墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

宮塚古墳(広瀬古墳群) 埼玉県熊谷市広瀬

国指定史跡・宮古墳は秩父鉄道ひろせ野鳥の森駅から徒歩15分ほどの場所にある。

 

はじめに、宮塚古墳通りを北へ歩いて国道を渡り、まずは日吉山王宮のある広瀬4号墳へ。

f:id:massneko:20201010143327p:plain

 

墳丘を回り込むような参道。 

f:id:massneko:20201010143355p:plain

 

結構高さのある墳丘。 

f:id:massneko:20201010143418p:plain

 

墳頂の神社に参拝。

f:id:massneko:20201010143507p:plain

 

 墳頂から南方向。

f:id:massneko:20201010143539p:plain

 

北方向には新幹線の高架。

f:id:massneko:20201010143602p:plain

 

広瀬4号墳から宮塚古墳へ。

f:id:massneko:20201010143727p:plain

 

ぬかるみにはまらないように墳丘へ。ちなみに左端の木立が広瀬2号墳。 

f:id:massneko:20201010143803p:plain

 

農道は宮塚古墳に続いていた。 

f:id:massneko:20201010143843p:plain

 

国指定史跡の説明板。 

f:id:massneko:20201010143908p:plain

国指定史跡 宮塚古墳
(昭和31年5月15日 国指定)
宮塚古墳の墳形は、方台の上に円形の墳丘がのる形状で、上円下方墳と呼ばれ、ほぼ完全な形で保存されている。全国的に類例が少ない墳形で貴重なものである。
下方部は、東辺約17m・西辺約24m・高さ約2mである。上円部は中央からやや北寄りに築造されており、直径約10m・短径約8m・高さ約2.15mである。この上円部には、盛土が崩れないための補強、または装飾を兼ねた葺石が置かれている。
築造年代は、古墳時代終末期(7世紀末)と推定されている。なお、この古墳や山王塚やお供え塚と呼ばれていた。
平成28年3月1日(改定) 熊谷市教育委員会 

 

解説板の後ろ側の「下方部」に上がる。その上に「上円部」が。

f:id:massneko:20201010143947p:plain

 

下方部の平坦部分。上円部は中央ではなく、南側に寄っているように感じられた。

f:id:massneko:20201010144019p:plain

 

下方部から見あげた上円部。 小さな祠があった。

f:id:massneko:20201010144057p:plain

 

彼岸花が2本。 

f:id:massneko:20201010144129p:plain

 

下方部墳丘から南側の眺め。

f:id:massneko:20201010144209p:plain

 

上円部には葺石がかなり残っている。 

f:id:massneko:20201010144235p:plain

 

上円部から伸びている幹は複数本。 

f:id:massneko:20201010144302p:plain

 

上円部の斜面。

f:id:massneko:20201010144354p:plain

 

宮塚古墳のそばから見た広瀬2号墳。

f:id:massneko:20201010144528p:plain

 

ゴオッと音がしたら新幹線が通過。 

f:id:massneko:20201010144602p:plain

 

上越新幹線の、熊谷から高崎寄りに4㎞ほどの地点。

f:id:massneko:20201010144639p:plain

 

熊谷市のサイトには、桜満開の写真があった。

宮塚古墳(国指定史跡):熊谷市ホームページ

 

広瀬2号墳に寄れるところまで。

f:id:massneko:20201010144735p:plain

 

田んぼ越しに広瀬4号墳を。

f:id:massneko:20201010144817p:plain

 

南側からパノラマで。左に広瀬2号墳、中央に宮塚古墳、右が広瀬4号墳。 

f:id:massneko:20201010144840p:plain