墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

弘前市民会館 青森県弘前市下白銀町

前回の弘前市立博物館の南隣にある弘前市民会館も、前川國男の設計です。

竣工は昭和39年(1964)なので、博物館より12年早い。

 

ホール棟を東側から。 

f:id:massneko:20210429194527p:plain

コンクリート打放しの壁面ですが、型枠には青森県産のヒバ材が使われているそうです。

 

南側へ回ると、ホール棟から延びた渡り廊下の先に管理棟。

f:id:massneko:20210429194548p:plain

 

ホール棟を南側から。壁面の灰色に、扉の青や赤が映えていました。

f:id:massneko:20210429194615p:plain

 

渡り廊下とホール棟。残念ながらホール棟は閉まっていた。

f:id:massneko:20210429194642p:plain

 

そこから左を向くと管理棟。

f:id:massneko:20210429194701p:plain

 

グーグルアースで上空から。

 

管理棟を背にして渡り廊下を。天井は紺一色。

f:id:massneko:20210429194753p:plain

 

管理棟に入ると、吹き抜けホール。

f:id:massneko:20210429194823p:plain

 

ここも紺の天井で、星座のように配されたダウンライトが。

f:id:massneko:20210429194843p:plain

 

階段の板状手すりは、内側にやわらかく膨らむ曲面。

f:id:massneko:20210429194901p:plain

 

2階に上がって振り返るとカフェが。

f:id:massneko:20210429194949p:plain

 

カラフルな原色のベンチ。

f:id:massneko:20210429200555p:plain

 

階段脇のステンドグラスは弘前市出身の洋画家・佐野ぬいによる「青の時間」

f:id:massneko:20210429200619p:plain

ステンドグラス「青の時間」 - 弘前市民会館

 

一階には作り付けのL字形ソファ。

f:id:massneko:20210429200715p:plain

 

2階の一部にも、ちょっと休憩できる空間が。壁や天井の色使いが、やはり素敵でした。

f:id:massneko:20210429200654p:plain

 

さきほど見えた「喫茶室baton」に吸い寄せられて休憩。居心地のよい空間でしたが、先程見た渡り廊下の上側にテラス席もありました。

https://www.instagram.com/cafe_baton/

f:id:massneko:20210429200804p:plain

 

管理棟を南側から。

f:id:massneko:20210429201049p:plain

 

弘前市のサイトの「設計者のことば」で、前川國男の思いを知ることができます。

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/shiminkaikan/sekkeisya-no-kotoba.pdf