墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

大原天神の森古墳群(1号墳・2号墳) 長崎県壱岐市郷ノ浦町大原触

真部路古墳見学後は、壱岐の観光パンフで知った「松永記念館」へ向かったが、 途中の道筋にある大原天神の森古墳に立ち寄った。

 

ピンを頼りに進むと大國魂神社に。

f:id:massneko:20200622081914p:plain

 

まず参拝して振り返ったところ。 

f:id:massneko:20200622075352p:plain

 

拝殿の後ろにも鳥居が。 

f:id:massneko:20200622075423p:plain

 

扁額には愛宕神社とあった。ここが墳丘の雰囲気。

f:id:massneko:20200605134106p:plain

 

斜面にある祠に参拝し、背面に廻る。 

f:id:massneko:20200622075529p:plain

 

背面側の様子。

f:id:massneko:20200622075711p:plain

 

こちら側からは上がれる感じではなかった。

f:id:massneko:20200622075732p:plain

 

グーグルマップのピンは、参道の左側の田んぼの中に打たれている。田んぼの右縁のラインが墳丘左側面となるのか?

f:id:massneko:20200622075814p:plain

 

一支国博物館のサイトの案内によれば、大原天神の森1号墳・2号墳はどちらも前方後円墳で、1号墳は全長27m、2号墳は24m。

小ぶりのサイズだが、壱岐島に12基しかない前方後円墳の内の2基になる。

http://www.iki-haku.jp/museumInet/ikf/poiGet.do?command=spot&id=1045

 

社殿北側の杉林にあったもうひとつの”墳丘”。

f:id:massneko:20200622075551p:plain

 

 後円部裾のカーブ?

f:id:massneko:20200622075619p:plain

 

墳頂に上がらせていただいて。

f:id:massneko:20200622075640p:plain

 

これが確かに墳丘であったのか、どちらが1号で2号なのか、結局わからずじまいになってしまった。