

古墳の第一発見者は中学生で、アリの研究中に偶然石室を掘り当てたのだそう。

 

宝冠のレプリカ。

鉢巻状の帯に飾りをつけた「天冠」は近畿地方を中心に全国で約60例見つかっているが、長野県では桜ヶ丘古墳からのみ。
朝鮮半島南部の伽耶地域との関係がうかがわれるが、一般にヤマト政権から地方豪族に与えられたと言われているそう。

 

見事な衝角付冑。 三角板革綴衝角付冑といって三角形の鉄板を革ひもで結び合わせてあるが、このタイプの冑は長野県ではこの例しか見つかっていないとのこと。

冑は世田谷の野毛大塚古墳出土のものと似ている印象を受けた。

 

桜ヶ丘古墳出土の短甲。長方板革綴短甲といって横長の鉄板が革ひもで綴じられている。短甲と衝角付冑がセットで出る例は長野県内では非常に少なく、松本ではやはりこの例のみとなるそう。

 

復元された甲と鎧を着用できるようになっていた。

 

古墳時代から中世にかけての向原遺跡の出土物。

 

そしてこちらは弘法山古墳のコーナー。3世紀末はやはり古い。

 

大量のガラス小玉をつないだネックレス。

 

半三角縁四獣文鏡には「上方作竟自有□青□左白乕居右」の文字が刻まれている。上方(中国の官営工房)で作られて日本にもたらされたことがわかるそう。

 

鉄刀や鉄鏃も出土している。

 

小型の高坏も。

 

手焙型土器や壺の展示。

 

そこには、弘法山古墳の墳丘から見える山並みのパネルもあった。

まっ白な三角は常念岳。やはり冬に行ってこの眺めを見たい。

 

古墳時代の初め、ヤマト政権は地方豪族と手を結んで国造りを進めたが、長野県では前方後円墳の多く残る善光寺平が支配の中心だったと考えられるそう。

(当ブログのプロフィール写真は、その善光寺平を見下ろす位置にある森将軍塚古墳)

弘法山古墳は、それよりも前に、東海地方の勢力が松本や天竜川の流域と関係を結んでいたことを示しているとのこと。

長野県の前方後円墳は右上の善光寺平と左下の伊那谷に集中する。

 

当館の展示は、実物やレプリカに触れたり、模様や穴をつけたりできる体験ものが充実していた。

縄文土器のかけらや黒曜石に触れるコーナー。

 

石皿で木の実をすりつぶしたり、粘土に縄文をつけるコーナー。

 

石に穴を穿つコーナー。 

 

耳環を持ってみるコーナー。実際に耳につけるとかなり重そう。

そして始めの方の写真のように、外では弓矢を放ったりもできる。 子供も楽しめる工夫がよくされている展示だった。

  

外にあった周辺の史跡マップ。このあと中山の古墳をさらに訪ねた。