墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

築地界隈の建築巡り・9 東京都中央区築地7丁目

築地場外市場エリアを後にして、再び街中の看板建築を。

バス通りに並行する枝道の角に、美しい一棟があった。

f:id:massneko:20210202153132p:plain

壁面下部に犬矢来(竹矢来)がついて京都の風情。道のポールがそれを守る。

 

前の道が狭いので広角にしないと全容が収まらない。

f:id:massneko:20210202153221p:plain

 

別の日に。

f:id:massneko:20210202154642p:plain

 

2階の戸袋はよく見ると、両側で左右対称の意匠になっていた。

f:id:massneko:20210202154720p:plain

※追記:中央区のサイトで、亀屋という老舗のおでん屋さんだったことを知りました。

亀屋 中央区ホームページ

 

玉子焼き屋さんの側から。

f:id:massneko:20210210162527p:plain

 

こちらで製造されていますが販売もされていました。一つ650円。

とてもおいしくて量もたっぷりでした。

f:id:massneko:20210210210935p:plain

 

 

そこから30mほど北西には「中央食品水産部」が。

f:id:massneko:20210202154920p:plain

 

屋根裏部屋のある3階建てでした。

f:id:massneko:20210204223025p:plain

 

さらに、同じブロックの南東側は、ビルに挟まれるような木造2階屋。

f:id:massneko:20210210164135p:plain

 

屋根の棟のところに明かり取りがありました。

f:id:massneko:20210210164209p:plain

※追記:下記の中央区サイトで「前野畳店」だったと知りました。

前野畳店 中央区ホームページ