墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

奥の山古墳(さきたま古墳群) 埼玉県行田市大字渡柳

こちらは前回の鉄砲山古墳の前方部先端。

f:id:massneko:20201010091238p:plain

 

上記の位置で後ろを向くと、奥の山古墳の後円部先端がある。

f:id:massneko:20201010091440p:plain

 

下記のマップの8番(鉄砲山古墳)と7番(奥の山古墳)との間に立っている。

日本語 - さきたま史跡の博物館(散策サイト)

 

奥の山古墳の東側側面に正対して。左が前方部、右が後円部。

f:id:massneko:20201010091546p:plain

 

前方部右裾から。

中央が奥の山古墳前方部、その右に後円部、さらに右端に鉄砲山古墳前方部が写っている。

f:id:massneko:20201003095030p:plain

 

奥の山古墳では現地説明板を撮れなかったが、博物館が2020年に発行したガイドブックによれば、1967年から2012年にかけて整備を目的とした調査がなされ、その結果、墳丘全長66.4fm・後円部径38.4m、墳丘西側造出し・方形二重周堀を有することが判明している。

墳丘造出しから円筒埴輪・形象埴輪・須恵器が出土。須恵器では関東では類例が少ない装飾付子持壺が出土。

奥の山古墳の築造順序は瓦塚古墳の後、将軍山古墳と鉄砲山古墳の前の、6世紀前半と考えられるそうだ。

 

ちなみに下記の「散策サイト」によれば、周堀の北西側の一部は、後から造られた鉄砲山古墳によって壊されているとのこと。

また地中レーダー探査の結果から、埋葬施設は「箱式石棺」である可能性が高いとも記されている。

 ⑦奥の山古墳 - さきたま史跡の博物館(散策サイト)