墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

津宮古墳群(後編) 千葉県香取市北

前回のつづき。

古墳のピンが立つ場所へ近寄れないかと、車の通れない細道を回り込むと、 グーグルマップには印のない土盛りが現われた。

f:id:massneko:20210105171352p:plain

後で千葉情報マップ(ふさの国文化財ナビゲーション)で調べると、このあたりにも円墳との印がありました。

 

祀られているのは三峰神社

 

道路側にも石段が。 

f:id:massneko:20210105171737p:plain

 

石段下から見上げた祠。

f:id:massneko:20210105171808p:plain

 

参拝して、祠を背後から。

f:id:massneko:20210105171414p:plain

 

上記から左手に、もうひとつの石段と鳥居。

f:id:massneko:20210105171659p:plain

 

その鳥居の前の小径は左(西)へ続いていました。

f:id:massneko:20210105171844p:plain

 

その先で、グーグルマップのピンの位置に到達。

f:id:massneko:20210105171916p:plain

 

立派な墳丘が墓地の脇に残っていました。

f:id:massneko:20210105171933p:plain

 

墳丘を南側から。

f:id:massneko:20210105171958p:plain

 

墓地のお堂。

f:id:massneko:20210105172018p:plain

 

すぐ南が線路で、線路脇の道を香取駅へ戻りました。

駅の運賃表は見慣れない形。西船橋市川塩浜との間が異様に長いです。

f:id:massneko:20210105171100p:plain