墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

大分空港からの空の旅

 大分墳行シリーズの最終回は、飛行機からの眺めです。

 大分空港からは愛媛県の山々が見えました。

f:id:massneko:20200816200432p:plain

 

離陸直後の西側。 

f:id:massneko:20200816200514p:plain

 

六郷満山が良く見えました。中心に向かって放射状に沢山の谷戸が入っています。

f:id:massneko:20200816200614p:plain

 

やや右の水平線上に姫島。日本列島に数カ所しかない黒曜石の採掘場所で、縄文時代から石材が流通していました。 

写真中央付近、陸側に2本ある黄緑の帯の上側に、旅の最初に訪ねた安国寺集落遺跡(弥生期)があります。

f:id:massneko:20200816200646p:plain

 

右奥に、うっすらと山口県側の沿岸が見えています。

f:id:massneko:20200816200751p:plain

 

上記で南にUターンして南に向かい、愛媛県佐多岬半島で東に方向転換。

f:id:massneko:20200816200820p:plain

 

太平洋から瀬戸内海への巨大な堤防のよう。先端から根元までは約40㎞。大分県との豊予海峡の幅(13㎞)の3倍!

f:id:massneko:20200816200848p:plain

 

二又に分かれた北(右)側先端には佐多岬灯台がありますが、その崖には戦時中に砲台が築かれているそうです。 

f:id:massneko:20200816200926p:plain

2020年8月3日のデジタル朝日より。 

https://www.asahi.com/articles/ASN812TMMN7LPQIP00K.html

 

こうして見ると、瀬戸内海は大きい!

上に見えているのは山口県柳井市や熊毛郡上関町の島々。

f:id:massneko:20200816200959p:plain

 

松山のあたりが見えてきました。

f:id:massneko:20200816201123p:plain

 

 このあたり、動画で撮りました。


2020年6月 愛媛県上空

 

丸亀市のあたり。

f:id:massneko:20200816201217p:plain

 

この先で地上は雲の下になってしまいました。

いつか大山古墳・仁徳天皇陵を空から見てみたいです!

f:id:massneko:20200816201315p:plain